プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

平安の魂

794年平安時代となった。その平安が鎌倉になるまで。時代の魂は白河が握る。
白河天皇(1053~1129) 後白河(1127~1192)
平安の後期は白河の世だった。
白河の次が鳥羽、其の後が崇徳、崇徳はおじこと呼ばれて白河上皇の子だったという。その白河が崩御して
保元,平治の乱。清盛の時代となるが、其のときは後白河の時代だった。
後白河ほど日の本をしらめすに策をめぐらせた人はなかった。
源氏、平氏、を弄して時代を演出した。
だから平氏も源氏も白河によって出現したにすぎない。
描くべきは白河であった。

1 comment

1 エイジ { 01.29.12 at 1:47 am }

面白い!できるだけ平易にかつ短めにシリーズで書き続けて頂ければ嬉しいです。ついでに出自になる参考文献なども是非教えてください!

コメント欄