Random header image... Refresh for more!

Posts from — 4月 2017

古希を迎えて想う事(3「日本国憲法」を「党是」とした「オリーブの木」を…)

日本共産党が党是を変えさえすればいい。民主、社民は解体すればいい。「オリーブの木」より、立憲民主党の方がいい。
平和憲法で70年…平和と発展を共有した歴史こそ守るべき唯一最大の政治課題である。

現行憲法70年…と共に歩んできた世代としては憲法論に一つの結論が必要では無いか?
この間の日本の70年の歴史は人類史上または地球規模に於いてすらかつて見ない「平和と繁栄」の中に存在する歴史的史実である。そしてその礎はまさに「日本国憲法」にあったと結論づけるのだ。
(そんな憲法がその成立過程を重なる理由として改定されようとしている。人類史上で最上級であり、その実績においてさえそれが歴史的に立証されているのだから…)

日本史において、明治以降の「近・現代」が軽んじられて(放置されて)50年以上が経過する。明治維新から太平洋戦争と敗戦、その後の平和憲法制定と象徴天皇の関係性などが真理(史実)として語れなかったのは敗戦の悲しい歴史を引きづる事によって論理的整理がなされないまま今日まで来てしまったに違いない。

古事記、日本書紀から始まる我が国の歴史は、神話としての古代史を理論化した上で、史実として天皇の存在と日本の伝統文化を形作ってきた。その過程の中で現代における象徴としての重要性までが明らかにされるべきであろう。
(ここから100年も先になった頃の「日本史」をのぞいて見れれば、その存在と価値の重要性が証明されていると確信する)

日本国憲法は天皇の存在と日本の伝統と文化および象徴に至る過程で始まり、その故に日本国固有の価値と実存を有する事を示している。
明治維新と文明開化を経てさえ、その歴史(史実として)の本質はなんら変わらなかった。

日本史の中においては大半の農民、市民の生活や歴史は全く語られて来なかったし、その主な記述すら史実として残っていないが、それをして「日本史」と言い切っていいものかどうか?という問題も残ったままである。
歴史は支配者によって作られ、書かれ、語られて行く宿命にあるかもしれない。故に伝統、文化を含めて天皇と武士をその中心において歴史が語られて来たのはやむ無しとはいえ、それが日本の本当の文化、伝統を形作って来たとも思えない。しかし、敗戦と現行憲法がそういった独特の日本文化の中で構成されてきたものであり、米国の偽造と強制で出来上がったとするのはおおまちがいである。

「桜の散り際」に美を感じ、「花は櫻木、人は武士」とする我が価値観はいかにして形作られてしまったのであろう。
一方で「古事記、日本書紀」をして日本国天皇の存在を形作り、今日の象徴天皇への独自の崇拝の念は、誰しも禁じ得ないのが日本人のアイデンティティーでもあるのだ…
西洋における「聖書」とキリストの関係にも似て、むしろ宗教的崇拝であっても何ら不思議では無いし、日本史実の中における「古事記・日本書紀」と天皇を学問的に捉える事は出来るのでは?
(かつて「キリスト教概論」をなんの疑いもなく学問として学んだ事を思い出す。果たしてここから100年も経過すれば、明治以降平成に至る近代史は江戸期とのつながりの中で日本史実としてはどう記述されているのであろう)

敗戦と日本国憲法、天皇の存在とその承認、継承、象徴天皇としての絶対的存在と学問的位置付けなど、現状「平和憲法」の一丁目一番地がタブー視され、語られないままの憲法論は定着しないし、むしろそこに民主主義の分裂を呼んでしまう。

「9条」を代表にして語られる日本国憲法を「第一条」からしっかりとその必然性で理論武装する事は出来ないものか?
今生天皇や天皇家が、象徴天皇としての不断のご努力を見る度に現行憲法を愛しその忠実な守り手としての天皇家を想うのが素直な日本人でもある。

(現状憲法において唯一その基本的人権を有さない天皇が最も日本国憲法を愛し、護り、努力を重ねて居られる事実に鑑みる必要を強く感じるものである。この意識を有するまでに実に70年の年月を要した…)

その上であえて「日本国憲法」を唯一無二の恒久平和と人類の調和、発展を希求する存在としてその一字一句を「党是」とし、基本方針とする政党またはその範囲での結集を期待する。

唯一の護憲政党である日本社会党が消え、残るは現状承認としての日本共産党しか存在しない政治情勢の中では9条だけで憲法を語る事すら改憲論者として利用されつつあるのが昨今の政治状況と考えなければならない。

一連の政治的右傾化は、実に巧妙に仕組まれ育まれてきたものだ。
とにかく改憲できれる勢力作りとその力を利用する確信的「似非旧士族的勢力」の拮抗状況が現状であるならば、間違いなく「日本国憲法は米国押しつけ憲法である」という馬鹿げた論理が成立してしまいかねない。そして「30年」もすれば、再び派遣を狙った聖戦を建前として行う国になってしまうだろう。
「100年」は維持しできたとしても、平和は徴兵制の必然と共に「大日本帝国憲法」に復古して壊れてしまう。

金と経済至上主義で割り切れば、そして弱肉強食止む無しで割り切れば、それが当然の帰結なのだから…

4月 13, 2017   No Comments

古希を迎えて想うこと(シリーズ・2)

久々に先日長兄と「長話し」をした。
兄は喜寿を前にして少し弱気が出てきた。(確か…かの慎太郎先生と同窓程度?)
「次兄が(80にして)多少記憶がやばいようだが…」というような話から始まった。
(そういえば、我が家は親父は元郵船だから石原兄弟ンチと似てたはずだが、何故か親父は早くに脱サラして商売を始めてし、兄弟みんなそれなりに苦労してきたっけ?、いや兄達はその昔は「おぼっちゃま時代もあったはず…)

絶対的存在の兄貴達から、「お前だけは大成功すると思っってたけど…」といわれたりしたが、兄達のいうところの大成功とは??
中途入社サラリーマンにしては想定外の出世をしていたから最後までサラリーマン人生を全うすると思っていたらしい。何よりも出世と金儲けが人生の目標みたいに考える兄達の価値観は一体何なんだろう?戦前、戦中派の頑張りの目標であったのだろうか?
(いや戦後派、団塊世代にも結構いるよね。そんな価値観…)

長兄も良く知る「K君が、一番出世だったね。やっぱり彼は大したもんだ…」に我が(良)心はプッツンして「最悪の寂しい人生ではなかったかな??未だにポスト(と金)にしがみついてるのはみっともなさすぎるよ…」と絡んだけど、聞く耳は全く無く、只々「我が人生」をして「勿体無かった」(大失敗だったろう)と評論する。

馬鹿ぬかせ、60過ぎての断捨離は「用済みのポスト」や「名誉」に「余計な金」…

「子育てさえ無事済ませれば「三途の川」には不要なものは全て現世で始末していくのよ…見栄や世間体は「あの世」でイジメを受ける素にもなりかねない…」

「つよがりでないから実践しているまでだよ。(多少の矜持がなくもないが…) 、、、
「ヒトモノカネ」の全てを一旦捨ててみたらどうなんだ?
利害の友じゃ自己満足にもならんだろうし…」

兄曰く「その割には新たな起業は何故か」と??
今更「金目当て」でもなし、見事に「有り金」は使い切りました。
年寄りの起業はだから面白いし、社会事業になる。。。勘違いして今更大儲けを夢見る馬鹿もいないだろう?
「その割には「IPO」を狙うとか言ってたな!」
その昔20代で考えた「男のロマン」と言っただろ…60過ぎても好きにやるロマン…
「人生反省すれど後悔せず」が我が座右の銘だって…

そういえば、ここんとこちっちゃな「サラリーマン社長」ばっかりで、日本はロクなもんでなくなった。。。
昔のオーナー社長は人物だったし、だからこそ日本も作り得たんだなあ^_^^_^^_^

4月 5, 2017   2 Comments

古希を迎えて想う事(シリーズ・1)

70歳にもなると流石に大半の仲間がリタイアとなり、余生を考え無理矢理にもその実践(特にする事なし)に入られるようだ…
(果たして、納得しかつ先は見えての判断なのかどうか?疑わしい??)

57歳になった時(還暦を目前に考えて)「お前はこのままの人生でほんとに納得できるのか」と考えて「わがまま退職」をしてしまい、驚くなかれ13年が経過している。
ついに古希という事らしい。
しかし一体あの頃と比べて(体力・能力・精神年齢)何が変わったというのか??

ほんの少し体力は落ちたが、まだ軽作業なら十分にこなせる。
たまたま大病をしたが 一月もすれば、なんて事なく完治してしまった(ように思う)。
(タバコはやめたが、それは単に世間がうるさ過ぎるからにすぎないし、それこそ知らない世界(ニコチンのない体)を体験したいからでしかないから復活もありうる)

だが…
一方で間違いなく年齢(その時)を考えるようになったのは、は既に親父が死んだ歳を超えたからかもしれない。(親父は68にもなっていたのに、仕事帰りの新幹線の中で亡くなっている)
やっぱり明日はわからないから色々その日も考えながら準備をする意識だけはしっかり持ちつつも、できるだけ、出来ることは「現役」で続けて行こうと思っている。

現役とは何か?
「社会との関わりを能動的に持つこと」としておけば、まだ2-3年は現役を続けられるかもしれないし…

57でリタイアした時には、「自分のような自己中の人間は組織や後輩には、そろそろ迷惑極まりないはずだ」とも考えた。今もその価値判断(基準)は大事にしながらも、「出来ること」を考えて行きたい。(健康のためにも)

…と考えたら、想う事、思うこと、考える事、考えたこと、経験した事、これから経験すること、政治、経済、人生…を「呟く」だけなら邪魔にならないけど参考にはなるかもしれない。
(実は、時間も出来たので思いつく事言いたい事が山ほどあって…消化不良になるのは健康に良く無い???)

現役続行宣言として今年も「新年度」をしっかり感じながら、今年度(以降)の方針として決めたぞ。。。。。

4月 3, 2017   No Comments