Random header image... Refresh for more!

HAIKU道21「熱き俳句」金子未完

6 初参加の句会にエイヤーと提出せよ

Kさんから次の句

初見参パレスの庭と著莪の花

で6月14日の句会に参加しましょうと私に提案ありまた。
Kさんの上記の句には確かに季語「著莪の花」があり、五七五にもなっています。
ですからKさん。この俳句で勝負しましょう。
講師の先生や他の参加者に、この句を披露しましょう。
何十年俳句をやっている人でも、すぐに出来上がる句もあますが、そんなケースでも原案つまりヒントは
かなり前から温存されています。つまり俳句を創作するためのネタを熟成させ、それが脳裏に閃く瞬間があるのです。
俳句は、その閃きが大切です。俳句はある意味では、映像体験+知識の結合体、観念+理窟の賜物と言ってもよいかもしれません。
ですから誰だって努力しないと一句になりません。
自分の一句を創作するために時間を割きます。
今日も私は、現代俳句協会の木曜研修会に3句提出しました。
素案10句ほど、ありましたが電車の中で
その素案10句の素材をヒントに3句全て創り替えました。
会場で紙に書くまで、参加者全員どうしようか悩みます。出せば句会で批評し合います。
それが楽しい。エイヤーと自分の作成した俳句を提出すればよいのです。
だから俳句は面倒。難しい。と多くの人は言います。果たしてそうでしょうか。

俳句ですから原則五七五の定型で、表現が縛られるからイヤ。その上季語があって難しい。

川柳の方が、簡単と言いますが。
果たしてどうでしょうか。川柳の方が誰でも出来ると言います。
でも川柳の会に参加し、実際川柳を作成してみると川柳の方がはるかに難しいのです。
何故なら各大学に文系の代表学部、例えば、政治学・法学、経済学、社会学・倫理学、心理学、文学、音楽、美術学部等それに理科系にも工学部や医学部、そして今問題になっている獣医学部に至るまでたくさんの学部があります。
それらの学問の基礎知識をベースに川柳をつくるのです。
そして川柳は、人生の機微や世相・風俗をこっけいに、また風刺的に描写するのが特色です。
その点松尾芭蕉が、常に弟子たちに
「俳諧は三尺の童にさせよ・俳諧は三尺の童の目でつくれ」
と俳句(俳諧)の道を問いたのです。

三尺とは(一尺=約30.3cmの三倍だから約90.9cm。日本人の三歳から四歳の身長は、男女ともデータ的には九十cm〜百十cm)大体三歳児の視点である。
松尾芭蕉が言う、三尺の視点は三歳児の童の視点です。
例えば、赤いとか、大きいとか、下にあるとか物の位置とか、色や、音、大人の話の内容も少しわかるようになって来る大人の様に既成概念が全く無いので、純粋無垢な目に映る現象を素直な言葉で発する事が出来ます。
だから、大人の変な常識や間違がった知識に、かえって降り廻されないと言うのです。

この芭蕉の考え方を取り入れ、ジュニアの俳句教育が、近年見直されています。
私が知っているSさんはその教室のリーダーですが、今回のHAIKU道とは別に、HAIKU道を書くチャンスががあり
Sさんの地区に伺い、二年ほど前に取材したことがあります。その時の文章を以下叙述します。
Sさんのグループは、幼稚園児から低学年の小学生に俳句を教えています。
1.ジュニアの生徒と一緒に、まず素材探しから始まります。…例えば家で飼っている犬とか鳥とか。
2.トマトとか。西瓜とか。蜻蛉とか。蝶とか。一緒になって探し、それを普段子どもが使っている言葉でいかに、575にするか。
Sさんは、本当のお母さんになりきり。ネー。ソレネー。とヒントを与える。エート。エート。そうそう。そうねー。と絶えず子どもと、お話ししながら575に・・・ほんとうのお母さんになり。またならないとできない。
男にはない・・・『愛情』・・・がないと、とてもできない感じがしました。
お母さんの役になり切り、575にする『Sさんを中心』のメンバーの皆様には、頭が下がりました。

575の世界を愛してやまぬ。いつも純真な心になれるお母さんたち。お子さまと創った作品を見ると、一層愛情の深さが伝わってきます。これが、Sさんをを中心に指導し、出来上がった幼稚園児の575です。

にじいろのき物きれいおひなさま

まだ拙い字で書いてありますが、少女の純真な目で、見たまま見事な表現力です。

次は、小学生の作品は、フォト575です。
写真は、散る花を、見ている猫二匹です

公園に花びらチリチリおちていく

清んだ俳句は童に学べ

幼稚園の子や小学生が感じたままのことを、常識のフィルターを通さず、自分の知っている言葉で
、表現する575に、俳人たちも、もっと目を向けるべきでしょう。
さああなたも一句創って句会にこの際エイヤーと参加して見よう!1

2017 年 6 月 12 日   1 Comment

HAIKU道21「HAIKU道21「熱き俳句」金子未完

5 推敲すればダメ句が金貨に

Kさんの変更したいという今回のは、次の句です。
仕事終え今日も水風呂扇風機
前回のKさんの句は三段切れの欠点があるので私は、前回、三段切れの蘊蓄を述べた。
私も三段切れを解消すため、今回の句を最初は「仕事終え」案に変更しようと思いました。
リアルで一見良さそうですこの句「仕事終え」案はあまりに見すぼらしいい現代生活を連想する・・・単身赴任者。1DKの未婚者。古老の一人住まい。などの生活が丸見えです。
「仕事終え今日もと」なると「毎日の起伏の無いダラダラした生活と」とられる懸念があります。
一億総ビンボーにむかっている日本ですが、是じゃ・・・侘し過ぎないかい。
仕事終え今日は水風呂扇風機
「も」と「は」を変ええただけですが、意味が違います。
{今日は}なら特別の日なんです。
俺は充実した仕事をした後水風呂に入り、気持ちよく扇風機にあたっている。
この案ですとバリバリ仕事か、スポーツした後気持ちよく水風呂にひたった感じがする。
こっちの方が清潔感フレッシュ感がでて良いと思います。
そして懸案の三段切れもなくなります。

さて話が変わります
先回のKさんの案です。
ひと仕事今日も水風呂扇風機
この作品も「も」を「は」にしてみ
ひと仕事今日は水風呂扇風機  △
「は」に変ええただけですが、意味が違います。
「ひと仕事」は、たいへんだった仕事だったけどが、仕事のことっさっぱり忘れ洗い流しそうと取れます。
「ひと仕事」この言葉を引き出したのは、Kさんです。
Kさんは、バリバリの仕事人なんだ。そこで変更案はその「仕事人」を使ってみる。
仕事人今日は水風呂扇風機
仕事人をネット検索したら、TVのはやった藤田まことの必殺仕事人がでてきた。
おなんだ・・・おいおい・・これは面白い展開になりそうだ。そうだ季語だけど扇風機なんて
外してしまえ。今は、夏だ。冬だと年寄りだと風邪をひく。
必殺仕事人今日は水風呂
上句の必殺仕事人でズバッと切れ字だ。ここで切れれば今日は水風呂なか7プラス5
の12文字はつながっている。
これで懸念の三段きれでは見事に解消している。俳句には、一句の中で、二つの事物(主に、季語と別のモノ・コト)を取り合わせることで、両者に相乗効果を発揮させて、読者を感動に導くような句が多く見出されます。
いい句になった。
水風呂は、季語でない。この句無季の俳句だと言うう人もいる。無期なら無季で良い。
俺は充実した仕事をした後水風呂に入りさっぱりとして、気持ちいい一日だぜ。
Kさんは、決断力があり問題一つずつバサバサこなし水風呂に入る人なんだ。
次は季語の扇風機を使用しT場合
仕事人今日は携帯扇風機  ◎
忙しくてクーラーの部屋なんかいられない。パソコンの前で携帯扇風機あて必死に仕事している。。または、作業場の扇風機廻しているんだ。Kさんは、「現場中心の仕事人なんなんだのだ」となる。
結論コーナー
五七五は言葉。その言葉を置き換えるを推敲と言う。
一押しは必殺仕事人今日は水風呂扇風機は平凡。この名詞二つ並んでるのは如何と思う・・三段切れは、初心者は、避けた方が良い。俳句の初歩を学べと言われる。
プロ級なら0K。6月14日Kさんの作品1押し。二十◎
必殺仕事人今日は水風呂  ◎
初見参の高倉健さんになれる。女なんてコロです。
仕事終え今日も水風呂扇風機  平凡過ぎて凡人

2017 年 6 月 11 日   1 Comment

HAIKU道21「熱き俳句」金子未完

4 初心者の内に句会に出よう。

ひと仕事今日も水風呂扇風機
Kさんは、俳句同様これからの人生もやる気いっぱいのようですねですね。六月十四日の句会初戦に期待しましょう。
この句もKさんの句ですよ。アフターファイブスポーツジムの後に、なんと水風呂若いですね。
おまけに水風呂と扇風機ですよ。高齢期の方ならすぐに夏風邪を引いて、次の日寝込んでしまいますよ。物同士に語らせると俳句のパワーが倍増する場合がありますが、今回の句は、正に倍増させる効果があります。この句の中七の「今日」が生きていますね。
「今日」の一言が入るだけで、この句をイキイキさせています。
水風呂は、Kさんがひと仕事終えた後、行動的なKさんが、スポーツジムなどに行きその後、サウナやスーパー、銭湯などの水風呂に入ったのかと思えます。
「ひと仕事今日も水風呂」ここまではリズム」もありいいですね。普通仕事後は、ネガティブ=消極的になりがちですが、Kさんはかなりのポジティブ=積極的型人間なようです。
扇風機と言えば、一九七〇年代頃までは、ひと仕事終え、卓袱台で扇風機を回し、茄子か胡瓜の漬物か塩辛などをつまみ、横になってナイターを見るのが、当たり前の時代でしたね。
でも二十一世紀のKさんは単身赴任者でアルコールは、かからきしダメな人で、居酒屋なんて縁のない人で、スポーツジムに行かなければ、一人住まいのマンションに帰り風呂を沸かして入ると、後で風呂を洗浄するのが面倒なので、手軽な水風呂に入った後、扇風機にあたっているのかなーともこの句から解釈できます。
Kさんどっちですか。紛らしいので報告してください。
俳句としてみると上句の「ひと仕事が」が気になります。ひとしごと【一仕事】.は. ①. ひとしきり仕事をすること。②. あるまとまった量の仕事。また、かなり大変な仕事。
この句の難点は「ひと仕事」「今日も水風呂」「扇風機」と三段切れになっています。
三段斬れとは、一句を形成している五・七・五が、いずれも切れたかたちの名詞で、一章中に二つの空間を持つ表現形式。 一般的には、わずか十七音の詩形では、ポツン、ポツンとリズム感のない味気ないもとなる。
それを理由三段切れは味気ない。スローガンだ。リズム感がない。と正す方もいます。
逆にその停滞したリズム感を逆手に利用した俳人がいます。でも有名な三段切れの俳句に
  目には青葉山時鳥はつ鰹    素堂
  奈良七重七堂伽藍八重ざくら  芭蕉
 などがある。
いずれも動詞を使わずに描写だけをして一句の構成とし、結果として一つの世界を描いている。
六月十四日は、この句を句会に出して、大先生に伺う方が、良いと思います。
Kさんは、大物ですからチェレンジしますか。
二十一世紀になり男女雇用均等法がどこの職場でも広がり、その結果働く女性が増え生活パターンも随分変ってきまししまいました。
専業主婦の方も随分少なくなりましたね。
それに伴い、家族の帰宅時間や住まいも別々になり、おまけに、家に帰っても誰もいないケースが増えている様です。
5月とか6月は、気候がいいので温かい風呂に入るのは面倒だし、光熱費も節約できるから水風呂に入るか、シャワーを浴びれば十分であると言うか多くなっているかもしれませんね。
冷房も一人で使うには非効率ですし、一人住まいなら、扇風機の方が経済的です。TVなんか一人で見ても面白くないので、スマホでも見ている方が、増えているのではないでしょうか。
単身赴任や未婚男女の一Kマンション。更には古老老人の住まいも増え、今や家族バラバラでの生活感が垣間見られます。
最初この句を見た時、三十年位前の生活と思ったのですが、私の見解が違っていたのだと感じるようになりました、
昨日図書館に行って、昔の暮らし、今の暮らしと言う本を借りてきて、今日その本を見てるうちに、Kさんの生活感の方が超現代的ではないかと感じました。
Kさんはもともと奥様と都内の世田谷の一軒家に住んでいたそうですが、お子さま三人それぞれ独立し、今は都内のすまいも買い替え、マンション住まいだそうです。
Kさん自身は、今仕事の関係で郊外のマンションを借りている、
そう言えば句会に参加している人も、単身で生活している。句会は八十歳以上の方がおおく、二十世紀型の家族生活は、崩壊しているかもしれませんね。
ひと仕事今日も水風呂扇風機
Kの句このままで、いろんな意見が出て面白そうです。このままで句会に出してみますか。OKですよ。
ただし俳句会では、自分の作品について喋り過ぎるのは、禁物ですから要注意です。警告しますよ。
俳句は座の文芸と言われています。
自分の作成した俳句がいろんな見方をされるのに価値があるのです。
自分の句に何票入るのも重要なポイントですが、自分の提出した句が参加した人に、どう取られるかに価値を見出しましょう。
評されるほどに『座』というものが重要視されます。
『座(ざ)』とは句会のことと云ってもいいでしょう。
句会は、互いの俳句のお披露目の場とでもいいでしょう。簡単に言えば嫁いだお嫁さんと同じです。立派な披露宴です。人からの直接の批評を頂ける貴重な『場』であるわけです。
どんな趣味・スポーツの世界でも、基本的に興味を持って近づいてくる人は歓迎去れます。
それは俳句の世界でも例外ではありません。どんな趣味・スポーツの世界でも、基本的に興味を持って近づいてくる人は大歓迎したいものです。それでないと趣味の世界は、広がりません。
それは俳句の世界でも例外ではありません。句会は、互いが互いの選をし、批評し合う『場』ですから俳句をはじめ、最初から「俳句結社に入る必要は、決してありません。
『先生』の存在は必ずしも必要ではありません。
とはいっても、実際にはほとんどの句会はどこかの俳句結社の傘下となっている場合が多く、また主宰が先生として参加することも多いようです。
Kさんが参加する、六月十四日は、芭蕉庵のある江東区が力を入れている、江東区の文化活動の一環です。
各地の公民館でやっている文化サークルも同じ仕組みです。
朝日、読売、毎日他各地方新聞社やデパートなどでやっている文化カルチャーも実は、同じシステムです。
ネットで俳句 文化カルチャーで検索してみてください。
試しに検索してみると、NHK文化センター青山教室があります。この青山教室は、有能な俳人を生み出しています。
俳句を始めるチャンスは一杯あります。
サッカーならボールを蹴ることから。
フィギア―ならスケート靴を履いて滑ることからです。
俳句は、紙と鉛筆。日本が書ければそれで参加資格◎です。
レッツゴーです。

2017 年 6 月 10 日   1 Comment

HAIKU道21「熱き俳句」金子未完

3 俳句をやるから季節の花を知ろう

六月三日日曜日
初見参パレスの庭の燕子花
夜Kさんからメールに燕子花の俳句を送ってきました。
メールの追伸に、Kさんが一年ぶりに会った学生時代の友達と四人と、東京都千代田区一ツ橋にあるパレスサイドビルで待ち合わせ、そのパレスサイドビル内のレストランで、リーズナブルなランチを召し合った後、パレスサイドビル近くの皇居内にある、東御苑二の丸庭園で見頃で満開の燕子花を見たそうです。
そこで、今回燕子花を季語として俳句にしたそうです。
Kさんは今でも現役で、バリバリ仕事をしている方です。
比較的若い時代に転職を繰り返し、そのキャリアを生かし、十年前に新規の企業を立ち上げて、起業家として成功したナイスガイです。
花などゆっくり鑑賞する暇などなかったとうそぶく強者です。
たまたま会う同窓生も、その行動力には皆、舌をまいてしまいます。
そのKさんは、学生時代放送関係の部活をやっており、芸術方面にも常にアンテナを張っており、その方面での造形もかなり深いそうです。
聞けばお兄さんは、関西の放送局にいた人で、そこでキャリアを積んだ後、起業しコンサートや各種のイベントをプロデュースしたそうです。音楽家や歌手とも知り合いが多くて、弟であるKさんはその影響を受けて、各文化活動に比較的明るくなり、Kさん自信も演劇や芸能会の方にも知り合いがあり、その方面での顔もあるようです。
今まで企業を立ち上げるのに時間を割いてきたKさんは、関西生まれで、東京も四十年近く棲んでいるが、、今回の様に庭園の花等ゆっくり見る暇がなかったそうです。、東京のど真ん中に、にある東御苑の燕子花や花菖蒲などの花などを見るのが、今回初めての機会だったと後日伺いました。
皇居東御苑に咲く燕子花や花菖蒲の見頃は、例年六月上旬から中旬頃です。そりゃあ東御苑の燕子花や花菖蒲の見頃の時行けば、バリバリ仕事をしていた人は、私ども以上に感動するでしょう。
これから俳句を始めようと言う方は、早速皇居内にある東御苑に出かけてみましょう。
皇居東御苑は、東京都千代田区の皇居の東側に付属している広さ二十一ヘクタールの庭園です。皇居東御苑でデジタル検索を開始し、そのページをしっかり検索してみてください。入場料は無料です。
俳句にしたい草花や木樹が数え切れないほど多くあります。
さて本題に移りますが、Kさんが俳句にした季語について調べてみましょう。
初見参パレスの庭の燕子花
が、Kさん句でしたね。
Kさんの取り上げた「燕子花」は正しく夏の季語であります。
季語の選択は、間違っていませんね。
燕子花(カキツバタ、杜若はアヤメ科アヤメ属の植物です。
早速デジタル検索して燕子花の画像を見てみましょう。
燕子花は、一般に湿地に群生し、5月から6月にかけて紫色の花を付けて咲きます。
内花被片が細く直立し、外花被片(前面に垂れ下がった花びらの中央部に白ないし淡黄色の斑紋があることなどが特徴です。
愛知県の県花でもあり、三河国八橋(現在の知立市八橋)が『伊勢物語』で在原業平がカキツバタの歌を詠った場所とされることに由来しています。
から衣
きつつなれにし
つましあれば
はるばる来ぬる
たびをしぞ思ふ
燕子花は、漢字表記の一つに「杜若」があります。これが在原業平の詠んだっ有名な杜若の歌です。
また杜若を描いた美術作品には、あの著名な尾形光琳の「燕子花図屏風」があります。この尾形光琳も「燕子花図屏風」も俳句表現の素材になります。
アヤメ属はアヤメ科の属の一つで以下の代表的な植物があります。いずれも俳句の季語、季題となりえます。著莪(シャガ(射干、、胡蝶花)もアヤメ属です。
今回、六月十四日の俳句21に初見参のKさんはどうすんでしょう。
Kさんは、学生時代放送関係の部活をやっており、芸術方面にも明るいし造詣も深いと聞いています。参加者十名と言え精鋭です。
Kさんは初見参と格好良く見栄を切る起業家です。なにくそ魂で今回の課題季語「著莪」にチャレンジするでしょう。それではKさんデジタル検索で、著莪 画像で入力です。
ちなみに未完がいつも見るサイトをみてみると・・・著莪 (しゃが) 姫著莪 (ひめしゃが). (「著莪」の漢字は、 これ以外に 「射干」「胡蝶花」 などもあり) (Fringed iris) シャガ 「著莪(しゃが)」 ’07. 3.28 小石川後楽園 ヒメシャガ 「 姫著莪(ひめしゃが)」 ’11. 5. 4 市川万葉植物園写真集です。燕子花は紫でしたが、著莪は白です。「胡蝶花」と言われのですから、Kさんの俳句で取り上げた「パレスの庭」に咲く花として相応しいのかも。でもパレスの庭と言えばバッキンガム宮殿ヴェルサイユ宮殿のイメージが強すぎる懸念があります。
Kさんの起業したオフィスにも似合う気品のある花でしょう。常緑の多年草で雑木林の下草や木陰などの湿った日陰の場所で栽培される植物です。
草丈は五十センチ前後で、四月~五月にかけて白や薄紫色の花を咲かせます。

シャガ(著莪)の花言葉は、「反抗」「抵抗」「決心」「私を認めて」「忍耐」「友人が多い」などです。

著莪は、他のアヤメ科の植物とは違い日陰を好むことから「反抗」「抵抗」や、「忍耐」と言う花言葉が生まれるのでしょうか。現状に満足せず、絶えず新天地を目座すKさんにぴったりの花ではないでしょか。

会社の帰りに花屋さんに立ち寄り、自分の部屋に飾って見たらいいと思います。

Kさんの頭が冴え、きっといい句が出来上がるでしょう。

まず、Kさんが著莪を花屋さんで買うか、どうかそれが今回の問題です。明るい回答を期待しています。

また著莪は染色体が3組あるいわゆる「3倍体」のためであるために種子を作れず、地下茎で増えていくといった生態から「反抗」といった花言葉が付けられたそうです。

初見参パレスの庭の 燕子花
パレスの庭は、インパクトがありますね。試しにKさんの俳句に燕子花に変えて著莪の花を入れてみましょう
初見参パレスの庭の著莪の花
このままでも、結構いい俳句になっています。
初見参に少し違和感がありますが、俳句は説明する詩歌でないので、
今回どんと初見参で体当たりしてみますか。
HAIKU21のデビュー戦です。
Kさんどうしますか。ご返事お待ちしています。
これから俳句を始めようと言う方は、有名な各地の公園、学校関連施設や植物園や植木屋さん、ジョイフル本田、カインズホーム などホームセンターや近くの花屋さん。どこでもいいですから、お花があると所に出かけ、季節の花を観察して、俳句にしましょう。
季語なんていっぱいあります。自然界は無限の俳句の宝庫です。
俳句を始めるなら、花のある所にレッツゴーです。

2017 年 6 月 9 日   1 Comment

HAIKU道21「熱き俳句」金子未完

2 季語は、季節によって変わる。

六月六日
五十路過ぎ秋風たなびく宮仕え 
肩叩き終わると秋波我に吹き
いずれもKさんの句です。
今回2の課題は、季語です。1つずつ前に進みましょう。
季語は、夏の季語 · 秋の季語 · 冬の季語 · 新年の季語 · 無季.と大きく分けて六分野あります。
先ず今回のKさんの季語は、どうも秋のようです。
秋風を歳時記で調べて見ると「1 秋に吹く風。秋になって吹いてくる涼しい風 。」で秋の季語となっています。
秋風を修正し、夏風としても、壮年期の半ばを過ぎた、年配の侘しい五〇代の心境を表現する場合、どうでしょうか。
歳時記もいまやデジタル時代を迎え、インターネットで見れば、手持ちの歳時記の辞書が無くても、簡単に季語が解ります。
ほんとうに便利な時代となりました。
それでは、秋波はどうでしょうか。
秋波の用語をデジタル辞書で調べてみると
1 美人の涼しい目もと。また、女性のこびを含んだ 目つき。流し目。色目。「秋波を送る」2 秋のころの澄んだ波。
と言う意味で、秋の季語ではありませんが、季題になってしまいます。
季題とは連歌,俳諧,俳句の用語。発句,俳句に詠み入れる季節を示す言葉です。
季語,季詞,季の 詞,四季の詞,四季の題名,季の題などもだいたい同義です。
季題の語が広く使われだしたのは、明治以後です。
さて,Kさん困りましたね。6月14日Kさんが参加する自由課題の一つとして使えそうでが、季節が不合格です。理由は二句とも季語、季題とも「秋」で季節がミスマッチです。八月の句会なら、全く問題ありません。
6月14日の句会に参加するの句は、一月前の五月か、翌月の七月頃までの季語を歳時記から、選べば問題ありません。その季語を選べば、問題ありません。
それ以外の句を出した場合、どこの結社で、どの先生のもとで俳句を学んだか常識が、問われます。
本格的な俳句に挑む場合は、、とりあえず、歳時記で夏の季語を選んで修正できるか考えてみましょう。
夏の風となれば、季語として大南風(おほみなみ) – 風薫(薫風) – 黒南風(くろはえ) – 南吹く(はえふく) – 南風( みなみ) – 黄雀風(くわうじやくふう) 白南風(しらはえ) – 夕立風 – 夕凪などがあります。
Kさんは、夏の風に季語をしぼり、今回チャレンジするのでしょか。
一度伺いたいものです。
少し考え方を変えて、季語を風に拘らずに、思いきって蝸牛とかあめんぼうとか昆虫類か。団扇。センスとか夏の生活関連の季語に変えてみるかです。
デジタル検索です。まず「夏の昆虫 俳句」で検索してみましょう。
水馬(みづすまし/みずすまし)水蜘蛛(みづぐも/みずぐも)
夏虫(なつむし)、夏の虫(なつのむし)、 鹿の子蛾(かのこが)、夜盗蛾(よとうが)、夜蛾 (やが)、 毒蛾(どくが)、天蛾(すずめが)、尺蛾(しゃくとりが)、 蓑蛾(みのが)、木蠹蛾( ぼくとうが)、枯葉蛾(かれはが)、 刺蛾(いらが)、斑蛾(まだらが)、蝙蝠蛾(こうもりが)と夏の季語になる昆虫は、かなりあります。その中で好きな昆虫は・・・・・
例えば、水馬(みづすまし/みずすまし)でチャレンジしようかと考えたら、まずデジタル検索です。まず「水馬 映像」で検索してみましょう。
自然観察の達人 (3)水上の忍者・アメンボ~虫をつかまえる秘密をさぐれ …
と言欄を食い育すれば、映像が見れます。まるでどこか田舎お川で、あめんぼうを見る様に
ビジュアル体験ができます。
幸い今回6月14日提出するための課題季語は、「あめんぼうです」
「水馬 映像」の映像を見てKさんが、今回6月14日にチャレンジするかです。
ほかの季語で三句もOKなのです。蝸牛とか。尺取り虫とかほかの昆虫も、前記のデジタラルをすれば、どんな昆虫か理解でます。
デジタル時代ですから俳句の初心者は、いっぱい映像体験しましょう。、
この課題に、Kさんはどの季語をあてがうのか、Kさん自身の考えを聞いてみたいものです。
ここで奇をてらうなら、、俳句を創作し直すかです。
試しに夏の昆虫で考えてみましょう。

五十路過ぎ秋風たなびく宮仕え
未完の修正案
行く末を思いあぐねる蝸牛

肩叩き終わると秋波我に吹き
未完の修正案―二点
航路からそれてしまう水馬
石鹸の泡で沈没するあめんぼう
石鹸が航路を塞ぐあめんぼう

蝸牛はデジタルで検索しなくても解るでしょう。
「あめんぼう」は、夏の動物季題です。
水馬(みづすまし/みずすまし)水蜘蛛(みづぐも/みずぐも)と表記します。
インターネットで、画像をもう一度検索してみてください。辞書を引けば「あめんぼう」は、小川や池・沼の水面に長い六本の足を張って、すいすいと滑走したり水面を跳ねたりしている灰褐色のアメンボ科の昆虫の総称と表記されています。
飴に似た匂いがするので、この名があるといわれている。※ただし石鹸などの界面活性剤が水に含まれて表面張力が弱まると、アメンボは浮くことができず、溺れ死んでしまう
ただし「まひまひ(水澄)は別種、別題となります。
有名な句を上げてみました。
水馬動く数だけ水輪生む  山口誓子
あめんぼう跳ぶや命を賭けしとき  山口青邨
となります。
果してKさんは、どんなチャレンジするのでしょうか。
楽しみにしています。
今回の課題どうするか、Kさんに聞いてみたい。

2017 年 6 月 8 日   1 Comment

HAIKU道21「熱き俳句」金子未完

1 五七五の世界と言うけれど

ひとりで独学で俳句にチャレンジしている人がる人が、たくさんいます。
俳句は、川柳と違って、季語があり五七五に縛られて、難しいと言う方がいます。
この六月1日から俳句に挑みたいというKさんからメールが送られてきました。
当面はもう少し軽い目に…と思っていますのでお手柔らかに。

夏布団すっぽり被って朝寝坊 Kさんの句です

Kさん曰く昨日から夏布団にかえましたが、少し朝は肌寒くも2度寝の朝寝坊をしました。

まだ、心の叫びには程遠いですが、少しゾーンへの道があるかもしれないとは感じつつ…
と追伸が、ありました。

上句の「夏布団」は5文字です。
「すっぽり被って」は、俳句では撥音は、数えませんですから、本当は6文字です。
下句の朝寝坊は、5文字です。
この句は。ネットの歳時記(インターネット歳時記 – 日本伝統俳句協会他多数)で調べて
貰えば手軽に解りますが、夏の季語です。
季語が確かに入っているから、正真正銘の俳句です。
第一作目の俳句として、合格です。
何処の俳句作品に出されても、恥をかくことはありません。
俳句は世界最短の定型詩とされ、十七文字、十七音、十七語とも呼ばれています。
でも自由律俳句もあります。
十七音より短い作品は短律、長い作品は長律とも言う。正岡子規の俳句革新ののち、子規の後輩河東碧梧桐を中心に自由律俳句俳句が進化します。
具体的に解り易いのは、山頭火の句です。
あるけばかつこういそげばかつこう
へうへうとして水を味ふ
鴉啼いてわたしも一人
二十世紀末のバブル崩壊以降企業の業績悪化により学生の内定取り消しも相次いだ。
二十一世の到来とともに、団塊世代の大量定年期
を迎え、世の中はますます行く先が不透明になって来ました。
時代の節目に、人々は放浪の俳人を求めてき、山頭火ブームがやってきます。
このところ世の中も少し安定し五七五の定型、画、全盛期です。
ですから俳句と言えば、定形派の人は、あくまで俳句は、五七五だと、
蘊蓄を垂れる人は事欠きません。。

2017 年 6 月 7 日   1 Comment

HAIKU道 21「金子未完」へのお誘い

我が大学の友「金子 未完 」大先生に俳句を教えてもらうことになりました。
同時に有名な句会で修行する事も決められました。
元よりその方面での素養も教養も有りませんが、何か暇つぶしにと軽く考えたのが間違いのもとになりました。

金子(先生)の性格はよく知ってはいたものの、一つの適当な俳句?を投稿したら、10倍になって指導が帰ってきたのです。
当然焦りましたが、同時に「個人授業では余りに勿体無い」と考えてブログによる通信教育を公開してみたらどうかと考えて、相談したら彼からOKとの返事が来ました。

このど素人が格好がつくようになるとは思えないのですが、モルモットとして恥をかきながら、どなたかがそんなブログを見てはまったりすれば面白いと思って実行に移して見ます。
早速ですが以下が金子未完からの返信全文です。(送ったメールはその中に出てくる思いつきの駄文のみ)
スタートからの一部始終を少しだけ編集しながらその都度アップして行くつもりですので、お付き合いください。
(同時に東京での句会への次回に参加も受付致しますが…)

俳句拝見しました。
すっぽり被ってなんて今の時期の感じがいいですね。

「夏布団すっぽり被って朝寝坊」

昨日から夏布団にかえましたが、少し朝は肌寒くも2度寝の朝寝坊をしました。
とのコメントありました。
俳句は写実から、素直な自分の眼から考えることが大切です。
二度寝すると河田さんがメモしていますが、朝寝坊は春眠暁を覚えず
のイメージが強い。避けた方が良いかも。2度寝がいいかも。
夏布団すっぽり被って二度寝する
夏布団すっぽり被って朝寝する

少し朝は肌寒くを活かすなら
夏布団今朝は寒くて二度寝する
夏布団今朝は冷え込みまた被る
明け方冷え浅き眠りの夏布団

6月14日HAIKU当日梅雨冷なら時期的にベストかも。
少しレポートっぽい。日記ポイ。事後報告、ホウレンソウぽいかも。
夏布団と言えば熱帯夜の時期のイメージが強い。
今日は寒くて、又は朝は冷え込むだと
今ごろの季節感が出る。

夏布団寒くてスッポリ被る漢
漢=大の男の意味
6畳間かワンルームマンション一人寝の
河田さんを漫画化し絵にするならl
大男がすっぽり被る夏布団
大男は河田さんのイメージ。巨漢、マンモス、恐竜、トド、メタボ、トラキチ、革命家
巨漢がすっぽり被る夏布団
惨敗のトラキチが被る夏布団
マンモスがすっぽり被れぬ夏布団
メタボがすっぽり隠れぬ夏掛け
恐竜がすっぽり被れぬ夏布団
トドが被って二度寝する夏布団
トドが被って朝寝する夏布団
夏布団すっぽり被り資本論
夏布団すっぽり被り元闘士
テロリストが身を隠す夏掛け
河田さんのイメージが出て滑稽
面白い人物を出演さして滑稽にする
田淵くんすっぽり被る夏布団
ジャイアント馬場すっぽり被る夏布団
ドカベンがすっぽり被る夏布団
寝坊助がすっぽり被る夏布団
夫婦なら夏掛けを取り合う夫婦
夏掛けを我にと揉める夫婦
と言うふうに膨らまし再考してください。
俳句は推敲し、吟味することが大切です。
「推敲」という意味は、「文章を書いた後、字句を良くするために何回も読んで練り直すこと」。詩歌、俳句の常用語。
毎日最低一テーマ推敲すれば今朝は四日ですから10個句が出来ます。
最低金子まで2日に一句なら、最低。5個句作できます。毎日挑めば
俳句脳が活性化しますので、2日に最低1テーマ。忘れずに作句にチャレンジしてください。
俳句は、軽い気持ちで楽しむものです。
もう1度推敲してこの夏布団、夏掛けで1句仕上げてください。
文中の作品でデビューしてもOKです。この作品は私の著作権でなくて、あくまで河田さんの文章からのイメージ句です。後は、河田さん次第です。
で次の季語は。お待ちしています。

2017 年 6 月 6 日   No Comments

早期退職の勧め

55歳超えの後輩サラリーマン諸君!!

人生思う以上の長旅に変わっています!!
55歳がピークアウトする時期だと思っていますか?理不尽で止む無く配転や次の職場へ移るのももちろん一つの選択肢ではありますが…そろそろ自分の意思やジャッジで方向性を考えてみるのも一考してみるべきかもしれません。
(定年延長によってせっかくの自由を失ってしまったり、まだ十分にやりたいことができるのに諦めてしまう事になっていませんか?)

何となく、自由を求めて私が57歳でリタイアしたのはせめて還暦までの3年程度は自由な現役(元気)として何かにチャレンジしたいと考えたからでした。
「それなりにサラリーマンとしても自由な人生を送っていたじゃないか」と叱られそうですが、我儘な性格はたとえ役員であったとしても(もっと言えば万一社長になったとしても)自由という範疇からは程遠いものがサラリーマン(社長)というものではないかと思えたこともありました。

子育てを終え、残った借金と年金を計算し、僅かばかりの退職金を天秤にかけて「自由」と「我儘」を通す道を選択し、あれからはや13年が経過しようとしています。(もちろん後悔などは微塵もありません…)
サラリーマンとして滅私奉公の時代の30年と比べれば、時の流れの早さに驚くのに反比例するかのごとく自由時間というものの貴重さやその長さを感じるのです。今更ながらあらゆる可能性にも繋がるものであったという思いに至るのです。
還暦までの元気な間の3年はその後の延長戦を含めれば考えれば(13年にもなりましたが)、それは現役時代の30年を遥かに凌駕するほどの充実感があり、その意味での反省も沢山残ってしまいます。そんなに(元気でいる)時間に余裕があるとは思ってもみなかったのです。

一般的に定年を65歳としても、(自由な)時間軸で考えればその後の時間は2倍以上存在するとも言われます。(もちろん心身ともに元気でいる時間で…)体力面はほんの少しづつ衰えは感じますが、一方で(困り者なのは)精神力や知力の衰えはその感じる所がない事が非常に少なく、微々たるものなのです?

そこで余計な今回の提案になりました。(50を超え、そろそろ次の人生を考える頃になった後輩たちへの余計なアドバイスと承知しつつ…)
よく頑張ったこれまでを活かしながら、まだまだ長いこれからの人生に少しの金と時間と経験を活かすことはできないでしょうか?
企業では満期を迎えた年齢も、実は世の中では最も貢献出来る時期が55歳以降であろうと真剣に思うのです!!!

もしあなたに300万程度の自由なお金ができたなら、そしてあなたに都合によっては自分の意思で再就職をすると考えたら…むしろ、早期退職してもそんな機会をつかむ事も考えられるのでは…と思うのです。

実は世の中には300万の資金で買える会社はいくらでも存在します。大半の中小企業は「後300万あれば…」というところで一旦行き詰まるものとも考えられます。
もし、いわゆる投資を中小企業に向けてみれば…もちろんその企業のオーナーとなり、その企業への再就職も自由ですし、社長になることが最適ならばそうすることも可能でしょう。

ただし、もうそれなりの歳なんですからあくまでも労働はボランテイアまたは有償ボランテイアが原則と考えてスタートしたらどうでしょう。(もし、儲かれば別途キャピタルゲインも頂けますが…)

中小企業はとは大体において経営者のどんぶり勘定でその事業体は危うくなっていくところがあります。そこを是正すればまずは再生が可能です。経験上では事業体の行き詰まりの99パーセントの確率でそこに原因があります。
社長は給料をとっていないように見えて、使い過ぎの見栄が使用経費を含めたコスト高を作ってしまっているのです。
これ(社長)をもし完全ボランテイアでこなせたら…時によってはあなたが配送(ボランテイア)運転手として仕事に従事すれば…その青息吐息の事業は確実に再生できるでしょう。

もちろん事業(経営に)には向き不向きもあれば、その事業の発展の可能性の大小もあるでしょう。
しかし、どんな場合であっても少なくとも現状のサラリーマンよりは面白くかつ充実した仕事となり、何よりも長く仕事を続けられる事は請け合いです。そして自らの意思で(定年の強制もなく)円満リタイアも可能です。(結果、決して大成功して退職のタイミングを間違うことのなきよう(笑)…)

先ずは投資(出資)です。
極めてリスクは高いのかもしれませんし、高々300ー500万だと考えるべきなのかもしれません。(私は銀行への貯蓄よりはよっぽどリスクは少ないと信じますが…)
金融関連にいながらも投資と融資や貯蓄の本来的意味がわからない人もいますので念の為注意が必要です。中小企業への投資はその大半でキャピタルゲインは求められませんし、融資ではないことより、金を返してくださいとは言えないものです。
ただし、その投資は投資先の経営に関与し、社長にもなりうるものです。(少なくとも少額投資でも発行株の過半以上を購入することになります)

問題はそんな都合のいい会社があるのかどうか?実は300ー500で助かる企業は本当に多くあり、そしてその額を事業継続優先に為に求める事も多いのが中小企業の実態です。様々な事業があるはずですから、少しでも興味のある仕事ややりたい仕事がある事業を選択できるといいのですが…
(仮に事業側から考えれば、一年で300万の現金と300万の労働力が入れば600万/年の資金繰りができるのですから…)

13年間の零細企業コンサルをボランテイアしてきた事の実感です!!
そしてそのボランテイアとしての心情は零細企業の職場の確保という一点がテーマでした。零細企業の労働者には次の仕事なんてありえない。今の仕事を給料が半分になっても続けることが正義である。こんな観点でした。
そして何よりもこの分野には資金が回らないし、人材が居ないのでした。

一からの起業ももちろん面白いでしょうが、沢山の中小企業のオーナーとしてもう一度自らも一使用人として頑張る覚悟さえあれば、300万程度のリスクはリスク足りないし、その後の長すぎる人生を充実させるに違いないと確信し我が提言とします。

(もしその気があればご一報いただければ具体策を含めて相談に乗りますよ。安心して下さい。高いコンサルフィーをボランテイアにおきかえて…笑笑)

2017 年 6 月 5 日   No Comments

前川前事務次官の勇気を無にしない為に…

やはり書いておきたいと強く思った。。。(マスメデイアがだらしなさすぎるから)

一連の報道で既にしっかり事実関係は解ったはずだ。
問題はこのような官僚がなぜ辞任し、そして個人リスクを押して記者会見までせざるを得なかったか?
何よりも報道各社の姿勢、そしてこの事に対する内閣の見解などに対して、不可解を超えて怒りを禁じ得ない。
次官の辞任は、彼が天下り発覚時の次官である以上責任を取らざるを得ない。しかし実はその全貌はもちろん彼の次官就任以前からの歴史的事実であり、もしかすれば彼が次官でなかったとすれば明らかにならなかったやもしれないとも考えられる。

それを官房長官は感想を述べる。
少なくとも彼は職責に連綿も恋々もしていないにも関わらず、官房長官は(連綿も恋々もよくわからないで入れ知恵のみで)非難する情けなさはどうだろう?
おまけに権力が事実確認を怠り、状況を感情と都合でマスコミ(読売にのみ)にリークする形の発表を行うという事だ。(まじ判断さえ出来ない官房長官が情けない!)

そして最も恐ろしい事がこの事案に対するマスメデイアの対応である。出会い系パブへ行く事の何処が問題か?
そんな通常の常識を判断できないでメデイア各社もは未だにそのことを垂れ流しに報道している。(すなわちこの報道が読売のスクープという事になるのか?)
個人のプライバシーを大本営が一部馬鹿新聞に垂れ込み、それを全否定すらできないその他のマスメデイアの状況…

前川氏の記者会見後、マスメデイアの論調は概ね前川氏には好意的に推移しだしたのではあるが、それにしても権力への忖度がありはしないか?一連の政府の発言や一部マスコミへの投げ込みに対してさえ、多少なりとも腰は引けたままの大手メデイアの体たらくでは、前川さんが守れない。未だに半信半疑にされてはいまいか?(インチキ下ネタで)
前川さんの仕事ぶりや辞め方、その後の生活ぶりをしっかり取材さえすれば一刻も早く先ずは彼の貶められた名誉回復とその会見の趣旨にこそ徹底した報道が必要であるべきだ。

この間、安保法制から共謀罪に至る安倍政権の大暴走と森友、加計問題は同一線上の問題である。全てはマスメデイアの機能が動いているかどうか(恫喝が効いているかどうか)に尽きる事もみぬかれているのだ。
民主主義という名のもとで大衆の一定の操作を行いつつ、支持をうかがう道具としてマスメデイアが機能させられてしまっているとすれば、、、、

メデイアへの期待が出来ないとすれば…このままあきらめて引き下がるのか、あきらめず一歩でも前に進むべくSNSに明日のメデイア機能を期待するしかないがどうであろう。
前川氏は止む無く名誉回復と事実関係の立証に「記者会見」という危険な賭けに出て、「事実は脚色できない」事を立証した。
日本にはまだ沢山の優秀な官僚が、国民の側に立ち公僕として頑張っているものと信じ、前川氏に続く文部官僚によるもう一刺しを期待して止まない。

一歩でも進む為には発言せざるを得ないとの正義感に頼るしかないが…

2017 年 5 月 28 日   1 Comment

酒と煙草の与太話

IMG_0067

タバコを卒業して6ヶ月が経過した…
勿論そんなに簡単な日々ではなかったし、今もその過程上にいる。この辺りで過程についての嘆き節を一席。。。

予想通り体重で7キロの増量が、果たして健康的であるのかどうか?
昔、実は一度だけきっちり6ヶ月禁煙をした事があるが、その時初めて健康診断で糖尿境界型という指摘を受けた。それまでは一切要注意はなかった。その時も体重は7キロ増であった。元より6ヶ月の限定的禁煙であったことから、ぴったり6ヶ月で解禁とし、体重も徐々に戻った。
要は我が身の卑しさからくる口寂しさが体重の増減に影響し、食べ過ぎをコントロールする為のニコチン導入という個人的役割が有ったのだと納得し、喫煙健康法と考えた。
(勿論、糖尿境界症は消え、不思議なことに肺はその後も綺麗であると言われてもいた?)

されば今回は何故、卒煙を決意したのか?
実は、心筋梗塞によるドクターストップがあったわけではなく、喫煙で命を縮める事が怖くなった訳でもない。
世論に吹く嫌煙権という厳しい逆風にさらされて、ついに行き場を失ったのだ。一生懸命働いて作った憩いの場からも、煙草は既に追放されて久しい。が…理不尽では無いかと「内心」ずっと思ってきた。

最近の受動喫煙運動は煙草愛好家にとっては精神的恐怖心を強制する。常にタバコを吸える場所を探し、おどおどする自分が存在する。完全にマイノリテイとしての辛さも感じる時代になってきたのだ。
おそらく既に嗜好品として認められている喫煙者は2割を切ったのではなかろうか?悔しいかな、時の流れであり、老人が威張って喫煙権を主張するべきも無いのだ。
ということで機会を伺っていたのだった。

実はずっと思っていたことがある。
それは残念ながらもう一つの嗜好品である酒(アルコール)を全く受け付けない体質についてである。そんな体質は恐らく全体の1割にも満たないこれまた絶対少数者なのである。飲酒解禁になる20歳以降、よく考えればアルコールにも当然ながら沢山の功罪があるのだが、余り論議されることはない。

酒を嗜まない側から言えば明らかに自らの体に良くないのはアルコールであろうと推測するのだ。嗜好品である事からの飲み過ぎは様々な病気の要素となり得るし、最悪は死に至る事も多い。恐らく全体比でおいてもタバコの比ではないだろう。そして、タバコはニコチン中毒ではあるが多くの人が、そこからは脱出が出来ている。しかし、大半のアルコール愛好家でアルコール中毒からの脱出が叶った人(強制れた場合も)を見たことがない。

一方で酒による害が嫌という程に見てきた。酔っ払う側とそれを解放する側は学生時代から始まった。飲まない人間にとってはアルコールの悪臭は堪らないのだがきっとお気づきではないだろう。飲酒運転でどれほどの人が無くなり、そしてそれを取り締まる事のコストはいかほどのものか?

「なんの酒なしの人生か」と普通に言われるのだが、何故か「なんのタバコなしの人生か」などは決して通らない。
アルコール拒否症の側をマイノリティの主張とすれば言い分など山ほどある。
そしていつしか喫煙者もマイノリティとなってしまったんだが、そこには主張する権利は全く存在しない。。。

果たして、飲酒ができずタバコを嗜む両方を合わせれば、立派なマイノリティとして言い分を聞いてもらえる世の中であってほしいと思うのだが…

タバコからの脱出はやはりきびしい道であり、それはアルコールを禁止する事の苦しさを思い浮かべてもらえればきっとわかるのかも知れない。
(そして…何よりもしょうすうはからの転向に心苦しさを感じるのだ!!!)

2017 年 5 月 18 日   1 Comment