プレミアムエイジ ジョインブログ
Random header image... Refresh for more!

Posts from — 2月 2016

遂に消えてゆく老人マネー

1995年フランス、Le monde紙は1000兆円の日本人個人資産の貯金はやがて全て取り崩される、日本人はそこで
初めて世界の金融マフィアの恐ろしさを実感することになると警告を発していた。本日2016年2月11日日本人1人あたり
の借金823万円。オギャーと生まれたらもう823万円の借金。とんでもない国となった。

まだまだある。2015年12月日経平均20000円が2016年2月11日15500円。1ヶ月で4500円の下げ。下げ率22.5%。
500万円の株投資の普通の老人の損失額は140万円。65歳以上の株式資産400兆円の80兆円が一ヶ月で消えた。80兆円とは日本1年の国家予算に近い恐るべき数字ではないか。

まだまだある。この間虎の子年金の株式投資がGPIFの投資政策変更により実施。損額10兆円。年金制度も持たない。

まだまだある。2015年2月11日、1ドル133円台、10円の円高。1ヶ月でトヨタの利益損失10兆円。これで4月のベアは消えた。ベアが消えれば消費が冷えまたデフレとなるのが常だが今回は一寸違ってくるようだ。日銀黒田は何が何でもくるだろう。眦をあげてくる。第三、第四の金融緩和となる。どうなるか?結果、スーパーインフレでしか日本経済を救えない。その結果がどうなるかはもう見えている。日本のギリシャ化、いや世界のギリシャ化だ。

第三次世界大戦とはまさにこの経済戦争、金融戦争を意味していた。世界のギリシャ化の中で生き残るものは誰か。1945年後のドサクサを経験しその後の様々な時代を味わい老後にまたとんでもない時代に直面するとは人生小説より奇なりである。

1995,French press Le Monde announced alarm to Japan that Japanese individual financial asset 12000billion dollars be lost by 2020 and by then Japan at last recognises its fear of world financial manouever power.
Today 2016 feb 11,government announced each Japanese individual bears 80,000dollars deficits and it is true to say that means even a new baby has already that amount from their start of life.

More than nothing to say, Dec. 27,2015,Nikkei stock average was around 20,000yen,and today 2016 feb 11,
average is 15,500, 4,500yen down during one month that is 22.5%. Ordinary 50,000dollars stock investment by old aged generation losts 10,000dollars within one month. 48000billion dollars old generation’s financial
deposits lost means 1,000billion dollars which is approximate to one year national budget of Japan.

More than nothing to say, during this one month,GPIF pension fund lost 120billion dollars from stock investment at its worst since they changed investment portfolio and increased stock
portion.

More than nothing to say, Feb 11,2016, dollar to yen exchange rate 1dollar 113yen,10yen upfloated during
one month,as a result Toyota losts 100billion dollars that prevents without doubt spring income bears.
Abe cabinet’s main concern are this Summer’s election and abenomics. But the thing above badly affects
Abe’s strategy. How could it be? Kuroda Japan central bank does 3rd and 4th monetary easing. I think for sure
he has to do,since there’s no way left.

As a result,super inflation can only solve the problems above, and demolition of this is inevitable!

Who is able to survive from this sovereign financial war, born 1946 experienced apres guerre Japan’s devastated land and miraculous development of Japan and now see enigmatic Japan and the world!

2月 11, 2016   No Comments

どうも当たって困る八卦

2016世界はどうなる
by dankaita

年末恒例、団塊太の八卦見、どうなる世界2016! 侮る勿れ、これが殆どあたる。
世界はこの3000年。何も変わっていない。ギリシャやエジプト、メソポタミア、中国が
確かに文明を築き上げ人類の遺産がのこされてはいる、が事実上世界を牛耳ってきたものが
何者であるのかに気付いていない。その存在が如何に世界の歴史を動かしてきたのか又現在
世界がどう動いているのか、中心にいるのは何者であるのかが明確に意識されれば2016年
がどう動いて行くのかを判断することは困難なことではない。
今年の清水の纏め漢字は安。安全、安心、安保などの安と言うがそうではない。安とは不安の
安、一寸先は闇。観劇中や食事中の平安が一瞬の内に地獄に転じた。テロの地獄は身内の中に
生まれる。イスラムの経典コーランは裏から書き連ねられた旧約聖書のコピーだと言う。隣人
を愛せよ、右頬を打たれたら左頬を差し出せとは目には目、歯には歯となる。エレサレムの嘆きの壁
はどちらにも嘆きの壁である。
史実と事実は常に隠されて見えない。ISイスラミックステートが一体何者であるのか?動かしている
エネルギーは一体なんなのか?その背景とは、また資金源は?調べれば調べるほどある一点に集約されて
くる。ISの前身とはアルカイーダ、アルカイーダに資金を与えていたのは米国であった。注意しなくては
ならないのは米国を形作るのが誰なのかの認識である。以前アシュケナージの存在について投稿したが
白色ユダヤについて書いた。イスラエルに移植したユダヤではない。世界の軍事、原子力、石油、銀行、
証券、保険、マスコミ、エンタメ産業、から政治を地球の至る所からもコントロールするのがアシュケナージ
というユダヤ金融資本である。米国を握っているのがこのアシュケナージなのだ。
即ちISを造ったのはユダヤということになる。何故か?
みずからを選ばれし民とするユダヤ民族はエジプトからのエクソダス、約束の地カナンへの民族の結束に常に
敵対する存在を必要としてきた。ケルト、サラセン、ゲルマン、蒙古までがユダヤ民族の敵であった。歴史は
民族を世界に離散させたが、母系ユダヤの血はシナゴークとリーバイによって現在まで綿々と繋がり、世界の金融を
握っている。ニューヨーク、ウオール街のすぐ近くに金やダイヤモンドのマーケットがあり、あの髭とキヤップの
男達が闊歩している。ではなぜ米国はアルカイーダを育てたのか?
世界の資源エネルギーの中心は石油。石油を握るものが世界経済を握ることになる。アシュケナージはアラブ民族
資本「OPEC」とその首領サウジと手を握り世界を牽引してきた。しかし今米国はシェールガスなる新たなエネルギー
を開発。サウジから即ちOPECの地位を奪えるところまできた。石油資源の安全的供給を守る為の中東への莫大な
戦費が不必要になるかも知れないのである。米国にとってアラブ世界はアラブ内で解決さるべき対象と変わってきているのだ。シーア派とスンニ派の抗争はその文脈の上で理解さるべきであり、パリのテロがなぜ多くのアラブ人の住む地区
であったのかの重大なヒントとなる。

ISは今世界第一の埋蔵石油油田を握り大量の増産の上でその戦費を賄う。従って世界の石油の値段は安い。
資源国の力は削がれる。一方眠れる獅子中国が台頭。アシュケナージにとって目の上のたん瘤となりつつある。
そこでFRBは2015年12月16日利子の利上げに踏み切った。思えば2008年のリーマン破綻を起こしたのも
ユダヤ金融資本、世界に大打撃を与えて今や経済が良いので利上げとはまさにアシュケナージのやりたい放題なのだ。
ではそろそろ2016年は?
1. 金融資本は無利子の円で石油を備蓄する。世界の石油資源を操るのがアシュケナージであることを見せつける。
シェールガス解禁。サウジOPECの地位低下。16年半ばまでの円高。一ドル95~100円。 日経平均14000~15000円
2. 英仏独のIS爆撃とIS反撃テロの激化
3.米国経済と米ドルひとり勝ち。資本の集中化
4. 中国経済の低迷と不安化、南シナ海と東シナでの覇権主義激化。
5. ユーロ圏経済の低迷
6. 日本電力自由化、と金融テクノロジーの融合進む
7. 日本衆参同時選挙による与党勝利。野党惨憺たる敗戦。民主党解党
8. 自然災害列島襲う

以上悪いことは当たらないことを祈る

2016 年 1 月 19 日 No Comments

2月 10, 2016   No Comments