Random header image... Refresh for more!

Posts from — 10月 2011

机三つとテーブルに椅子四脚で4万円也!

新事務所開設に向けて、とりあえずの備品手当てにリサイクルショップへ

ネットで探すより、やっぱり現場で物を見なければ・・・・思えば随分事務機をこれまで処分したもんだ。

片付け費用も出ないが、結構高級品もあったっけ!ただ同然をしいれているはずと考えて、ネットで下調べしてショップに行ったら、やっぱり安くていいものが山積みだ。おまけに配送は一トン車分で3千円。

これまでにない快感の買い物ができたと一人旅の幸先の良さに満足、ついでにアメ横で、冬用ジョギングパンツ購入、CWXが膝にいいとかだが、サイズが無かった。親切な店員が支店に問い合わせてくれて、走って取りに行ってくれた。その間にバーゲン品のウェアを2枚、締めて9千円!

5万円の高価な買い物だったが、早速ジョギングで2500歩完走、膝は良し!

明日、インターネット環境を整えるのが、最大の難関だ。

新医療保険「Premium Age」のパンフレットの仕上がりは5日とか、、、。アメ横の活気と店員さんの元気を見習って、原点回帰・・・

10月 31, 2011   2 Comments

生活総合システム研究所

何やら意味不明の社名になってしまいました。

メイン事業は、ファウンダーとしての名誉しかなくなった?総合保険事業会社の勝手連支援(コンサル)、同社のメイン商品が、生活総合保険!

これでは売り上げが立たないから、認可取得済みの新医療保険をプレミアム・エイジ」と勝手命名して、営業マンを実践しその販売手数料で稼ぐつもりです。

おそらく、まだ日本一安価な商品のはず!おまけにシニアほど割安感あり(但し加入年齢条件は69歳まで・下は確か8歳から)安い理由は、圧倒的にメーカーの人件費と運営コスト

本日、某生協の共済コンサルティングGET!おまけに人材育成で、優秀な社員を来月からお預り・・・短期に共済のプロに育成希望も、彼は既に共済歴8年!
フィーは、開業記念で安過ぎたけど、ノウハウの評価に感謝!!!

社名の由来でした。もう一つが待望の新道プロデユースの「新保険事務システム」の受け皿作り!世間をあっと言わせるFFシステムの完成間近?これはふたりの現役時代にやり残した宿題!

てなわけで、一人で蔵前駅上にて11月1日に開業、出向者にはマンツーマン指導になります。ゆっくりタバコが吸える部屋が希望でしたが、やっぱりベランダにするか?

一ヶ月後には、IT系タクシードライバーを採用予定!
来年4月には新社長ハンテイング予定!

ということで、落ち目の三度笠の一人旅・・・如何なる事やら???

10月 29, 2011   2 Comments

(株)3S研究所(仮名)の社是

一人起業における社是 決定!

自己を律するには、厳正、責任、尊厳
人と接するには、誠実、親切、尊敬
仕事に臨んでは、創意、積極、即断

未だ遠い「永遠のテーマ 」をパクリと哀愁と感謝を込めて・・・

研究テーマは・・・

⑴IT時代における未解決保険システムの完成と真の保険自由化時代の商品開発と実践
⑵ 相互扶助精神と金融保険分野の矛盾是正へのチャレンジ

⑶ 研究成果の実践による保険共済コンサルタント実務と継承

いよいよ事務所開設も、家賃の目処無し、、、どうなることやら???

10月 26, 2011   2 Comments

「一円起業」登記手続き完了!

昨日の夜中に公言してしまった起業の登記手続きを終えました。れっきとしたした株式会社ですよ!法がそれを許容する時代。(保険会社が1000万で起業できるように!)

社名はちょっと恥ずかしいからもう少し先・・・
2億円の総合保険事業をアシストする会社ですが、日頃の想いを全て詰め込んでスタートします。

先ずは新医療保険「Premium Age」の唯一、最強の営業マン!
商品発表がずれ込んだのは、急遽「ペットネーム」を変更してもらったから??
(この商品と新会社にかける意欲を表す為に・・・)

何と社内に、「一人キャンペーン」を宣言してしまったのは、真夜中の持つ魔力の為せる技!
(自主目標は100件・社内目標も100件,やり切らなければ新会社が持たない?)

有言実行をモットーに社是と社名に想いをかけて・・・

社名、定款、社是などは今後のご報告で???

10月 24, 2011   2 Comments

「エイジ プレミアム」が大ヒット?

角川の電子書籍を探していたところ、ベストヒット書籍に「エイジ プレミアム」とあった。電子コミック雑誌のようで「ドラゴンエイジ書籍」の発行書籍とか・・・

世代的には、内容からして2世代違いのエイジ向け?ちょっと購読して読むにははばかるような気もするので、内容は定かではない。

さて我が(いや既に正確には我がではなかった)、保険事業会社では、いよいよ待望のウェブ型新医療保険「プレミアムエイジ」を来月より発売の運びとなった。

特にシニア層に利(比較的付加価値)が有り、その層のマーケットを意識して、本格的生命保険のオプションとしての必要性から開発したつもりだ。

勿論医療保険としては後発である事から、保険料は現状では国内最安値となっている。

・・・が果たして保険会社においては、料率比較広告は禁止となっているので、ネームバリューや信頼性においていささか(大いに)不安はある・・・

保険業界における様々な矛盾を超えて、苦労の末認可に漕ぎ付けたものであり、それ故その信頼性において顧客にご迷惑をかけることは無い仕組みにはなっているのだが???

保険料率の矛盾性については、これまでも多少は触れてきたが、長くその業界で禄を食んだ身にとっては、いささかストレート書きにくいものである。

しかし、認可を得た保険料率の商品発売は、その事を実証する事になるはずだ。まずはプレミアムエイジの読者諸氏に、その料率比較で実態をうまくお示しできればと思っている・・・。

それは、完全に経営から離れて、「一老齢(シニア)コンサルタント」としての「プレミアムエイジ」最終章への突入という事にもなる!

悲惨な結末が待っている予感と「期待」が感じられるのだが・・・

10月 24, 2011   No Comments

大正夫婦「見事に」逝く

連休の初日に義妹からのTELは、義母が危ないとの一報だった。

義父母はそれぞれ状況が違って、一年ほど前から、兵庫県三田市の病院、施設にお世話になっていた。

義父91歳、義母87歳、大阪で二人でいたわりながら頑張ってたが、長男、長女(愚妻)が、仕事の都合で東京住いの為、三田の名士に嫁いだ次女夫妻のお世話になり、近くの病院、施設で別々に療養を始めて、一年程度だった。

義父は、体は不自由ながらずっとしっかりして、義母の様子をいつも心配していた。その義母が危ない状況とは勿論義父に伝えてはいなかった。

カミさんも母親の状況に覚悟して、帰省の準備をしていた早朝の電話は、義父の急死の知らせ・・・

聞き間違いと疑ったが間違い無く義父が先立ったとの事、とにかく二人して新幹線、我が息子達(3人)は、義父母に本当に可愛がられて育った。

義父の葬儀を終えた翌朝、義母の訃報が入った。

夫婦で三田に連泊させて頂いていたので、そのままお通夜、葬儀の手配。
息子達はとんぼ返りのとんぼ返りと合いなった。

心配して父が先に三途の川を渡り母を待ったに違いない。いずれはの覚悟はあったものの、四日に渡る夫婦相和す葬儀は珍しいという。
(無事先程滞りなく終了)

互いに通常どうりの会話が出来なくなって3年、一日だけの間を置く義父母の大往生は余りにも見事であり、「阿吽」の呼吸で冥土に旅立つふたりの意志を感じずにはいられない。

素晴らしい夫婦の元、立派に育った息子、娘達はさる事ながら、急な知らせにもかかわらず、全孫達7人が駆けつけられた事が最大の供養と出来た。

その日迄選択したかの如き、逝き方は、先の戦争を越えて生き抜いた大正人の魂をさえ感じさせられる。

浄土では、永遠に一緒とか、安らかにお休みください。
ありがとうございました。
既に沢山のひ孫達にも繋がるご両親の優しい血脈を、見守っていてください。
合掌

10月 12, 2011   5 Comments