プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

世界同時危機

2016世界はどうなるか団塊太の御宣託があたる。既にシェールガスが解禁。石油国際価額が低迷。オイルマネー
の巻き戻し。サウジOPECの地位低下。サウジスンニ派とイランシーア派対立激化。中国経済、元不安、上海市場の暴落。円高。世界同時株安。と年初頭から極めて激烈に御宣託どうりになってきた。
次なにが起こるのか?とある不安が掠めた。
資源安経済不安国家versus資源安享受国家の対立である。サウジ、ロシア、ブラジル、イラン、オーストラリアなどが前者、で米、英、仏、が後者。ドイツと日本、中国が中間に位置する。その中で圧倒的なのが経済一人勝ちの米国。ロシアが
先鋭化、サウジイラン紛争化、国内不安解消の為の南沙、東シナへの覇権主義中国危機が引き金。米中対立激化、日本自衛隊南沙諸島派遣。ロシア中国と接近。低迷欧州経済の牽引役ドイツの位置微妙。この図式は何か第一次世界大戦前夜を彷彿させる。

0 comments

コメンはありません。

下記のフォームへの入力が必要となります。

コメント欄