プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

平清盛

 2012年NHK大河「平清盛」の視聴率が良くないという。松山ケンイチが演ずる清盛像は極めて新しい解釈であるからか、それとも時代的に清盛でもないだろうということか。
 仲代が演じた「平家物語」の清盛は高視聴率だったからタイトルの清盛が人気がないわけではないだろう。
 信長、秀吉、赤穂浪士、幕末、新撰組はいわゆる独参湯といわれるおはこで困ったときはこれをやれば間違いないといわれる。
 今回なぜ平家でなく清盛にしたのか。清盛は日本人にはアンチヒーローで、祇園精舎云々歴史的独裁者のイメージがつよい。
 天皇家と平家、源氏という武士社会を描くのならやはり「義経」でなくては対立にならないし、平氏は貴族社会に近い。
 王家だとか天皇家だとかの問題などどうでもよい。
 

5 comments

1 hiroya.k { 01.21.12 at 10:44 am }

むかし中学背生時代に「新平家物語」に魅せられ、その後数々の源平合戦本を乱読したが、どうしても日本人は判官ビイキで、義経を称賛する。彼以外は頼朝含めてみんな敵。ただ、最近角度を変えて、動乱末期に老獪に立ちまわった日本一の大天狗・後白河院側から見た古い文庫本を読んで、その時代の覇権争いの背景を~なるほどと納得できた。院の側近が真実を語り、流石にうまく作家がそれを表現している。
。タイトルは井上靖の「後白河院」(新潮文庫)今、一読に値するかも。

2 エイジ { 01.21.12 at 8:36 pm }

鎌倉以前にどれほどの歴史的リアリテイがあるものか?故に平家物語?は放置してきました。塩野七生のローマの書くローマ、、には3000年前のリアリテイが人気なんでしょう?
司馬遼太郎の作った歴史観に多大な影響を受けたことが果たしてどうであったのか???

3 dankaita { 01.23.12 at 11:15 am }

エイジさんへ
司馬遼などは全く歴史に影響もなにも与えていません。文章もずたずたでへたですから、あまり読まないほうがいいでしょう。七生のローマも辻邦夫ほどではありません。またローマは2000年前の話ではないですか?

4 エイジ { 01.23.12 at 12:31 pm }

なるほど!そう読みますか?
司馬遼の文章がずたずたなら、あんなに読まなかったのですが、、卒業してしまいましたので・・・
七生は、42巻で後一巻読み残していますので、その後
辻某は知りませんが、今度探して見ますね!

5 dankaita { 01.23.12 at 7:58 pm }

エイジさんへ
辻邦生です。背教者ユリアヌスなどを書いてます。
私は生前芭蕉の番組を先生にご教示いただき製作したことがあります。
ぜひ一読ください。

コメント欄