Le Yuuki à Le Yuuki ユウキ・ア・ル・ユウキ

プレミアムエイジ ジョインブログ

サンバカ物語 (22) 「平田牧場と黒富士農場」

TAGS: None

0005 (3)

 

spe1_ph_18 (2)日本一の有機卵を創ってられるという黒富士農場にお伺いしてきました。

山梨から山深く標高1000mの地にその農場は広大と存在していました。
彼の地に養鶏用の牧場を作られて35年という向山代表にご案内頂いた養鶏場は、まさに牧場であり農場でした。
清らかな水の流れは人家を経ずに世俗との境界を作っているようです。細い渡し板を踏んで急勾配の先には、鶏たちの宿舎とその遊牧場が見渡す限りに広がっています。

「平飼いの鶏」がいい卵を産む事くらいは知ってましたが、まず案内された場所は彼ら(鶏達)の住まいに敷かれる畳(足場)の製造工程でした。

鶏糞を循環させ、その住環境を整える事から黒富士農場の養鶏場は出来ているのです。
通常の畳の上に敷かれる高級絨毯は鶏たちの環境への配慮のため、向山代表他が日夜研究を重ねられたれたものでした。

次に飼料工場…
彼らの食べ物の工夫も科学的(鶏工学的?)に胃にストレスがない乳酸菌等が配合されて作られます。

そして、いよいよ彼らの宿舎へ…
散歩を終えた鶏たちは三々五々宿舎に戻っていました。一つの宿舎に500羽はいるのでしょうか?宿舎はあちこちに点在して見えます。

「どうです?静かなものでしょう!」
悪臭もない彼らの宿舎からはいわゆる鳥の鳴き声が聞こえてこないのです??

「彼らにはストレスが無いからからですよ。心身ともに健康な鶏がいい子供を産むのはごく自然な事ですね!」
1日5万個を生産し、それが100円の卵として毎日出荷されているという事情が納得できた瞬間でした。

この経験は、実は7年ほど前に山形(酒田)の平田牧場を訪れた時にも経験していました。

平田牧場の三元豚の牧場でもあの「養豚場」の匂いがまるでなかったのです。
ヒラボクの豚は格別であり、その価格はいわゆる豚肉のものではない(高価な)ものですが、その美味しさは半端ではなく、
即日ファンになったものです。

ヒラボクの「新田代表」はこう言われました。
「豚も人間も表情があり、顔つきはそれぞれ違うのですが、わかりますか?」
「???」

くしくも苦節35年の技術の結晶が平田牧場であり、黒富士農場なのです。。。
ヒラボクとの出会い、駒形チーズとの出会い、そして黒富士卵との出会い…

「3バカ」の原点はヒラボクにあったと思っています。
オムスビオにおいて「ヒラボクおむすび」は300円で静かなブームを起こしつつあります。

お土産で頂いた黒富士の卵で「卵かけご飯」を頂きました。

昔「卵かけ」だけで「3杯」食べた事を思い出しながら、あっさりと「2杯」おかわりができました。
(有機こしひかりのおかげでもあるかもしれません)

新田さん、駒形さん、向山さん…みなさん未だ「現役」の先輩先駆者…
新「サンバカ」にどれほど学び、その精神継承が可能でしょうか??

「農業の真髄は作物の表面では無く、そこに至る過程である!」
先輩達が異口同音におっしゃっています。

高級卵を「商品」として分けて扱わせて頂くために「山梨」に再訪してきます!!

サンバカ物語(21) 開業3ヶ月…

TAGS: None

140529 ユウキアルユウキ 
安ユウキ アル ユウキ(21) 「オムス ビオ」開業3ヶ月…

「安心、安全な食の需給バランスを創作する」というだいそれたビジネスモデル(農商工連携)を掲げて
スタートした会社も、はや半年が経過しました。
めまぐるしい変遷を経て3月には惣菜カフェ「オムス・ビオ」を開店しました。

この間に生み出された独自商品は…
・コンビニ対抗商品としての「おむすび・野菜シリーズ」
・最高級ブランドおむすびとして三元豚駒形チーズ巻き「おむすび王」
・秘伝「駒形チーズ」の全国総販売権の確保
・手作り「安心お惣菜セット」

安心、安全、安価の「AAA」は後発組の私たちにとっては使命であり、覚悟の戦略でもあったのですが…

順調にその品質とコンセプトは支持を得て、地域での口コミもあり、大きな輪を形成してくれています。
それでも、大きな問題点はのこったままです。。地域の外れに作った小洒落た「カフェ風店舗」というアイデアです。
昼夜を問わず安心飲食での語らいを狙い、開業の柱(売上、利益)と考えたのですが…

駅を中心に作られた完璧な街づくりの端っこにお客様の足を向けるには、並大抵の苦労ではやっぱり無理でした。
駅前に大型スーパー以下の大手が軒を揃えて大ショッピングセンターを構えているのですから…

立った2ヶ月しかたたないところでしたが、今早くもモデルチェンジを考えています。
元より持っていた(Bプラン)商品開発基地(デポ)と地域貢献企業への原点回帰です!

昭和と今をコラボする「3丁目の夕日」戦略??

(21世紀型八百屋、…農家が直営する昔ながらの八百屋です)
土の匂いが消えないスーパーには並ばない野菜が農家には沢山出来てしまうのです。
これらを並べ、お客様の台所へ直接届ける宅食便への移行を進めています。

幸いにも5分以内でお届けも可能です。
全ての商品をお届けしなければ、多少の安さや美味しさでは見向きもしてくれないかもしれないのでした。

さて、市場調査です!
味や価格面では一定の評価を得ている事がわかりました。オムス・ビオ」は地域に無くてはならない存在としてたった
2ヶ月で既に強い認知を受けていました。

(残念ながら分母不足が悩ましい問題で行き詰まり(売上不足)寸前です?)

もうひとつ、2世帯が上手に住まいを形成する新型住宅環境(コミュニケーション)でも不足するものは…

共稼ぎのローン返済型子育て世代とリタイア余裕世代の同居する地域では、お米の運搬も大変です。時間不足か体力不足か…
そして何よりもかつての住まいにあった安心な食材を揃える手立てもないのです。

昭和の米屋や八百屋は地域で一緒に住むことからを安心、担保くれていたのです。
少量でも重い米は通販で買われていることも多い事がわかりました…
(ついでに思い出したのが、豆腐屋のラッパの響きです)

私たちの農業仲間は米や野菜を食品化して首都圏に毎日運んでいます。豆腐も3時間あれば、かの地なら到着するかもしれません。

私達の強みは既に出来上がったモニター会員の皆さんです。
早速の試食をお願いしたところ、なんとも言えず美味しいのです。
大事に育てられた純国産の大豆で添加物を一切拒否する豆腐の味は格別だということでした。
かくして、おむすび、弁当、お惣菜から八百屋、米屋、豆腐屋への変遷となってしまいました。
あまりにも拙速ではありますが、零細企業には時間的(資金的)余裕がありません。

そして2週間が経ちました。
宅食便の会員は昨日、150名を突破しました。
カフェ予定のダイニングは会員のサロンとして開放します。
(予定していた@400円の珈琲は100円にしましょう。地域コミュニテイとしての料理教室もやりたいし、
食の安全が如何に危うくなっているかも訴えていきたい)

さて、事業としてはギリギリの選択をしたわけですが??
これから先どうなることか、今後とも素直に泣き笑いのレポートを続けて行きます。ご注目下さい!!!

10334337_691213284274255_7431700478601566960_nunnamed

サンバカ物語(20) ユウキの力

TAGS: None

10246600_682289828499934_2868190818232065405_n

 

ユウキの力を信じて「ゆうきの宅食便」を始めました!

無謀にも、店舗「オムスビオ」での店頭価格から宅配の場合には「1割引」という暴挙とも言える決断を引っさげて…
開店以来2ヶ月を経過し、扱い商品についてはお客様の絶大な指示を頂いていると自負しながらもその分母数からすれば、店舗売りのみでは苦戦の毎日です(涙)

私達の拠点はこの街(柏の葉キャンパス)の北はずれに位置します。
駅から5分という一見高立地におしゃれなテラス付きの店舗を構えました!!

しかし駅前には、最上売上を達成する「ららぽーと」があり、Macがあり、東急ストアがあり、コンビニが2軒あります。
駅をおりて必要な買い物を終えて自宅があり、それを超えたところに(同一敷地内とはいえ)我が店舗「オムスビオ」があるのです。

来客「0」の日が2日も続くと流石に自信喪失気味にもなります?

「もう一度原点を見直そう…
「ゆうきの力」は味と安心両面で無言のうちにも立証ができている。

大手に後して戦う事は想定の範囲内なのだから…
産直メリットとは家庭の台所への直結以外にはない…
農家の仲間が愛情を持って育てた安心野菜を届ける事が
起業でうたう有機農業支援という起業の精神だったのだから…」
かくして一週間が経過しました。
町内会のメリットをフル活用してチラシを2度まかせて貰いました。

本日現在110名の宅食便会員が賛同してくれたのです。
「ゆうきの力」がある意味の奇跡を呼んでくれたのかもしれません。
(わずか10日の出来事です)

本来の八百屋を復活させる(リヤカーでの引き売り以上?)…が売りです。
勿論大根一本、おむすび一個もいといません。
万一不揃いの商品があったら買い物サービスまでおこないます。

私達はもとより社会起業をその原点とし、地域貢献はビジネスを超えるものと位置付けて歩み始めたのですから…

コンビニおむすびに対抗した「野菜おむすび」シリーズ、
MACに対抗した「BIOベジバーガー」、
KFCに対抗した地鶏の唐揚げ、
日本文化を育んだ有機農業野菜を引っさげて…

まずは安定した需給環境を作ること、そして語らぬ野菜に「食卓上で語ってもらうこと」
素人ビジネスだからこそできるチャレンジです。
若い私達は「3年後」を目指し、「ゆうきの力」をビジネスにつなげ、日本食の尊さを取り返します。

素晴らしい地域の仲間(お客様)の理解に敬意と感謝を込めての再スタートです!!

10423414_704701272925456_1815935395_n962979_514177685311150_1924885062_n

10441082_659981090755940_2835987607851533056_n



© 2009 Le Yuuki à Le Yuuki ユウキ・ア・ル・ユウキ. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.