Le Yuuki à Le Yuuki ユウキ・ア・ル・ユウキ

プレミアムエイジ ジョインブログ

サンバカ物語⑧ ワーカーズコレクテイブ「紙ふうせん」

TAGS: None

a014779020091203165106

サンバカチームのホームグラウンドは、千葉県の野田市にあります。醤油と農業の町ですが、いずれも衰退気味で多くの休耕地も点在しているようです。
都内への通勤圏である柏市から30分程度の位置にあり、都心へはちょっと不便なところ、農業の活性化しか町の振興策はないように思うのですが、その農業も停滞気味??

有機農業の発展で安心、安全、質の高い農業を目指して「土と水の改良」に取り組む若者「E君」とその仲間達、気の遠くなるような厳しい馬鹿げた?取り組みかもしれません。

それでもそこで出来上がる野菜は、間違いなく美味しいのです。
美味しい食材で心を込めて調理すれば、必ず美味しいお惣菜になる。そしてそのキーワードが無添加、無農薬で作られた米や野菜であるあるという結論がはっきり見えてきました。

同じ野田市で、「ワーカーズ・コレクテイブ」として働く女性集団があります。
その名も「紙ふうせん」…
ここでの働き方は、一人、一人が出資者となって仲間で共働して、一つの仕事をこなして行く協同組合のようなものです。従って事業としての営利は求めず、働く仲間全てにその事業利益が還元される新しい働き方です。

ワーカーズ・コレクテイブ 「紙ふうせん」は、野田市の近郊で、ずっと「食」の仕事を続けてきていました。地域の配食、施設への給食、そして自分たちのサロンでもあるお惣菜レストラン・・・

基本は、安心、安全食材の使用が大原則、社会事業として地域にも貢献しながらそのノウハウを紡いできた団体です。

使われる食材は全て「生活クラブ生協」の厳しい安全基準をクリアしたものです。「Yさん」経由の紹介で、この「紙ふうせん」に新しいコンセプトによる「野菜おむすび」の開発をお願いに上がりました。

偶然遭遇したそこでの「ランチ」に驚かざるを得なかったのです。失礼ながら「田舎の小さな趣味のレストラン」…でいただいた昼食は850円と誠にリーズナブルなお値段でしたが、その味については、食音痴の自分にもはっきりと解る美味さに驚いたものでした。お惣菜を中心にした8品のランチは、とても850円で味わえるものでは有りません。

いささか東京の高級料亭の和食を知っている舌で言っても、全く引けを取るものでは有りません。(勝るとも劣らないとはこういう時に使う言葉かもしれません…)

そして、開発された「おむすび」が、栄養満点、安心、安全の野菜おむすびシリーズとなったのです。

美味しいお米と美味しい野菜は、安全な食材と共に「ワーカーズコレクテイブ」のレシピとなり、そのレシピでの店舗展開に確信を持った瞬間でした。
「Hommes Bio」のコンセプトは出来上がりました。3バカはいつしか4バカ、5バカと増えて行き、いよいよ、その馬鹿さを世に問う事になります。

ワーカーズコレクティブ「紙ふうせん」(Blog

TAGS: None

Leave a Reply



© 2009 Le Yuuki à Le Yuuki ユウキ・ア・ル・ユウキ. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.