Random header image... Refresh for more!

非武装中立で何故いけない!

ブログからの転載ですが…
(本当は、しっかり論理立てして書いておこうと思いつつ、気力喪失しています。日本国憲法と非武装中立は不可分であり、戦後の日本の発展はこの憲法を頂いてこそののもであったし、今後もその真理は変わらないと確信するところなのですが…)

北朝鮮を盾にして遂に(シナリオ通りに)ここまできてしまった。

戦争のできる国に変えようとする勢力(党首)が圧倒的多数を占める戦略の中に巻き込まれる恐怖。。。

圧倒的多数の戦争には出られない国民がそれを選択してしまう。北朝鮮の現状は日本の戦争への道へ向かう途上と何ら変わらないし、僅か75年前の日本の選択…そして圧倒的多数の国民がそれを支持していた歴史がある。

「非武装中立の日本国憲法の保持以外には日本が戦争を避ける道は無い」
もし、それでも攻めて来る敵が有るとするならば、それは地球の消滅を意味するだけのものでしか無いのに…

10年後には解るだろう。「日本国憲法」の価値と意味が…
「非武装中立」が死語となってしまった今、日本は再び列強の道に進む以外には無くなった?

非核(含む原発)と護憲を望む「国民」にとって投票すべき政党も人も見当たらないとすれば、無抵抗の棄権選択の選挙と位置付けるしかない………

0 comments

コメンはありません。

下記のフォームへの入力が必要となります。

コメント欄