プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

Posts from — 7月 2008

老いの品格 <もうじき大変なことが起らねばいいが。>

 本日新宿にでかけ外貨預金を資金移動しました。

 新宿はあつい夏です。行き交う人びともいつものように暑くうだる路上を歩いていました。

 ビルの19階にある米国系銀行もなにもないかのように店を開けていました。サービスがよさそうで実はなにもケアしてない無機質サービス、それが米国系銀行の本質のようです。

 折りしも米国地銀があいついで破綻、ファニーメイやフレディマック、インディマックが破綻。今週末にはメガバンクの損失額が公表予定。預金者が預金引き出しで長蛇の列と日経が報じています。

 邦銀も米国住宅証券を買っているようで東京三菱が3兆を超え、みずほが1兆6千億円を超える。日本全体で20兆円の米国住宅債権を買っているそうだ。

 確か10年も前の日本では日債銀や日本長期の破綻があったが預金は担保された。しかし米国は10万ドルの預金保障対象以外はきわめて冷淡に対応すると日経が報じている。

 どうもおかしくなってきている。もうじき大変なことにならねべいいがと切に心配している。

7月 16, 2008   No Comments

老いの品格 <米ドル独歩安のわけ>

image001.jpg ついに一ユーロ170円を超えた。ユーロ始まって以来のユーロ高となった。

 一方ドルは独歩安。10年前の日本、金融危機時、日銀はドルを売って円を買い支えた。いやそれくらい自国の通貨の価値が落ちることは身にこたえる筈。

 しかし米国の金融マフィアは一向にドル安に反応しない。むしろドル安を楽しんでいるように見える。それは何故か?

 ロックフェラーとロスチャイルドは欧州と米国の経済と金融を握っている。いずれもユダヤの民である。最近800人も900人も運べる大型機のエアバスもロッキードもグラマンも全部ユダヤのものである。銀行や証券、食品、資源、石油に至ってはユダヤの専売特許といっていい。

 なかに円高だとか言っているバカ評論家がいるが、ドルが勝手に下げているいるだけに気付いていない。

いいですか!

 いくらドルが下がろうが、米国資産家の金融資産はユーロにもう化けているのです。ドルに対するユーロが上がれば資産は一向に減りません。その上欧州の産業界は強いユーロで原油を買えるのです。ですから欧米ともグルなのです。

 日本や無資源国が高い原油や資源で巨額の富みをなくしています。結局日本やアジア諸国が貧乏くじをひくのです。このままいくと日本の個人資産1500兆円も風前の灯で貧乏大国日本が待っています。

 米国の衛星国家日本ですがそろそろ独立した国家観を前面にだしてゆかないと持ちません。米国に捨てられた衛星国家など北朝鮮以下です。
 

7月 13, 2008   No Comments

老いの品格  <G8宣言よりバーナンキの発言の重さ>

IMG_1108.JPG G8への参加首脳が並んで写真に収まっている。8カ国だが9人いるのは、欧州共同体委員会委員長が一人加わっているからだと後で判明した。

並んでカメラに手を振っているが、なにか投げやりに見える。それ以上に皆が小ものにみえる。ヤルタ会談のルーズベルト、スターリン、チャーチル、ドゴールまでとは言わないが、前回のサミットのプーチン、シラック、ブレア、ドイツは誰だっけ、まあいずれにしても今回のサミットよりは大物だ。

 新興国(中国、韓国、インド、メキシコ、ブラジル)の首脳のほうがまだ大物にみえる。
それは持っている権力と発言力の違いであろう。記念写真からこれだけ見えてくるのだから恐ろしい。

 それにしたら、ブッシュの横むいてうそぶくポスチャーからはなにか異様なものが感じられる。ブッシュの後ろには利権をもって世界を牛耳る本当の黒幕が陣取っている。原油の次は原子力だそうだ。世界は米国大統領へのアメリカ人の投票によって大半が決まってしまう。

 民主党か共和党かではない。人類の未来がかかっているのが大統領選挙である。だからアメリカ人だけが投票するのは間違いである。

 世界の富の大部分を占めている米国の趨勢は人類の未来を決めてしまう。

 G8の形式的宣言が採択されたが、株価は暴落。次の日にFRBのバーナンキ議長が米国投資銀行の救済を提案。株価は戻った。世界の首脳が集まって莫大な費用を使って儀礼を重ねて
もなんの効果ももたらさない。一人の議長の発言以下の力もない。それが現代の特徴である。

7月 10, 2008   No Comments

老いの品格 <おおいなる天の摂理>

ceramics 004.jpg 不意に目の前を鳥が舞った。
 カササギが尾長かよくわからない。
 形だけが眼背に残る。

 空中を鳥は飛ぶ。
 重力をものとせずにだ。

 その上水中の虫を、もぐって食する技術まで有する。
 勿論陸上はちょんちょんとスピードをあげて走るように進む。
 鳥に天は三ぶつを与えている。

 海のなかを見る。
 深海魚とやらは、何トンもの水圧をものともしない。
 エラ呼吸で水中の酸素を摂取する。

 しかるに人類は。
 霊長類は、天につばするように、
 自然を破壊しつづけている。

 自然に値段をつけ、値段ゆえに共食い状態。
 天はこの霊長類にどのような罰を用意しているのだろうか。

7月 3, 2008   No Comments