アートのソムリエ・山本冬彦

プレミアムエイジ ジョインブログ

使命感に生きる人

TAGS: None

長谷川丸善be丸全アップ

●美人という外見・容姿にポイントを置いた記事を続けたが、それだけに頼っていては人気の継続は難しいし、若さや美しさを武器にする人たちは続々と出てくる。従って、この人たちも実力をより磨き、作品や生き様で勝負することを期待したい。
 そんな中、週末の新聞で、使命感に生きる素晴らしい人の記事を観たので2つ紹介する。
 一人目は今日の朝日新聞に紹介されていたアート界で活躍する長谷川祐子さん。美術界の人には有名人だが、彼女は水戸芸術館、世田谷美術館、金沢21世紀美術館を経て現在は東京都現代美術館のチーフキュレーターと一貫して現代アートの最前線で活躍してきた人だ。京都大学法学部を卒業後、東京芸大大学院の美術研究科を経て美術界に転身した人で、美術の楽しさを広めたいという使命感で活躍している。
 もう一人は28日の朝日新聞beの「フロントランナー」に出ていた丸善の小城武彦社長。以前、丸善が松岡正剛のセレクトした「松丸本舗」を開いた頃から、斜陽の大手書店も、ようやく何か始めたな・・・と思っていたが、そのバックで経営改革を進めていたのが小城社長だったことがこの記事で良く分かった。小城社長は東大法学部を卒業後通産省に入り、プリンストン大学の大学院も出ているエリート。しかし、通産省でのベンチャー企業支援の仕事を契機に若い起業家を支援するのに実業の経験をすべきということで、つたやに平社員で入社し現場経験をする。その後、志願して産業再生機構に入り、再建中のカネボウに社長として派遣され、3年前丸善の社長に就任した人だ。こんなキャリアの人なので外資系からの誘いも多かったと思うが、こんな時代の中で「日本的経営」や「書店文化」を守りながらの経営改革を使命に頑張っている。

TAGS: None

Comments are closed.



© 2009 アートのソムリエ・山本冬彦. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.