Le Yuuki à Le Yuuki ユウキ・ア・ル・ユウキ

プレミアムエイジ ジョインブログ

サンバカ物語 (15) 駒形チーズの反響は?

TAGS: None

少しご無沙汰してしまいました。掃除洗濯に追われて^_^…といえば信じてもらえないでしょうね?

開店から1ヶ月が経とうとしています。一喜一憂の時間差が1時間程度で来るスリルを味わえる事に幸せを感じたり、今更勘弁してよと泣を入れてみたり…

さて鳴り物入りでご案内した「チーズ(チーム)駒形のその後を報告しておきましょう。

駒形さんから、送られてきたチーズの総数はこの一ヶ月半で500個程度になりました。相変わらず、地元(大原)に取りに来るお客様は優先してもらっていますが、その他は全てこちらに送ってくれているはずです。(総販売元の看板を頂いているのですから)

駒形さんがテレビに出て(しまった事で)忙しくなってしまったことは当然ですが、先週品切れ状態を脱して、200個が今手元にある駒形チーズです。

実は100個を予定定価で、仲間に強制販売してしまいました。(皆さんごめんなさい)
そして地元の皆様に約100個試食して頂きました。

やせ我慢の大盤振る舞いで、その反響とリピートを期待して開店記念として「駒形チーズ」を豪華に試食してもらったのでした。そしてその後、店舗で販売された数が100個程度で品切れ状態となって4月に200個が入ってきました。

まずその反応ですが、100%の確率で絶賛を受けております。試食された方は約100名、押し売りに応じてくれた人が多分100名程度になるはずです??

そして試食によるリピーターとしてお買い上げ頂いた方が約100個で70名程度でしょうか?一ヶ月目の品切れ状態はほぼ計算通りとはいえ、1000円という高額商品としてのリピーターが70%…品切れ状態でお待ちいただいた方にも行き渡ったところだと思います。

100%の絶賛は、このリピーターの声であり、また一部試食できなかった方には口コミ情報でもあったかもしれません。さて強制購入させられた人達にも当然ながら、モルモットとしての役割で聞いてみました。。。

1000円は高かったか、少し多かったのでどう使ったか…など、など。これらを含めて100%の駒形チーズへの評価が絶賛だったのですよ?信じられますかね?

中にはチーズ嫌いの人もいたかもしれません。身内で辛口評価を求めたのも事実です。高すぎるという人は皆無、、、、
値段よりも決して味わえなかったであろう出会いへの感謝の声に正直(押し売りに)胸をなでおろしているところです。

前ぶりが強すぎて、誰も上手くなかったとは言えなくなってしまったのかもしれません。
中には「さすがJALのチーフシェフが選んだだけの価値はあるよ…」あえて「JALのファーストクラスで海外旅行の経験があるの?」と聞き返しはしませんでしたが…

この看板が、100%の絶賛に繋がったのかもしれません。気を良くしてサンバカトリオは、駒形チーズおむすびを280円で新発売し始めました。
一方で100円おむすびを並べながら…

実は贅沢に試食を続けているスタッフには、もうその味と感動は無くなってしまっているので、280円には躊躇したものでした。コスト的にはその値段になってしまうのです。(ちなみに平田牧場の三元豚で巻かれたおむすびにたっぷりと駒形チーズが潜んでいるのです)

発売と共に売り切れとなっています。100円おむすびを尻目にして…
そしてついに「狙い通り」の大口注文が舞い込んできました。
「VIPのお客様に贈り物にしたいので30個送ってくれますか?」
「ごめんなさい…20個にしてもらえますか…品切れ状態になりそうで…」

今、「駒形ブルーチーズのペンネ」と、本物の「クワトロ フォルマッジ」(7つのチーズから4つのトッピングを行う米粉ピザ)を新たに開発中(完成)です。

我がサンバカ店舗でしか食べられない世界に一つしかない食べ物…を売りにしようとサンバカならではの素人発想は、果たしてどこまで続くのやら…

日々、珍道中は進化しつつ、迷走を続けております。「チーム駒形」と共に…
きっとWeb上での販売が可能となった頃には、常時売り切れ御免となるでしょう?

生産量の倍増が実現しない限りは…
(内緒ですが…秘伝のチーズは今残り100個程度が冷蔵庫に眠っています!!!)

TAGS: None

Leave a Reply



© 2009 Le Yuuki à Le Yuuki ユウキ・ア・ル・ユウキ. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.