プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

Posts from — 9月 2009

曲学阿世の輩の評論はもういい加減にすべし。

 昨今のマスコミと評論家たちのいい加減さ。
 最近の民主党政権に関する様々な論評に警告。
子供手当ての所得制限をいう輩、八ツ場ダムの住民が可愛そう論評、モラトリアムが云々かんぬん、財源が心配云々かんぬん。年金改革が民主党で出来るか云々かんぬん。もう愚かで心配神経症はやめることです。

 国民が圧倒的に民主党を選んだのです。党は政治路線を明確にしてあります。まずやらせることです。やるまえからこれが心配何が心配ではなにも出来ません。

 政権選択とはそれが平和的であれ暴力的であれ、政権をにぎるものが破れたものがじゃまなら消し去っても前進するのです。

 フランス革命では為政者はギロチンにかけられました。消し去らないともとの木阿弥になるからです。自由、平等、博愛は絶対王政を消し去って始めて実現したのです。

 だれでもできる心配は無用。やらせてできなければ変えればいいのです。

 大体高速料金を無料にするといっている政権に反対するなど革命を経験したフランスでは考えられません。

 国家がどうなろうと住民と個人の生活が重要なのです。それが市民社会(ブルジョアジー)の最低限の守るべき特質です。ブルジョアとは市民のことです。語源を紐解いてください。

 

9月 26, 2009   No Comments