プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

老いの品格 <裏の裏に真理あり>

IMG_1025a.JPG ECBのトリシエ総裁がユーロの利率を上げようとしている。この時期に通貨利子率を上げようとしているのは何故か?欧州のインフレ率は急激に上がっている。フランスでは一リッターのガソリン値段は240円にも昇る。

 トリシエ総裁はインフレ抑制のためといっているが、どうか。

 前にも書いたが世界の原油はドル建てである。いくら原油がドル建てで上がってもその分買う値段が下がれば(その分のドルとの為替が有利になれば)どうということもない。すなわちユーロとドルの為替が問題なのである。

 現在までユーロはドルに対して一方的に上がってきた。60パーセント近く上がっている。原油が一バレル、130ドルでも実際は80ドルということである。

 ユーロはこれを50から60ドル近辺までの状態に戻したいのである。そうすればインフレの抑制のみならずユーロの信認が確固たるものとなり、EUの基盤を再度固めることができる。リスボン条約の問題も解決できるかもしれない。

 世界は今、原油暴落のヘッジの為に原油先物を売り、そのヘッジとして NYダウを売り、そのまたヘッジとして日本株を買っている。

 すべては欧州と米国のユダヤ資本が仕掛けている金融戦争である。

 日本は戦場にありながら、国民や政治家がことの情勢に無関心でいつも最後に あれ! ということになる。

6月 20, 2008   No Comments