プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

Posts from — 1月 2010

けんさつ主義国日本

 日本はいつから民主主義をやめてけんさつ主義になったのか?
中国を共産党独裁などと皮肉れない。
 共産党とはいえ政治政党である。一方検察は官僚である。いわば古代中国でいう宦官の類である。
宮廷にはびこって皇帝を動かしたのが宦官である。その際、去勢云々は問題じゃない。いわば政治を動かして
いたのが宦官というわけだ。
 日本の政治情勢の鍵を検察が握ってしまった。
悪を暴く以前に日本の政治情勢と経済情勢がこの検察の出方次第で大きく影響される。国民はどうすればいいのか。
検察を国民は選べない。選挙もない。検察は官僚だから国民が選べない。

 ノーメンクラツールという小説があった。東欧の官僚主義の害悪を語った。

 日本の過去には暗い事件(三鷹、松川、下山)が存在した。GHQが関わったとされている解釈もある。そのとき検察は
どうだったのか。語れない真実がまだ闇に隠れている。

皆さんのご意見を求む。

1月 22, 2010   2 Comments

関が原のたたかい(小沢VS検察官僚)

 誰も真実を語らない。ジャー言おう。小沢は検察庁長官を更迭したい。だが、そのためには、衆院と参院の過半数がなければできない。衆院は過半数を得た。だが参院が問題だ。しかしこの7月の参院でと小沢は考えていた。だが政治規正法の偽装表示の時効はこの3月31日だ。検察も必死。即ち3月31日まで立件できないと、自分達はお釈迦となる。だからいまやってるのです。!!!

 これはもう小沢と検察官僚の戦いです。いわば政治主導と官僚との最後の戦いなんです。

その意味を誰もいわないし、マスコミなど糞評論の積み重ね。

まったくしょうがないといわなくてはなりません。

1月 15, 2010   No Comments

ユーラシア大陸の先の運命的島国

日本国は島ですから周りは海に囲まれています。この島に北はロシアや樺太から北方民族が渡り、西から朝鮮半島、中国北東民族が渡り、南からミクロネシア、ポリネシア民族がこの島に渡ってきました。北方民族はやがて列島を占めて蝦夷民族となって一時期の勢力を形成した筈。蝦夷民族はやがて朝鮮から渡ってきて勢力を形成する大和民族に破れます。これがこの島国の普通にいう成り立ちです。
 
 一方伝説に「浦島太郎」があります。異郷伝説ですが、万葉集にすでにあるのですから相当古い。漁師が助けた亀に連れられて竜宮城に、乙姫様に渡された玉手箱のタブーを破って白髪の老人となってしまうもの。島国から連れられていった竜宮城は島国日本の外にあります。海を見るとほとんどの日本人が地平線を見る筈。海を覆う空より地平線を見てしまう。地平線の先になにがあるのかが気がかりなのです。

 陸地続きの国境をもち、いくらでもその先をうかがい知ることのできるユーラシア大陸は冒険と征服の戦場でした。アレクサンダー大王がダリウスと争い、ジンギスハンが中央アジアを駆けめぐり、そこには先が見えなくて気がかりなどという不透明さは存在しません。

 要するに島国の外は海なのです。ですから海のなかの竜宮城が外なのです。そこには見える敵はいません。陸地ならいるはずの異属の民はいないのです。だから鯛や平目の舞い扇なのです。ですが外の甘さや島国より違うものをみてしまったものは口を閉ざさなくてはなりません。島国の平穏を維持するには異郷の情勢は不安を醸成するだけですから。

 こうして島国日本が成立し民の意識が積み重なっていきました。この間秀吉の朝鮮出兵、があったものの外との関係は閉ざされてついに維新がおこり、日清、日露の戦争という歴史上まれな異常事態となったのです。この時代は島国日本の稀な時代でした。が奇跡的に勝利し、その後第一次、第二次という悲劇が島国を襲うこととなります。いわば乙姫さまの玉手箱をあけてしまったというわけです。

 そして現在、知ってか知らずか、運命の神は島国日本に大亀中国との関係を迫っています。また海を遠くはなれた米国という乙姫様が浦島太郎にささやいています。私との関係はどうするの。

 島国だけで満ち足りた時代にはもう戻れません。過去に向かっては歩けません。未来という明日が否応なく待ってます。困難な太郎の時代が始まりました

1月 13, 2010   No Comments

1974と1986よりだいぶ前

 物語の最後に老人がつぶやく。
<青年は荒野をめざす>ものだ。五木寛之
いけるところまで行ってみよう
<深夜特急>沢木耕太郎
前者が1974年。後者が1986年。出版された。
私が横浜を500ドルと片道切符で出航したのが1967年青年は荒野をめざすよりも七年も前だ。

 二年前自分で出版ブランド「団塊文庫」を作って「わが追憶のシルクロード」出版した。
そのときに思い出せなかった部分を追加してもう一度書き直して大陸横断の日本ブログ村ランキングに掲載している。
同じジャンルに32人が投稿している。若い世代がユーラシアを現在横断しているブログもある。

 時代が変わっても同じ志で世界をみてみようと挑戦している姿をみると頼もしい。面白い若者もいるのだと安心する。

にほんブログ村 旅行ブログ 大陸横断・大陸縦断へ
にほんブログ村
クリックしてみてください

1月 11, 2010   No Comments

堪忍袋

 日本を救う菅を応援せよ!
菅が財務大臣に就いた。その日に特会を含む210兆円の予算を見直すと約束。円は90円半ばが適切と名言。JALは法的整理。久しぶりに胸がすっきりした。

 一方優柔な鳩山は本日夕刊によれば為替に関しての菅の発言はよくないと発言したという。本日の株価の上がり方を見たのか。もしかしたら本当に鳩山は馬鹿なのかもしれない。

 マスコミは鳩山以上にIQゼロで為替に関して菅には疑問符などと無責任に言い放っている。
<パナシはだめってはなしです。>と公共広告機構までCM流してるでしょう!

 とみかく菅を応援しなきゃ未来はありません。

 小沢の資金は相当やばいのですから。

1月 8, 2010   2 Comments