Random header image... Refresh for more!

Posts from — 7月 2016

苦節3年…なんとか「8勝7敗」に!?

3度目の暑い夏が来た。

農商工連携事業と嘯いて「21世紀型八百屋」にチャレンジし丸3年が経過している。マルチ農業は、想像以上に過酷な壁が次々に襲って来た。

労働がベースと覚悟し、ジムに行って金を払うよりは…なんて考えたが甘かった。休みが取れない。たちまち労働力不足が発生し、その代りを雇う事も出来ない。

何にも増して、農業における時間あたり生産力は半端なく低いのだ。わずか「10円」の上げ下げが赤字と黒字の境目となる。上げると売り残るかもしれないし、下げると生産コストが出なくなるかもしれない。

季節で、天候で、時間で売行も商品アイテムも変わる。(供給面、需要面での組み合わせはまさにパズル解きに等しい。

良くも悪くもポジテイブに考えないかぎり、ギブアップするしか道がなくなる。
「実労働と知的労働の組み合わせによって新たなビジネスモデルは作れる」と考えたのは甘すぎた。。(間違いなくバブル時代の経営論など役に立たない。1日頑張ってやっと過去の時給ベースの売上にしか行き着かない)

しかしここにこそ仕事があり、価値創造がある。
一喜一憂の日々にスリルと工夫が生まれる。有機野菜に特化したことが無理であった?一般野菜の2倍の手間をかけても市場では単なる野菜でしか無いj…平場の勝負である。

しかしそれがやっぱり幸いした。「有機野菜だから」ではなくおいしい野菜だから…
「安心、安全が最大の売り…」
「農薬漬けの野菜とはいわば殺虫剤散布で虫も食わない野菜なんですよ…」
無意味な主張だった。
5勝10敗から7勝8敗へ、
そして3年目にしてなんとか8勝7敗にこぎつけることができたのは「商品の質がお客様にやっと認められ」たからに他ならない。

「野菜の味の違いがやっと分かったよ」
「人参は昔はこんな味だったんだよ」
「葉物の新鮮さ(もち)が全然違うんだね」
こんな声がリピーターになり、売り場の拡大につながって行く。。。

まだまだ油断出来る状況では無いやっと8勝7敗でしか無い
(過去の負け越しを取り返してこそ事業)
何よりも、新しい働き方の提案という宿題も残っている。

日々(いや時間ごと)の喜びと悲しみ、成功も失敗も自らの選択である醍醐味は何者にも変えがたい。

そんな働き手(ワーカーズ)の登場を期待して止まない。
70歳でも社会貢献事業は現役で続けられ、健康である事の喜びを感じつつ…
(大いなる強がりを込めて???)

office 2010 key
Windows 7 Genuine Product Keys
windows 10 key sale
windows 10 education
Windows 10 Activation Product Keys
office 2016 key
windows 10 key
office 2013 key
windows 7 key
Product key for window 7 ultimate 64 bit
windows 10 home-key
windows 10 update
windows 7 installation
office 2016 iso
windows 10 install
windows 7 service
windows 7 iso
Microsoft Office 2013
windows 7 SP1 iso
Windows 7 Product Key For Fresh
 Windows 7 Ultimate Product Key 32bit and 64bit Genuine  |
 How To Request a New Windows Product Key  |
 Windows 10 Product Keys (100% Free Working Serial Key)  |
 Where Can I Download Windows 8 or 8.1?  |
 How to Find Your Windows 7 Product Key  |
 Buy Windows 7 Windows 10 Product Key Online  |
 Where to Download Windows 7 (Free & Legally)  |
 Where Can I Download Windows XP?  |
 Windows 7 Genuine Product Keys and Windows 7 Activation Product Keys  |
 Windows ISO Download  |
 windows 7 product key 100% working free for you  |
 How to Find Your Windows 8 or 8.1 Product Key  |

7月 27, 2016   No Comments

政治へのぼやきは最後にしよう!!

いよいよ日本が危ない。憲法が危ない!

都知事選挙である。
東京の行政をどうするのかを政策を問うキャンペーンがマスメデイアで問われるのは、当然ながら準備不足の鳥越さんが不利である…

そして鳥越さんが出馬に踏み切ったところもそこにあったわけでは無い。
東京という大都市の民意が日本の民意であるとして、その流れに危機感と悲壮感を込めて身を投じたのだ。

野党も同様に同床異夢とはいえ現状の憲法改定方向への危機感から統一候補としてまとまったのだ。

都知事選挙の結果は間違いなく一直線に憲法改定な進む事は1000万の国民の民意が後押しする事に等しい。一気呵成に突き進む千載一遇のチャンスを逃す事は無い…

そして民意は間違いなくそちらに向かっている事を認めざるをえない。

諦めるのかいつの日にか後悔する事でまた始めるのか…
それもまたよし。。。

今回の都知事選挙は偶然にもそんな国政の代理選挙の意味を有し、改憲勢力は勝利しさえすればまとまる。自民は割れないし、公明も離れない。そして一部民進も喜ぶ体制翼賛政党が出来上がる。マスメデイアも含めて大衆迎合という民主主義の誤りが起こるのだろう。

その事を記憶と記録に留めておきたい…
ただそれだけ…

7月 25, 2016   No Comments

出来る事の小さな一つとして…

息子達へ

突然のメールに多少驚いたかもしれません?
なかなか話す機会もなく、とは言え何かする事がないのかと考えていました。
それは昨今の政治情勢であり、今更の感も大有りありですがメールにて以下お願いをしておく事にしました。

参院選が終わり、改憲勢力が国会の3分の2を得て、近い将来には憲法改正に向けて動き出す事を承認したように現状を捉えています。

考えれば「戦争を知らない子供達」として「あの戦争」が終わったと同時に生まれたのが親父達の世代です。
良きにつけ悪しきにつけ大量の戦後ベビーブームが現在の日本の経済や文化を形取ってきた事に間違い無いでしょう。そしてその子供達は第2次ベビーブームとなり今や日本の中核勢力となっています。
(時代に翻弄されながらも、そんな中での一瞬の出来事から生まれ出てきた「家族」というものとも言えるのです?)

不思議な事に我が家では、いつしか東京という大都会に全員が移住し、今や13人の東京都民という事に成っているのも不思議でなりません。

全く意識の外であったのですが、今回の東京都知事選挙は日本の将来を決定づける踏み絵となる選挙でもあり、一東京の知事選挙という次元では語れない大きな意味を持つものと考えています
そこに沢山の危機意識を持つ有志が止むに止まれず現れ、そして最後に年齢や健康を顧みず「鳥越俊太郎」が立つ事で「何とかこの流れに歯止めをかけられないか?その端緒だけでも作れないか?」と考えたのだと思います。

今更ながらと思いつつもそれなりに何かできる事は無いかと考えてみたのですが、出来るはずもなく「過去のブログでボヤく事」で1票でも増やす事ができれば…との自己満足に至り、そして8票の存在にも気づいたのがこのメールへの動機です。

「政治」というのは元より10年後、20年後の世の中を決めていくものであり、いわば現状の政治が(我が)孫、ひ孫の世代事情を決定づけるものです。
一方で民主主義という政治形態は時に過ちを起こすものだと思っています。
明治以降、日本は十分に民主主義の時代を辿ってきていました。世論(民意)の大半は総じて戦争を支持し、日本の経済発展を優先させたに過ぎません。

「戦争をしない国」は、「できない国」である事として「日本国憲法」に置いて歯止めをしてきたのが戦後から今日まできた歴史と政治であったのですが…
(日本国憲法は立憲民主主義国家の理想であり、普遍物であり誇りでもあると信じています)

その個人的意思は、「自らが戦争で戦場に立つ勇気が無い」以上、その道しかないとの単純なる発想でしか有りません。
(自分と身内にはその蛮勇は無いし、それを誰かに託す事などできるものでは無いし、ましてや強制する事など出来るものでは無い)

戦争のできる国を選択するという事は「徴兵を可とする」事とイコールであり、そこに選択権など存在しえない事は歴史が証明しています。

既に時遅しの感無きにしも非ずですが、もし踏みとどまれるとすれば、護憲勢力がこの大都市の選挙で勝利できれば…と強く(細々ながら)思い初めての一斉同報メールを思いついたものです。

それぞれの個人的心情はきっとあると思います。
それぞれが18歳を超えた時から、大人としてまた独立個人として接し、一切の進路に口を挟む事もまた(残念にも)相談された事もなかったと思います。
そして全員がそのまま独り立ちをし、そして偶然にも東京都民である事にむしろ驚いています。。。

この選挙に於いて70歳を前にしてできる事は自らの思いを綴る位と考え、それがたとえ1票さえも増やす事さえ無理であろうと考えてきましたが、まずは身内にその想いを吐露せずにぼやき続ける事も無責任と思ったしだいです。

もちろん誰に投票するかの判断はそれぞれの自由ですから強制するものでは有りません。
ただ、今回の選挙が自分たちの子や孫に影響するものである事だけはしっかり認識して、投票所に向かってほしいものだと思います。

たった今、期日前投票を済ませてきました。
「命を張って」立ってくれた「鳥越俊太郎」に…

息子、娘達へ
(親父より)

office 2010 key
Windows 7 Genuine Product Keys
windows 10 key sale
windows 10 education
Windows 10 Activation Product Keys
office 2016 key
windows 10 key
office 2013 key
windows 7 key
Product key for window 7 ultimate 64 bit
windows 10 home-key
windows 10 update
windows 7 installation
office 2016 iso
windows 10 install
windows 7 service
windows 7 iso
Microsoft Office 2013
windows 7 SP1 iso
Windows 7 Product Key For Fresh
 Windows 7 Ultimate Product Key 32bit and 64bit Genuine  |
 How To Request a New Windows Product Key  |
 Windows 10 Product Keys (100% Free Working Serial Key)  |
 Where Can I Download Windows 8 or 8.1?  |
 How to Find Your Windows 7 Product Key  |
 Buy Windows 7 Windows 10 Product Key Online  |
 Where to Download Windows 7 (Free & Legally)  |
 Where Can I Download Windows XP?  |
 Windows 7 Genuine Product Keys and Windows 7 Activation Product Keys  |
 Windows ISO Download  |
 windows 7 product key 100% working free for you  |
 How to Find Your Windows 8 or 8.1 Product Key  |

7月 21, 2016   No Comments

大橋巨泉さん逝く…

image

永六輔に続いて、大橋巨泉が亡くなった。

愛川欽也、菅原文太、筑紫哲也…
テレビ時代の巨人達が現状を大きく憂いつつ遺言としての日本国憲法の偉大さ最後までを問い続けていた。

(この時代としては皆さん早過ぎる死であり、何かの予感をさえ感じてしまう)

いわゆる戦中派としてその体験を胸に、優しく現代を構成してきた人達とその影響をもろに受けた「戦争を知らない子供達」世代には大きな落差がある。

「あの馬鹿げた戦争を糧として得た日本国憲法を守りきれ」と叫び続けた声は、皮肉にもそれが変わりつつある時代認識を意識しながらもその事実だけは見なくて済んだのかもしれない。

大橋巨泉は最後の「週刊文春コラム」に「死んでも死に切れない」とする遺言を締めくくりとした。

彼らの次の世代に同様のテレビ人は出てこない。しかし、その想いを受け継いで鳥越さんが「都知事選挙」に立ってくれたのだと思う。

それを「病み上がり」とか、「よれよれ」と揶揄する「何たらゆりこ」という日和見候補が都知事選をリードしているとも聞くとその憤りは抑えきれない。。。しかしやれる事はやはりボヤく程度しか出来ない現実…

とにかく都知事選で歯止めは効くのだが…万一の場合には「戦争を知らない子供達」が生きている間に「戦争を知る大人達」になってしまう事もあり得る。。。

「恐怖」…というより狂気であるとも巨泉さんは言いつつ、この世を去った…

 

office 2010 key
Windows 7 Genuine Product Keys
windows 10 key sale
windows 10 education
Windows 10 Activation Product Keys
office 2016 key
windows 10 key
office 2013 key
windows 7 key
Product key for window 7 ultimate 64 bit
windows 10 home-key
windows 10 update
windows 7 installation
office 2016 iso
windows 10 install
windows 7 service
windows 7 iso
Microsoft Office 2013
windows 7 SP1 iso
 Windows 7 Ultimate Product Key 32bit and 64bit Genuine  |
 How To Request a New Windows Product Key  |
 Windows 10 Product Keys (100% Free Working Serial Key)  |
 Where Can I Download Windows 8 or 8.1?  |
 How to Find Your Windows 7 Product Key  |
 Buy Windows 7 Windows 10 Product Key Online  |
 Where to Download Windows 7 (Free & Legally)  |
 Where Can I Download Windows XP?  |
 Windows 7 Genuine Product Keys and Windows 7 Activation Product Keys  |
 Windows ISO Download  |
 windows 7 product key 100% working free for you  |
 How to Find Your Windows 8 or 8.1 Product Key  |

7月 20, 2016   No Comments

都知事選と日本国憲法

今回の都知事選で問われているものは紛れもなく、改憲の是非である。

その一点で石田、古賀、宇都宮…と揃って勝利の必要性を優先して鳥越俊太郎にかけたのだ。

日本国憲法を守り続けるか、改憲に向かうかの最後の砦としての東京都知事選であり、その象徴として護憲派は彼にその役割を託したし、奇跡的に野党共闘も成立した。
画期的であると同時に、もしそれでも負ければ日本国憲法が改憲へと確実に向かうエビデンスを与える事になる事は火を見るよりも明らかである。

 

日本国憲法は決して米国や戦勝国が作ったものでなどあり得ない。

敗戦と無数の犠牲者の上にたって日本国民が総じて選択し、承認し、その選択に基づいて今の日本を作ってきた。

そしてそれを世界も指示し承認したものだ。

office 2010 key
Windows 7 Genuine Product Keys
windows 10 key sale
windows 10 education
Windows 10 Activation Product Keys
office 2016 key
windows 10 key
office 2013 key
windows 7 key
Product key for window 7 ultimate 64 bit
windows 10 home-key
windows 10 update
windows 7 installation
office 2016 iso
windows 10 install
windows 7 service
windows 7 iso
Microsoft Office 2013
windows 7 SP1 iso
Windows 7 Product Key For Fresh
 Windows 7 Ultimate Product Key 32bit and 64bit Genuine  |
 How To Request a New Windows Product Key  |
 Windows 10 Product Keys (100% Free Working Serial Key)  |
 Where Can I Download Windows 8 or 8.1?  |
 How to Find Your Windows 7 Product Key  |
 Buy Windows 7 Windows 10 Product Key Online  |
 Where to Download Windows 7 (Free & Legally)  |
 Where Can I Download Windows XP?  |
 Windows 7 Genuine Product Keys and Windows 7 Activation Product Keys  |
 Windows ISO Download  |
 windows 7 product key 100% working free for you  |
 How to Find Your Windows 8 or 8.1 Product Key  |

憲法前文はその象徴であり、日本人の英知が結集された名文になっている事で明らかである。

象徴としての天皇制が第1章で示され、そこにこそ日本の文化が引き継がれて出来上がったものである。

日本が世界に誇れる立憲民主主義憲法の所以はそこにある…

しかし、民主主義は時に間違いを起こす。

その瞬間になる可能性はこの都知事選の行方にかかってしまっている。

改憲が民主主義の名の下に過半を占める事を裏付ける事で「政権」は一気に憲法改定に動いていくのだろう。

潮目が変わったのは、権力による「マスメデイア」への圧力が功をそうしたのだと思う。
集団的自衛権の容認を明らかな憲法違反という世論を圧殺し、その抵抗勢力でもあった報道ステーションやニュース23のキャスターが変更されてしまっても、何ら気づかないままに放置されたマスメデイアの現状…NHKの会長が変わった頃からその兆候はあったのだが…

体を張って最後の役割を果たそうとする鳥越さん。

命尽きるまでの心境は明らかであり、その一点(健康)をつく野党や無責任世論…

一方で、せめてブログでぼやくしかない情けなさ…小池ゆりこ氏は確か母校の後輩であった。

兵庫県の西宮から初の立候補した時強くそう言っていたが、、、(今やカイロ大学卒業とか?)

格好いいよね関学も落ちたものです(涙)

勝ち負けの正念場であるようだ。。。日本の官僚はトップが誰であっても政治をサボる事はない。千葉では森田健作が、大阪では昔は横山ノック、今だって……

大事な事、何故恥を忍んで立候補したかを慮る事にに尽きるのだ。

この選挙は改憲か護憲かを決めてしまう次の時代を決めてしまうリトマス試験紙になる選挙です………

7月 18, 2016   No Comments

東京都民

 

東京に流れ住んではや40年になる。。。

都知事選挙はこの間に10回以上…???
都民意識もなくて、大半が死に票に成った投票権…

今回は初めて都民としての権利を行使して活きた投票にしたいと強く思う、、、
都民というよりも国民、市民としての「一石」を発揮しなければ成らない。。。

想えばいつしか都民としての家族は13人、8票の投票権を持つ大東京家族になっていた。。。

そして孫子の為の大事な1票…

都民である事の意義を喜んでその「⒈票」を憲法改定の歯止めにしなければ…

そんな思いの詰まったギリギリの野党共闘と最適候補が「鳥越俊太郎」となったのだと信じる

今一番怖いのがマスコミ統制であり、その現実を知る鳥越さんの覚悟を決して無にしてはいけない…

7月 17, 2016   No Comments

復活に向けて(アップできるかどうか)

予想通りまたは予想外の健闘であった参院選…

なんとも言えない脱力感を感じています。

今更何を…と思いつつ、昨今の政治的動向がいよいよ次世代への大きなツケを残す事になるように思うのです。

良きにつけ悪しきにつけ、団塊世代が作ってきた(しまった)現代日本、そしてその終点が憲法改定への舵取りという民意を引き出してしまいました。

日本国憲法こそが、立憲主義国家の理想像であり、その民意だけは過半を割る事はないと信じてきましたが、確実に民意は改憲(内容は異にせよ)を是としたのが今回の選挙結果であると思います。

マスメデイアがコントロールを受けて以降心配はしていたのですが改憲だけを意図する安倍政権が、アベノミクスという経済政策をテコにして強行突破してその意図を遂げました。

まだ時間はかかるでしょうが、現実は初めて改憲提案が可能な状況は出来たのです。あとは民意を操縦していきさえすれば、その意図は容易い事は、戦前の一億火の玉状況は容易いものです。

それが民意であるならそれも良し…今更何ができる…と考えている所に出て来た東京都知事選挙…

石田純一の捨て身の提言、彼こそ総理にと考えたりしていた古賀茂明の申し出、そして老骨に鞭打って勝てる可能性の候補「鳥越俊一」が名乗り出ました。

これらの動きは全て若いシールズの学生達の新しいムーブメントが動かしたものであり、その結果としての危機感から「恥ずかしながら」止むに止まれず立つことになったのだと思います。

その昔、マスコミ志望を目指し、メデイアを研究した時期もある「古宮エイジ」にとって、その鳥越さんのその心意気に感じ入るのみです。

マスメデイアにはNHKを含めて記者魂を持った個人が沢山いるはずだといまも信じて居ますし、個々にしろその影響力は民主主義 にとってはなくてはならないものなのです。

都知事選であったとしても、この政治状況に一石を投じる事は絶対に必要な快挙です。
まさにカラダを張っての鳥越さんの勇気と元気にこそ「プレミアムエイジ」を感じ、改めて意を強くするものです‼️

「戦争を知らない子供達」をわずか一世代(100年)で終わらせない為に、「プレミアムエイジ」世代の真の脱皮を今一度期待せざるをえないのです???…………

7月 12, 2016   No Comments