プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

<歴史に立ち会う> 幻想と現実のハザマにオバマ大統領

 一年前このサイトでオバマが大統領になることとサブプライム金融危機がいかに深刻かを言った。米国に黒人大統領が就任する。国家成立以来の歴史を考えればとんでもない歴史の一ページに生きているうちに立ち会えたことになる。折りしも米国が奴隷をアフリカからつれて来て200年がたつ。

 黒人大統領の誕生は、また米国内の低中所得層とカラードと呼ばれる層からの大いなる期待が込められている。とんでもない期待は歴史上、常にその後達成されなかった不満となって時代を逆行させてきた。革命の後の王政復古に見れば歴史はいつも進歩と反動のなかで揺れ動いてきたのだ。

 未曾有の経済危機を今年9月に表面化させたのは誰か。それが何故大統領戦後でなかったのか。ブッシュとゴールドマンサックスの番頭のポールでさえ止められなかった9月の危機の表面化はもうアメリカは変化しなければという民主党の津波に揉まれていた。

 が、あえてまたここに記す。

 オバマ大統領が指導するアメリカは確かに変化するだろう。弱体化するアメリカを救うにはブッシュがレバレッジをきかせてやった一国覇権主義から180度の政策転換即ち 欧州、アジアとの政治的、経済的連携を模索することを意味する。すなわち他国に依存する政策の推進である。そのとき欧州がアジアがアメリカに協力できる体力があるだろうか。

 世界経済危機を作ったのはアメリカであり、その責任を逃れ軟弱な話し合い国際協調を求めるとなると今は史上初の黒人大統領に対して涙をながして熱狂している黒人達の将来の失望と絶望につながらないとも限らない。絶望は期待を抱かせたものに対して狂気と凶器を産むからである。

 ブッシュを選んだのもアメリカ人であり、またオバマを誕生させたのもアメリカ人である。世界経済危機を生じさせたのもアメリカであり、アフガン、イラク戦争もアメリカによって惹き起こされた。希望も失望も絶望もアメリカとともにある。世界の片隅で暮らすものすべてにアメリカが影響を及ぼしている、そしてその米国で黒人が大統領となった。ユダヤでなく黒人がである。

 

 

11月 5, 2008   No Comments