プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

生存か死か?

160px-Etoile-Jaune-IMG_0942.jpgIs this end of the beginning or beginning of the end?これが始めの終わりか、それとも終わりの始めなのか? ハムレットは生存か死かと独白した。永遠のテーマが今眼前にある。

 余りにも酷くて減った株の額に悲壮な絶望はひきつった笑いとなってくる。失った額はもう判然としない。

 敷衍すると年金世代はとんでもないものを失ったことになる、しかし戦後の昭和30年までに少年期を過ごしたものにはたいしたことはない。まだ食っていけるし、医療にもどうにかかかれる。今はチフスも赤痢で死ぬものもごく少ない。

 昭和39年の東証日経平均株価は1200円だった。いまから44年前。大卒の初任給が八千円から一万円だった。バブルの時代を除いて初任給の約十分の一が日経平均の相場だった。

 そして今日2008年10月27日ついに7100円台と相成った。巷の経済評論家や銀行、証券会社の経済だけの専門家と称する連中は日経平均6500円、円為替は80円を予想している。

 企業の純資産倍率が0.86となり会社としての存在基盤自体が問われてきた。やめて資産を山分けしたほうがいいという状況では日本の資本主義自体が危ぶまれる。

 歴史を紐解くとフランスの絶対王政もロシアの革命も第一次、第二次世界大戦も逼迫して絶望的経済下で民衆のたまり溜まった不満と悲鳴から始まっている。

 誰かを何かをスケープゴートにしなければこの絶望からの脱却はなくなることを教えている。現在世界の覇権を握っているアメリカが絶望から脱却する際に生贄にするものそれは誰か、何なのか?

 未曾有の円高となっている。新聞では資本が比較的傷の浅い円へ逃避しているからだとなまな評論しかしていない。要するに真実を掴まずに評論しているだけで全くわかっていないことに唖然とする。

 考えてみればわかるのにだ。私の周りだけでもほとんどの人が外貨建て投資信託を解約している、外貨預金も皆円に戻している。個人でさえそうなのだ。ましてや銀行、年金、金融機関、ヘッジファンドが運用ドル、ユーロを円に換える即ち現金化する波は尋常じゃない。日本の1800兆円が円の現金に換わっているのだから、円が85円になるのは至極当然な話なのだ。生活や企業の保守のためのたんす預金化が円高の主要因であることは明白なのだから。

 欧米がこの円高を狙ってくる。すでに三菱UFJが9000億、野村がリーマンと投資をはじめさせられている。気がつけば松下のユニバーサルやソニーのコロンビアのような換骨奪胎に嵌ることになるだろう。アメリカの欧州のババを日本がひく、ジャパン・アズ・スケープゴ
ートとならないとも限らない。

 絶対的な景気解決策は国民挙げての公共事業だ。それは戦争である。米国が敵国として怨嗟を抱いているイラン、イラク、北朝鮮につづくのはどこか。戦火の火種がすでに発生している地域グルジア、カンボジア、スーダン、パキスタン、インドそして極東アジアである。切羽つまる極東の国はどこか、中国か日本かそれとも韓国か。米国と欧州は切羽詰るアジアの国に標的を絞ってくる。過去の歴史がそれを教えている。

0 comments

コメンはありません。

下記のフォームへの入力が必要となります。

コメント欄