アートのソムリエ・山本冬彦

プレミアムエイジ ジョインブログ

今日の2つの仕分け

TAGS: None

はなみづき

●今日は2つの仕分けをした。一つは佐藤美術暗に行って自宅搬送する作品のシール貼りとリスト作りで、もう一つは人形町のタグボートへ行って「第5回タグボートアワード」の一時審査だ。約300の応募作品の画像をパソコンで見て50余の作品を選んだ。とにかく体も目も疲れきってしまった一日だったが途中の花々が美しかった。

つつじ白つつじピンクつつじ赤白

久しぶりの目黒

TAGS: None

目黒目黒ポスター目黒が助演

●今日は義姉のお見舞いのため、妻と一緒に新宿区の病院へ出かけた。早稲田から外山公園などを通り病院を出た後は新大久保駅まで歩いた。その後、昔高輪台に住んでいた時によく出かけた目黒に向かった。目的は久しぶりに「とんかつとんき」に行くことだ。
 駅前には昔、目蒲線の駅と東光ストアがあった場所には第2アトレの高層ビルが建っているが、そのすぐ近くにとんきは昔どおりあった。かつては開店の30分前にはすでに行列があったのだが、今日は誰も並んでいないので、坂を下りて目黒雅叙園へ行った。ここも、かなり前にオフィス棟を建てたりして様変わりだが、最近は名物の百段階段やこてこての美術装飾などで人気があるらしくかなりの人がいた。奥の方にはいくつかのビルが建つようで、工事中でもある。それから美術館ができたようで人形の辻村寿三郎展をやっていた。
 そろそろ15分前くらいになったので、とんきに向かったが、やはり誰も並んでいなかったので1番前になったが、開店直前には10人ほどが並んだ。白木の清潔な店内は昔のままだが、昔は紡績工場の若い女工さんがきびきびと働いていた印象があるが、今日は全員男性。しばし見ていると10年前、20年前に若かった店員さんを4人ぐらい見つけたが、全体的に中年おじさん店員で、きびきびしさしさが感じられなかった。名物のとんかつはまあ昔どおりおいしかった。
※今日はほとんど写真を取れなかったし、とんきでは写真を撮れる雰囲気ではなかったのですみません。

ニュートロン東京支店での「富士山展」

TAGS: None

トロン

●京都の画廊であるニュートロンが青山に東京支店を開いてだいぶたつがまだ一度も行っていなかった。そんな中、今日から「富士山展」というグループ展があり、三瀬夏之介や山本太郎の作品が出品され、作家も交えたオープンニングがあるというので出かけた。9人の現代アート作家による富士山をテーマにした作品展で、それなりにおもしろかったが、3階建てのギャラリーの建物自体がなかなかおもしろかった。

トロン玄関トロン会場2トロン会場

ゴールデンウイークのアートイベント

TAGS: None

青山

●私は毎年ゴールデンウイークや年末年始は動かないで暦通り勤務していますが、今年の長いゴールデンウイークは画廊も休みが多いしどうしようかと思っていますが、みんなさんはどうお過ごしですか?ご参考ですが、以下のようなイベントが表参道であります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

―青参道から「GW青参道いちば」のお知らせです―
GW直前!どこか行きたいけど、予定が決まらない・・・そんな方へ素敵な休日の過ごし方をご案内いたします。青参道へお散歩がてら遊びに来ませんか?

GW青参道いちば
青参道各店で展開する、 蚤の市企画の開催内容が決定しました!

まず、若いベルリンのデザイナーを中心にセレクトしたショップ、Wut berlin前では創業100年を誇る木村硝子と「スターバックスコーヒー」のカップを始め国内外の有名レストランでのオーダー食器を手がけているSETOSEIKEIの陶磁器を展開します。普段お店で買えないアイテムを青参道価格にて特別にご提供します。

また中古家具やヴィンテージ商品を扱うH.P.DECO前のスペースには、冬のベルギーを走り回り買付をしたアンティーク、ヴィンテージの家具が入荷します。
いまや青参道名物となっている移動型カフェAllocafeもGW期間中毎日営業します。リピーター続出中の絶品クレープをまだ食べていない方はこの機会に是非お試しください。

さらに先日オープンしたばかりのBazar et Garde Manger(バザー・エ・ガルド・モンジェ)。あの伝説のフランス人バイヤー、マルト・デムランが手がけるちょっと不思議で可愛いお店には、日本ではなかなか手に入らない北欧アンティーク家具と雑貨がやってきます。ロマンティックで独特の雰囲気のアイテムをお取り揃えいたします。

詳細は添付のパンフレット、またはウェブサイトをご覧ください。www.aosando.com

皆さまお誘いあわせの上、お越し下さいますようスタッフ一同心よりお待ちしております。

【2010年 GWいちば開催概要】
日程:2010年4月29日(木祝)~5月5日(水)
時間:11:00‐18:00 (店舗は20:00まで営業)
会場: H.P.DECO東京(東京都渋谷区神宮前5-2-11)周辺

青参道実行委員会
Email: aosando@hpgrp.com
URL:http://www.aosando.com

岸本工芸の特注額縁

TAGS: None

kisimoto磯部カエルとトンボカエルと渦巻き

●前回のコレクション展では額の話もよく聞かれました。通常は作品は額付きの場合が多いのですが、画廊さんが付けたり、作家が付ける場合が一般的です。私はかなり額にもこだわりますので、気に入らないと作品のみを買って、額は自分で付けることもあります。普段は銀座1丁目の「なびす額縁店」に現物持参で依頼しますが、溝部聡作品など、こだわりの作家の場合は兵庫の「岸本工芸」さんに特注しています。以下はその岸本さんから届いたメールですが、いつき画廊さんの磯部光太郎さんの作品に興味を持ちました。

※岸本工芸さんの額縁は以下でご覧下さい。
http://www3.ocn.ne.jp/~k-kougei/seihin.htm
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

山本様
先日はArt icle等いろいろと送っていただいて、いつもありがとうございます。
内輪話ではございますが、当方、新橋に移転された、いつき美術画廊様と取引がございまして、6月14日初日の日本画の0号グループ展の内の、先出し分の数点を今日、絵画額装セットで発送したのですが、個人的に、磯部光太郎先生のカエルの絵の作品が面白いと思いました。野口満一月先生作品もかわいらしい感じで、両先生のことは全く存じませんが、御作品から、人柄が感じられました
額は今風の箱型(BOXタイプ)で、日本画日本画していなくて、洋風の部屋にも、気軽に飾れる感じです。
山本様のことですので、私どもがご案内しなくても、各方面から情報が届くとは存じますが、気が向かれましたらと思い、お礼を兼ねてお知らせまで。 敬具 岸本

山崎龍一個展

TAGS: None

山崎作品吊るされ
●画廊からのオープニングのお知らせ

さわやかな風香る五月の訪れが目前に迫って参りました。この度、”Do you remember me? Culture-bound syndrome V”と題しまして山崎龍一の個展を中落合ギャラリーで開催することになりました。
つきましては、5月15日(土)12時から17時に展覧会のプリビューそして17時から19時までアーティストを迎えオープニングリセプションを行います。ご家族、ご友人もお誘いの上、是非お越し下さい。展覧会は6月5日(土)までとなっております。本メールの最後に詳しい情報があります。
2004年、Julia Barnesは中落合の古き良き商店街の近隣に木造家屋のギャラリーを設立しました。今回の山崎の展覧会はギャラリーを駄菓子屋と化し、建物全体に山崎の作品を展示した新しい試みです。ギャラリーの台所にはペインティングとドローイングを展示し、廊下や2階の畳の部屋にも作品を展示したので、サイトスペシフィックな作品と空間を楽しめる事でしょう。
本メールに山崎の作品の写真を添付致しました。作品はオープニング当日の12時から購入可能です。下記のリンクに展覧会に関しての詳しい情報が記載されています。ご質問、ご要望がありましたらinfo@nakaochiaigalleryまでご連絡下さいませ。
http://nakaochiaigallery.com/jp/index.html

それではオープニング当日にお会いできる事を楽しみにしております。花冷えに風邪など召されませぬようご自愛下さい。
ジュリア•バーンズExhibition Details: 山崎龍一個展: “Do you remember me? Culture-bound syndrome Ⅴ”
5月15日(土) – 6月5日(土)ギャラリー営業時間: 木曜日/金曜日12時 – 17時   土曜日12時 – 18時展覧会プリビュー: 5月15日(土)12時 – 17時オープニングリセプション: 5月15日(土)17時 – 19時

Kawaii賞の公募始まりました

TAGS: None

かわいい賞

●以前に紹介しましたKawaii賞の公募始まりましたが、そろそろパンフレットが出来上がります。詳しい内容はそちらに譲りますが、審査員は私も含め以下の不思議な組み合わせですが、審査合格者の作品は、今年の10月に渋谷西武で展示されます。

●「Kawaii」は日本から生まれた表現。「beauty 」でも「cute」でも言い表せない「Kawaii」は、世界中で通用する言葉になりつつあります。Kawaii賞実行委員会は「カワイイ」アートを公募します。こんな時代だからこそ作品を通して多くの人に幸せを届けたい ・・・・

●審査員
・井出洋一郎(美術評論家・府中市美術館長)
・ミヤケマイ(アーテイスト)
・明和電機・土佐信道(アーテイスト)
・山本冬彦(アートソムリエ)
・まつゆう(ミス粒谷区)
・西武渋谷店店長

グルメ派の義娘の推薦のお店情報

TAGS: None

目白

●私はアートに一点集中で、それ以外にはあまりこだわりはありませんが、グルメ派の義娘の推薦のお店情報をメールでもらったので紹介します。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お父さんにいただいたメールですと、ランチかディナーかわからなかったのですが以下にお店リストアップさせていただきますね。
 
・若松河田の小笠原伯爵邸
 http://www.ogasawaratei.com/html/index.html
 スペイン料理のお店で、小笠原伯爵の屋敷をレストランにしています。スペイン様式の建物がとても素敵です。
 
・江戸川橋のラ・バリック
 http://www.labarrique.jp/top.html
  イタリア料理のお店で、とても隠れ家的です。
  わかりにく場所にありますがバスツアーであれば大丈夫でしょう。
 
・南青山のインシエメ
 http://www7b.biglobe.ne.jp/~insieme/index.htm
 以前お蔵のレストランと紹介したかもしれません。お父さんの佐藤美術館にオーナーソムリエの金子さんが行ってくださり、感想を教えてくれました。根津美術館の近くで、パンフレットなどもおいてあり、素敵なレストランです。
 
・下落合のぎんきょう
 http://www.ginkgo.jp/
 ここは、アートツアーのお食事どころとしては、かなりぴったりかと。外観がまず美術館のような、お蔵のようなお店です。フレンチのお店です。建物が素晴らしいのと、ミュシャの絵が飾られています。(ミュシャはちょっとというのであれば、やめた方がいいかもしれません)
 
4つほどあげてみたのですがいかがでしょうか?
どれも一軒家のレストランで、建築にこだわりのあるちゃんと食事もおいしいお店をあげてみました。

小笠原邸宅

専用バスを使ったギャラリーツアー

TAGS: None

三越バス

●先日、私の本を読んだという某百貨店の旅行部の方からメールをもらった。百貨店の上客向けに専用バスでのギャラリーツアーをやって欲しいとの依頼だ。後日詳しいお話を聞いたが、このようなお金持ちのお客さんは、もうデパートなどで買いたいものも無いので、旅行や観劇などのイベントに興味を持っているとのこと。美術館巡りはどこでもやっているが、ギャラリー巡りというのは無いので、ぜひやってみたいとのことで、私の本を読んで連絡をもらったようだ。私のこれまでの対象は現役のビジネスパーソンだが、今度の対象のようなお金持ちのシニアの人たちが息子や孫のような若い作家の作品の作品を買ってもらうとか、支援者になってもらえるかも知れないので、やってみようかと思っている。年配の方が多いので専用バスでのツアーなので、銀座・京橋だけでなく、六本木・麻布や清澄・秋葉原など都心からちょっと離れた現代アート系のギャラリーも行ける。事前調査や準備があるのでこの秋からになると思います。

銀座の不思議な仮設建物?

TAGS: None

放送大学桜

●今日は天気が良かったので、幕張駅から大学まで歩いた。普通の桜はすでに葉桜になっているのに大学の角には今を盛りに咲いている桜が1本あった。午後は御茶ノ水で仕事があったので、帰りに銀座の画廊を数軒回った。銀座1丁目の中央通を歩いていると、ビル建築用地の真ん中に仮設ショップのようなものを立てていた。黒くてしゃれた建物で、舞台のようにも見える。これがなんらなのPR用の仮設ショップならおもしろいが、まだ工事中なので分からない。

銀座の仮説店舗



© 2009 アートのソムリエ・山本冬彦. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.