アートのソムリエ・山本冬彦

プレミアムエイジ ジョインブログ

今朝の朝日新聞・東京版

TAGS: None

●朝日新聞の取材記事が今日の朝刊の東京版に載るという連絡があり、東京版がある直近の東西線・葛西まで行ったのですが、駅の売店が休み。駅を降りてコンビニを探しましたがなかなか見つからず、ようやく見つけた店では朝日は売り切れでした。そんなわけでまた東西線に乗り西葛西まで行ってそこのコンビニでようやく入手しました。
記事は予想外に大きく、良くまとまった内容でした。

北京のアート事情

TAGS: None

●友人の知り合いのアーテイスト岩間賢さんからの最近の北京アートシーンと展覧会のお知らせを転記させていただきます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

展覧会:「暖冬」
会 期:12月29日~ オープニング14時~
バ ス:13・15頃に798芸術区4号門駐車場
から送迎バスが出ます。
    連絡先>王薇 tel:13611074850
場 所:創意正陽芸術区  北京市朝陽区長店99
2号(蟹島渡暇村付近)

創意正芸術区参加作家:
隋建国、・小・、・・、・・、・高、・林、・・
・、黄旭、・峻、・・、
程・、沈怡 、田洪・、王豪、祝・・、岩間賢

作品展示に加え、今後の芸術区の存続や意義などふまえたシンポジウムを行う予定です。

ーーー
なぜ?「暖冬」開催経緯

798芸術区はアートに携わる皆さまなら一度は聞いたことがある名前かと思います。この798芸術区の周辺には20以上の芸術区(アトリエ群)や美術制作に関わる芸術工場やデザイン工房なども多数存在しており、数千人のアーティストが798周辺の芸術区に暮らしていると言われています。

今夏、中国政府の内需拡大政策により、これらの芸術区が点在している朝陽区東北部が大規模な再開発対象地域となり、北京市内の大半の芸術区が取り壊されることになりました。近々、日本でも何らかのかたちで報道されるかと思います。

中国では再開発に伴う立ち退き(取り壊し)は土地利権、不動産投資、借地権、家主の違法行為などが非常に複雑に絡んでおり、大きな社会問題のひとつとなっています。ぼくが暮らす創意正陽芸術区も立ち退きの対象となり、オーナーの不当な行為により、突然、水も電気も暖房など全てのライフラインが止
められ、次々と建物(アトリエや施設など)が取り壊されています。11月下旬より芸術家同士による自主運営によってどうにかアトリエを守りながら、政府や関係機関に陳情している状態が続いています。なかなか実感を伴う話では無いと思いますが北京アートシーンは大きく揺れ動いており、大きな地殻変動が起きようとしています。

今回、北京市にある各芸術区が連携し上記の展覧会「暖冬」を創意正陽芸術区を皮切りに順次開催する運びとなりました。中国アートに興味のある方をご存じでしたら是非、この出来事を転送して頂ければ幸いです。

来年も皆さまにとって良い年になりますように!

^^^^^^^
岩間賢

掲載誌2つ

TAGS: None

男の隠れ家アソシエー中身アソシエー

 

●今日で今年の仕事納めだが、来年2月に行われる「僕らの平沢重信展」の案内文と出品作品を届けるため銀座に出かける。これは特定の作家の作品のコレクターがそれぞれ自慢の作品を持ち寄って行うもので、今回の10回目が平沢重信さんである。平沢さんの作品は佐藤美術館のコレクション展にも3点出品します。
 ところで一般雑誌にコレクション展のことが掲載されますが、昨日「男の隠れ家」が発売されました。2ページにわたってアートの愉しみ方を書いています。それから休み明けの1月4日発売の日経アソシエ誌で1ページの記事がでます。尊敬する松岡正剛氏のインタビューのすぐ隣のページで、感激です。

「知の現場」

TAGS: None

●私も昔参加していた「知的生産の技術研究会」の久恒啓一さん(多摩大学教授)が監修した知的生産の賢者たちを紹介した本が東洋経済からでた。テレビなどでおなじみの寺島実郎氏のほか私の長年の友人の久恒さん、野村正樹さん、舛井一仁さんなどユニークな人の紹介されている。

※「知的生産の技術研究会」は文化勲章受章者のさんを特別顧問とする40年の歴史を持つ勉強会で、現在はNPO法人になっています。
http://www.tiken.org/

 

久恒表久恒裏

アーテイクル誌連載26回目

TAGS: None

●現実よりリアルなものを求めて   毛利太祐

ギャラリー単位で出展するアートフェアに対し、若手のデイレクター51人が個人の責任で出展するという「ULTRA002」がこの秋スパイラルで開催された。個人単位とはいうものの画廊の影はあるし、若手ということで現代アート系の漫画・イラスト風な作品や既知の作家の作品が多く、いささか食傷気味というのが実感だった。そんな中でいくつかのパートを組み合わせた血管まで透けて見える不気味なリアルさをもつ作品が眼に留まったが、色鉛筆で描いたものということに驚いた。作家の毛利太裕は東京芸大の工芸科で鍛金を専攻したのだが、「絵で食べて生きたい」ということで卒業制作展に色鉛筆の作品を出品して周囲を困惑させたらしい。当面は、日常的な普段の視点と非日常的な絵画の視点の間を埋めたいという思いを、質感、色味、光にこだわりながら、ひたすら写す事を重ねることで求めて行きたいとのこと。「筆でやれば簡単なグラデーションも時間をかけて描きながらその痕跡を消す」と語るところに工芸で養ったなにものかを感じた。

毛利作品

コレクション点の飾りつけ

TAGS: None

会場1段2会場2段1会場1段角

●会場に入ると3階、4階ともに整然と作品が並んでいた。複数出品作家は2段掛け、1点出品作家は1段掛けということで、原則アイウエオ順に並べたということですが、大きさや内容がばらばらなので、よくぞこれだけ整然と展示されたもので、さすがプロだ・・・ということで感心しました。

 作品と作品の間隔が10センチくらいしかなくてまるでオークションの下見会場のような展示なので作家の方には申し訳ないのですが、できるだけ多様な作品をたくさん見てもらいたいということでご勘弁ください。

 普通の展覧会では日本画だけとか油彩画だけ、年齢も同じような作家・・・というのが一般的ですが、今回は日本画、油彩画、版画などが混在していますし、年齢的にも上は70歳の大家から下は22歳の美大生までとコレクションだからできる展覧会です。やや余裕のない展示ですが、以上を踏まえてご覧ください

会場屏風

コレクション展準備

TAGS: None

看板たて看板ドア看板壁

 

●来年早々の佐藤美術館でのコレクション展の飾りつけですが、昨日と今日で美術館の皆さんにやっていただき、一応完了したということで、夕方見にいきました。クリスマスイブとクリスマスに161点もの作品を飾っていただき本当にご苦労さまでした。美術館始まって以来の展示数で、足と腕ががたがたするほど大変だったようです。
 美術館に着くとビルの壁、ドア、看板などがすでに予告のポスターが貼ってあり準備完了という状況です。

「地中海のほとりにて」で、コレクション展の紹介記事

TAGS: None

●レオナルドさんがブログ「地中海のほとりにて」で、コレクション展の紹介記事を書いてくれました。ありがとうございます。
http://mediterranean.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-3bd9.html

白花

いわれなき疑念

TAGS: None

赤華」●「ブログで社会は変わるか」というブログの中で私の本のことを丁寧に紹介してくれていますが、その文末に以下の文がありました。作品は一切売っていないのですから仕手のはずはないので、ブログの書き手に伝えたいのですが、本人が言ってもかえっておかしいですかね。
これは2チャンネルなどの言われなき書込み情報からだと思いますが、皆さんも全文を読んでみてください。

「・・・・余談なのですが、この人、黒い噂もあるんだけどどうなんでしょう?株で言う「仕掛ける」みたいな、仕手株みたいな事をしているという噂なんですが。
まあ噂に過ぎないですけどね…どうなんでしょうか。」

http://shiratamazenzaitsubu.blog14.fc2.com/blo…

※文末にある以下のサイトに面白い記事満載です。
アート・芸術・美術・音楽について考える~ブログ内記事リンク集
http://shiratamazenzaitsubu.blog14.fc2.com/blo…

播磨屋カフェ・銀座店

TAGS: None

●art-icle誌の最新号が出ますが、その中に佐藤美術館でのコレクション展のい告知がありますが、同誌と以下のネットで、コレクション展の招待券プレゼントがあります。
http://www.art-icle.jp/

●ところで、以前紹介した播磨屋フリーカフェの銀座店へ行ってきました。大変な混雑でとても入れる状況ではなかったので写真だけ撮ってきました。

播磨や外播磨やカウンター播磨や看板



© 2009 アートのソムリエ・山本冬彦. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.