アートのソムリエ・山本冬彦

プレミアムエイジ ジョインブログ

京都造形芸術大学・東北芸術工科大学の外苑キャンパスを訪問

TAGS: None

佐藤美看板1外苑イベント旗外苑看板

●今日は京都造形芸術大学・東北芸術工科大学の外苑キャンパスである東京芸術学舎を訪問する。わが放送大学は全国に50数箇所の学習センターを持っているが、ここは京都造形と東北芸工(山形)の東京学習センターといったスペースだ。信濃町の駅が一番近いので、その前に佐藤美術館の東京芸大デザイン科卒業生のグループ展を見てから外苑キャンパスに向かった。
外苑スピーチ

 外苑の中の閑静な場所にかなり立派な校舎があり、通常はここで芸術系の社会人講座が行われているが、時々両校の関係者の展示やイベントが行われている。今日まで「ニッポン・アートネクスト」というイベントが行われていて、先日山形を案内してくれた三瀬夏之介さんたちのトークショーをやっていたし、両校の学生の展示もあり、東北芸工の近藤亜樹さんの大作なども見てきた。

外苑近藤亜樹
 事務局の若林さんにも久しぶりに会い、外苑キャンパスの運営などについて話し合った。放送大学の各地の学習センターは地元の大学・専門学校と単位互換などの交流をしているが、最近は地元の美術館との公開講座連携などを提案しているところだ。

外苑ャノべ作品外苑作品1

<文化庁>美術品補償、最大950億円 法案提出へ

TAGS: None

●以前紹介した美術展の国家賠償制度をようやく日本も採用する法案をだすという情報を友人のmaloさんからもらった。G8で採用していない国は日本とロシアだけだったらしいが、財政難の折法案はすんなり通るだろうか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<文化庁>美術品補償、最大950億円 法案提出へ

展覧会のために海外から借りた美術品が災害や事故、盗難などで被害を受けた際、50億円を超える損害については最大950億円まで国家補償する制度を導入する方針を文化庁が決めた。早ければ10月からの臨時国会に法案を提出する。展覧会主催者の保険料負担を軽減し、地方でも巨匠の名画などが鑑賞しやすい環境を図るのが狙いだ
※記事の詳細は以下でどうぞ。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100930-00000020-mai-soci

団塊モンスターとバブル女

TAGS: None

●最近読んだ痛快で気に障る本を2冊紹介します。1冊目はプレミアムエージの方は必読です。

本モンスター本バブル女

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず1冊目は高井尚之著「団塊モンスター」(文芸春秋)。これはそろそろリタイアしている典型的な会社人間である団塊の世代などカイシャにしがみつく面々のあっと驚く野蛮行為の数々を「妄走老人」たちの事件簿として紹介しているもの。団塊の世代が踏み散らした後の世代から見た団塊批判の書。読者には心当たりがあったり、そうそうこんな人いるいる・・・・と思うのではないでしょうか?

2冊目は杉浦由美子著「バブル女は死ねばいい」(光文社新書)。こちらもバブル世代の女性を切りまくった内容。ここでいうバブル世代とは1960年代後半生れでバブル期に社会人になった女性をいう。最近はやりの「アラフォー世代」と思われがちだが、ちょっと上で「オヤジギャル」が中年になった「オバフォー世代」のことらしい。こちらも「バブル脳」と衰えない「女子力」を持った彼女たちに振り回されて来た「団塊ジュニア世代」の怨念に満ちた本である。

飛行機と新幹線

TAGS: None

ダイヤモンド

回復しました。

●週刊ダイヤモンド誌の10月2日号は「エアラインvsJR」という特集だ。その中で、航空会社は国際線では格安航空会社の参入などで苦しむ中、国内では2010年から開業する新幹線の脅威を受けてますます苦境になることが出ている。これは時間だけでなく運賃でも明らかで、新幹線の優位がますます顕著になる。
 今年の12月開業の東京~新青森までは3時間20分、これまでとは39分の短縮。2011年開業の九州新幹線の博多~鹿児島は1時間20分になる。もっとも影響の大きいのは私の出身地である2014年開業予定の北陸新幹線で、東京~金沢までがなんと2時間28分になり、これまでと比べると1時間16分も短縮される。東京~小松までの航空機が完全に食われることは明らかだ。

ダイヤモンド運賃比較

アートイベントもろもろ

TAGS: None

●ギャラリー椿さんの9月27日の日記にたくさんのアートイベント情報が出ているので紹介する。一般の人にも入りやすい企画で、若手作家には機会が増えているが、画廊が単独では人を呼べなくなり、中堅以上の作家にとってはますます厳しい環境になってきているようだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

送られてくる美術情報誌や案内状をを見てみると、団体展はもちろんだが、若手のコンクール、画廊の共同イベントがこの秋盛りだくさんである。
トウキョウフォト2010(20日で終了)、東京美術青年会主催のアートアワードネクスト(今日が最終日)、東京交通会館でのヤング・アーティスト・ジャパン(10月30、31日)、西武渋谷店のカワイイ賞展(10月13日~17日)東京ミッドタウンアワード(10月28日~11月3日)、東美特別展(10月15,16,17日)、アフタヌーンギャラリーズ(10月31日)、若手ディレクターによるアートフェアー・ウルトラ(10月28日~11月3日)、クンスト・オクトーバーフェスト’10、青参道アートフェアー、美術倶楽部で開催されるコンテンポラリーアートフェアー・プリウス(11月19日~21日)などなどとても見切れないほどのイベントが催される。
画廊単独の動員力が弱まり、一堂に見られる企画が多くなり、若手コンクールでの隆盛も画廊・評論家の目線よりは美術愛好家の目線に移って来ているようだ。
いろんな形で画廊独自の力の衰退が案じられる。

秋のつれづれ

TAGS: None

●今年は猛暑から肌寒と気温の変化が激しいが、ようやく秋の気配がし、気持ちのよい季節になった。ところが、本来自然で一番良いこの季節が都会では意外とすごしにくい時期だ。電車の中、バスの中、喫茶店、建物の中など、今頃は冷房も暖房も切っている。窓でも開ければ涼しい風や外気に触れられるのだが、誰も窓を開ける習性は失ってしまっているし、あけられない構造も多い。今日などはATMまで冷暖房カットでむんむんだ。
 話は変わるが夜家で健康番組で中高年で転ぶのが一番危険なので足腰を鍛えるべきだ・・・というのを見ていて、外に出てちょっと運動して散歩に行こうと妻が言い出したので、10時過ぎに家の周りを20分ほど散歩した。こんな夜中にも歩いている人がいるが、すれ違う人はほとんどが犬の散歩だ。犬も連れないで深夜に散歩しているわれわれは何者と思われたのだろうか?散歩のための散歩犬ロボットがあるといいな、初日から夜道で転んでしまっては笑い話にもならないねなどと話しながら歩いた。
 散歩中、草むらで虫がしきりに鳴いているし、雲の晴れ間には月や星が見え、秋も本格的になっている実感を得た。さて今後も続くか三日坊主になるか???

YOUNG ARTISTS JAPAN

TAGS: None

●前回の記事と同じ10月30、31日にはタグボートが主催する新進アーティストの登竜門イベント“YOUNG ARTISTS JAPAN”も開催されます。以下に概要を紹介します。
詳細は以下のサイトもご覧ください。
http://www.tagboat.com/event/2010YAJ3/index.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
○タグボートが主催する新進アーティストの登竜門イベント“YOUNG ARTISTS JAPAN”も今回で3回目を迎えることとなりました。
10月30日、31日(29日にプレビュー)の2日間、有楽町の東京交通会館にて新進アーティストによる約130ブースの展示会が開催されます。 同時期には3つのアートイベントの開催も予定されております。 中央区のギャラリーによるビール付バスツアー「クンスト・オクトーバーフェスト」、ディレクターを単位としたアートフェア「ULTRA003」、青山と表参道の界隈での アート展示「青参道」と、この期間には東京がアートイベントで満載となります。
タグボートの“YOUNG ARTISTS JAPAN”の特徴は、プロを目指すアーティストに対し、「次へのステップ」と「作品に対する評価」を提示することです。
今回、約20人のギャラリストが審査員として参加アーティストの作品を評価して頂くこととなりました。 多くのアートイベントが重なるこの時期にこそ、大きなチャンスがあり、その中でも確実にギャラリストが集まるこのアートフェアに参加することで プロのアーティストとして飛躍への大きな一歩があるのです。

////////////////////////////////////////////

※maloさんからの以下の情報、面白いです。

【英国の芸術戦略から学べること】
http://www.connected-uk.org/jpncurators/?p=168
羨ましいとすら思うほどです。

秋のアートイベント

TAGS: None

※写真を載せられない原因がまだ不明ですので文章のみ載せます。

●芸術の秋を迎えてアートイベントもたくさんありますが、今日はart_icle誌に出ていた「銀座のギャラリー巡りツアー」を紹介します。
日程は10月31日で13時~と15時~の2回、それぞれA~Dの4コースに分けて募集中です。
詳細は以下のサイトでどうぞ。
http://www.art-icle.jp/

※あいにく私は新潟でのコレクション展での美術館トークと新潟市内のギャラリーツアーで東京にはいません。http://www.hanga-cobo.jp/sakiyu/gallery.html

アメーバブログのご紹介

TAGS: None

  私のアート日記をご愛読いただきありがとうございます。

現在プレミアムエージの方が写真を掲

載できない状況ですので、回復するま

では以下のアメーバブログの方をご覧

ください。

http://ameblo.jp/0761226555/

銀座のギャラリー巡りツアー

TAGS: None

●芸術の秋を迎えてアートイベントもたくさんありますが、今日はart_icle誌に出ていた「銀座のギャラリー巡りツアー」を紹介します。日程は10月31日で13時~と15時~の2回、それぞれA~Dの4コースに分けて募集中です。詳細は以下のサイトでどうぞ。 http://www.art-icle.jp/

※あいにく私は新潟でのコレクション展での美術館トークと新潟市内のギャラリーツアーで東京にはいません。http://www.hanga-cobo.jp/sakiyu/gallery.html



© 2009 アートのソムリエ・山本冬彦. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.