アートのソムリエ・山本冬彦

プレミアムエイジ ジョインブログ

今朝の朝顔

TAGS: None

朝顔よしず紺朝顔横薄茶朝顔

META X展<日本画>

TAGS: None

 

メタメタうちわメタ会場●今日は日本橋高島屋のMETA X展<日本画>を見に行く。

期間:7月27日(水)~8月15日(月)

伝統を踏襲しつつ、現代の表現に取り組む日本画家13名の作品展です。大作が中心で見ごたえがありますが、メンバーのうちわ作品も面白いです。
■出品作家名(敬称略・50音順)
市川裕司、酒井祐二、佐藤裕一郎、竹内啓、樋口広一朗、峰岡正裕、梶岡俊幸、金子富之、斎藤典彦、長沢明、吉田有紀 

森山知己さんのいい仕事

TAGS: None

森山たこ

●旧知の日本画家で岡山に居を移して久しい森山知己さんから久しぶりに以下のメールが届いた。岡山で着々と「良い仕事をしてますね・・・・」と言いたい。近ければぜひ見たい展覧会ですが、岡山方面の方にお勧めします。

山本 勝彦様

ご無沙汰しています。近々こんな個展をいたします。
田舎で細々?元気で制作しています。http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/newcon/news/2011/072901/index.html

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
森山 知己さんのブログも面白いです。
http://plus.harenet.ne.jp/~tomoki/index.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

森山梅

森山竜

上杉隆・鳥賀陽弘道さんの「報道災害:原発編ー事​実を伝えないメデイアの大罪」(幻冬舎新書)

TAGS: None

上杉本

●今日の新書は上杉隆・鳥賀陽弘道さんの「報道災害:原発編ー事​実を伝えないメデイアの大罪」(幻冬舎新書)です。中国の報道を​軽蔑していますが今の日本のマスコミは「報道ではなく広報だ」、​本当のことを何も知らされていない・・・と説いています。
●たとえば、以下の国会中継もマスコミでは観られません。ちょっ​と長いけれどぜひ見てください。
H23.7.27 衆院厚労委員会 児玉龍彦参考人 3.21の​雨

http://www.youtube.com/watch?v=O9sTLQSZfwo&feature=topvideos_mfh

MITSUKOSHI×東京藝術大学

TAGS: None

「MITSUKOSHI×東京藝術大学展」が8月10日(水)~16日(火)まで日本橋三越本館6階 特選画廊/美術サロン/工芸サロン/アートスクエアで開催されます。

【夏の芸術祭― 次代を担う若手作家作品展】

大学院在学生以上で、40歳未満の東京藝術大学出身作家による選抜展です。
日本画、油絵などの平面作品から、彫刻、工芸などの立体作品まで各作家1点、現役教授陣が推薦した総勢120余名の作品を美術フロア全体で一堂に展覧されます。

【開催記念シンポジウム】
8月10日(水)午後1時~  本館6階美術特選画廊にて

アートフェア東京始まる

TAGS: None

アートフェア玄関2

●今日はアートフェア東京の特別内覧会ということで4時半ごろから会場へ行く。今回はゴールドカードの枚数をかなり制限したこともあり会場内は意外と人が少なくゆっくり見られる。会場を一渡り見てまわったが、知り合いの作家や画廊さん、それにヴィップコレクターなどたくさんの人に挨拶。土曜日にゆっくり見るつもりなので、今日はざっとした下見ということで、チャリテイーの簡易うちわを1点買ってかって退場。ちょうど6時からのオープニングプレビューに参加する人たちが入り口にたくさんいて、夜は混みそうな気配だ。

アートフェア田村アートフェア会場

アートフェア阿部コーナー

近況メモ

TAGS: None

へちま2階へへちま華

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●大学のグリーンカーテンのへちまがようやく2階の窓まで届き始め、黄色い花も一つ見つけました。

●熱中症対策として携行している食品です。

塩あめ

イラスト投稿サイト活況

TAGS: None

イラスト記事

●「今、イラストレーターアートがおもしろい展」のまとめを書いたところだが、今日の朝日新聞の文化欄に「イラスト投稿サイト活況」という宮本茂頼氏の記事が出ていた。プロやアマを含めたポップカルチャーから生まれた現代の「絵師」たちの間でイラスト投稿サイト「Pixiv」が活況で、登録会員が320万人、月間アクセスが25億回に及ぶという。これは、「絵を描くソフトが安くなり、描き方講座もネットや雑誌で公開され、学校で習う必要もない。そこに大勢に見てもらえるネット上の発表の場ができた」ことと「新しいイラストレーターを求める業界の人のほとんどがPixivを見ている」からだ。そんな中、現実の展示空間の必要性も高まったということで、村上隆のカイカイキキとPixivが共同で中野に専用ギャラリーをオープンしているし、「美術手帳」も6月号でPixiv特集をした。デジタル環境で制作されるイラストには油絵やアクリルと違った質感があるということで、現代の浮世絵とか、新しい現代アートジャンルとしての可能性が期待できる。今回企画した「今、イラストレーターアートがおもしろい展」は期せずしてこの流れに合致した試みだったようだ。

「今イラストレーターアートがおもしろい」展ありがとうございました

TAGS: None

イラスト展裏表案内

「今イラストレーターアートがおもしろい」展もようやく終了しましたが、暑い中来ていただいた皆様ありがとうございます。また参加の作家の皆さんご苦労様でした。準備開始が遅いようでどうなるかとやや心配していましたが、すばらしいチームワークでオープンを迎えさすがプロ集団と思いました。

今回は私の提案での新しい試みでしたが、参加作家の負担になるだけに終わったらどうしようというのが一番の心配でしたが、私の友人知人などを含め合計26点の作品を買っていただいたり、大先輩のコレクターが美大の講座の教材にしたいとか、美術雑誌の記者に新しい版画として認知してもらったり・・・などのうれしい反応を得ています。
 また、オーナーの荒井さんからも以下のようなメールをいただきました。

「初めて来られた方も多く、ギャラリーを知ってもらうよい機会にもなりましたし、今までのコレクターさんも新しい試みに興味を持って見てくださいました。webでイラストレーターの方の作品を見てファンだったけれど、実物を見ることができてよかったという方も多かったようです。 パネルに近付いて見たり、離れてみたり、細かいところも見られるし、やはりパソコン上で見るのとは全然違うようで、感激していました。web上の作品だけでなくブログも読んで人柄にも魅かれるのではないでしょうか。」

 ご来場いただいた皆さん、作家のみなさん、オーナーの荒井さん、そして今回の美術印刷に協力いただいた羽陽印刷さん、本当にありがとうございます。

高校野球の県大会で母校が準決勝に

TAGS: None

高校野球の県大会も終盤になっているが郷里の石川県の予選で母校​の小松高校がベスト4になったようだ。残った学校は星陵、遊学館​、金沢というスポーツ有名校の中で進学校である小松高校がここま​で来たのは奇跡的に思えるが、取り合えず遊学館との準決勝頑張っ​てほしい。
http://www.hokkoku.co.jp/subpa​ge/LS20110725601.htm



© 2009 アートのソムリエ・山本冬彦. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.