JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

持病がまた出た・・・・・

TAGS: None

大分前のブログでも書いたように、私には音楽的持病があります。それは、「女性ボーカル特定曲衝動買い症候群」です。「Close Your Eyes」、「I’ll Wait For You」、「I’m A Fool To Want You」、「Windmills Of Your Mind」・・・などが、私がその症候群に冒されている代表的なウィルス感染曲のいくつかですが、その中に「Comes Love」という強い感染力を持った曲があります。この曲が収録されていれば、歌手が誰であろうとお構い無しに、すかさずCDを買ってしまうという症状が表われます。(レコード会社には内緒ですよ・・・・)
「Stacey Kent」でこの曲に感染して以来、「ティアニー・サットン」、「ジャネット・サイデル」、「コニー・エヴィングソン」と「発症」を繰り返し、いまだに一向に治る気配がありません。

先日、その症候群が再発しました。CDショップをぶらついていたとき、偶然眼に入ってしまったのです。たちまち、発症してしまったのです。イタリアの女性ボーカルで、ズバリ、「Alice Ricciardi/Comes Love」というアルバム。のっけの1曲目から「Comes Love」が入っているではありませんか。あっという間に感染して衝動買い、早速家へ帰って聴きました。

この「Comes Love」、5/4拍子という、かって「デイヴ・ブルーベック/Take Five」で一躍有名になった変拍子で歌われる。この拍子でベースとのデュオで始まるアレンジが、極めて新鮮でいい。声は、聞いた瞬間「ああ、ジャズ声!」とわかる、わずかにかすれるパンチの効いた声で、たまらない。
スウィンギーな曲中心のアルバムではあるが、M5「I’m Gonna Laugh You Right Out Of My Life」のようなバラードでも、しっとりと安定した歌唱力をみせる。

彼女を、サポートする若手のイタリア・ジャズマンたちも小粋で、スインギーで、熱気あふれる好プレイを展開しているのも心地よい。さらに、このブログでもとりあげたイケメン・トランペッター、ファブリッツィオ・ボッソ(「いにしえのトランペッター ~夏が来れば思い出す・・ ~」参照)がスペシャル・ゲストとして2曲参加(M5,M12)している事も注目です。

HMVデータのデータによれば、「Alice Ricciardi」は1975年イタリア・ミラノ出身のシンガー。プッチーニなどを輩出したジュゼッペ・ヴェルディ音楽院に入り、バイオリンとピアノを学び、1995~1999年の間ミラノ国際音楽アカデミーにて、一足先にJAZZシンガー・デビューを果たしている「Roberta Gambarini」(拙稿「Cool Biz ~定年考 続き」参照)、などと共にヴォーカルの勉強もスタートさせたという。2002年にはフランスにて、ヨーロッパでは名の知れた学位F.N.E.I.J.(ジャズとモダン・ミュージックの指導者としてヨーロッパ中で教えることができる免許)を取得。2005年にはインターナショナル・モントルー・ジャズ・フェスティバル・ヴォーカル・コンペにて2位に入賞。そして2006年ニューヨークで行われたIAJE(国際ジャズ教育者協会)に招待されリンカーン・センター DIZZY’S CLUBにてパフォーマンス。その後N.Yで様々なアーティストと共演するチャンスを得ることでたくさんの経験を積み、満を持してのCDデビューとなったらしい。

本作はItalyのEMIブルーノートよりリリースされた彼女のデビュー作品。発症して大満足の1枚。先述の「Roberta Gambarini」とならんで、これから活躍が期待されるイタリアン・JAZZ・バンビーノだろう。

Amazonにデータがなかったので、HMVのDBとリンクしておきます。

「Alice Ricciardi」

読むJAZZ(4)   ~ 鳥類学者のファンタジア ~

TAGS: None

このブログの読者「堅気の勤め人@横浜」さんから、「読むJAZZ」へのコメントを頂きました。それは、「奥泉光/鳥類学者のファンタジア」のおすすめであった。この本、たしか4年ほど前に買ったが、あまりの超長編(文庫本で約750頁ほど)のため、躊躇したまま本棚にしまい込み、すっかりその存在を忘れてしまっていた。氏のコメントでそのことを思い出し、早速読んで見たが、JAZZファンにとっては、実に面白い、まさに「読むJAZZ」に値する本であった。

まず「タイトル」からして、うれしい。JAZZファンなら、「鳥類学者」の「鳥」が、かのビ・バップの創始者「チャーリー・“バード”・パーカー」を指していることは容易に想像つくであろうし、主人公である女性JAZZピアニストの「フォギー」こと池永希梨子は、「バド・パウエル」を敬愛する「ビ・バッパー」を自認しているが故の「鳥類学者・・・」というタイトルであることも納得がいく。さらに、パーカーの曲に「鳥類学/Ornitholgy」と言う有名曲があり、タイトルにも三重の仕掛けが施されている。

ストーリーはといえば、フォギー・希梨子が国分寺のライブハウスで演奏中に、「柱の陰に誰かいる・・・」という不思議な感覚にとらわれ、1944年冬、ナチスの敗色濃厚なベルリンにタイム・スリップして大冒険が始まる。そして「フィボナッチ数列」、「オルフェウスの音階」、「ピタゴラスの天体」やら、キリストを刺したといわれる「ロンギヌスの聖槍」などが彩る、オカルト色一杯のファンタジーが展開される。やがて最後は、舞台は1945年のニューヨーク、ハ-レムのビ・バップ発祥の地といわれる伝説のJAZZクラブ「ミントンズ・プレイハウス」へと移り、マイルス・デイヴィス、セロニアス・モンク、マックス・ローチらが集う、ビ・バップが誕生するJAZZの歴史の瞬間に立会い、「フォギー」もセッションに参加し、最後はなんと「チャーリー・パーカー」の演奏を聴いて、JAZZの本質を確証し、気がつけば国分寺のライブハウスへ戻る・・・。 

このブログでJAZZを文章で語ることの難しさと未熟さを痛感していたが、この小説を読むにいたって一層その想いが強まった。
いわく、「アイデアや閃きを間髪をいれず腕と指の動きにもたらす瞬発力は反復練習によってしか鍛えるしかなく・・・」といった音楽への姿勢や、「右手と左手の打鍵のずれでもってリズムをつくりだしながら・・・・」というようなライブハウスでの演奏の描写に生き生きとしたプレイヤーの内面が見事に描かれている。これも実際にJAZZバンドでフルートを演奏するという奥泉氏のジャズ感が随所に垣間見られる。終章「ミントンズ」でのビ・バップの立役者たちによる白熱のセッションの描写も、実際に演奏が眼前で展開されているかのような錯覚さえ覚える。
そして最後の解説は、あの「山下洋輔」。山下洋輔をして「この作品をジャズとジャズマンと柱の陰の聴き手への壮大なオマージュとして受け取る喜びを分かちあいたい。」と最大級の感謝と賛辞を贈り、主人公フォギーのバンドのテーマ曲である「Foggy’s Mood」を作曲し、その楽譜が記載されている。
また、この曲は、奥泉光オフィシャルサイト「バナール主義」の作品リストで、本人のフルートを含むカルテットで聴くことが出来る。

国分寺のライブハウスから始まって、そこへ戻って終わるという、リアルタイムで言えばステージとステージの休憩のほんのつかの間の壮大なファンタジー、「鳥類学者のファンタジア」。山下洋輔氏も言っているように、「ただ一度のアドリブ・ソロの中に、プレイヤーたちはこれだけの夢を見ているのだ」というその壮大な夢とJAZZの本質に迫る「読むJAZZ」。これぞ、JAZZファンにおすすめの書である。

鳥類学者のファンタジア (集英社文庫)
奥泉 光 / / 集英社
スコア選択:

チャーリー・パーカーに憧れてジャズ・ミュージシャンになったという、現代っ子「矢野沙織」のアルバムから。日本のハイティーンの女の子が、ニューヨークのJAZZクラブで,アルトサックスを絶好調で吹きまくるその痛快さ。

PARKER’S MOOD~Live in New York
矢野沙織 / / コロムビアミュージックエンタテインメント
スコア選択:

サルバドールからの手紙

TAGS: None

140_1.jpg
いやぁ 大変懐かしい名前をCDショップで見つけました。 「アンリ・サルバドール(Henri Salvador)」。

1917 年7月、カイエンヌ(フランス領ギアナ)生まれ。両親はグアドループ島出身で、カリブ族の血を引く母を持つ南米出身のフランス人歌手。ジャンゴ・ラインハルトなどとも共演し、1940年代から60年代にかけて、JAZZ、ロック、POPS、ボサノバなど様々なフランスの音楽シーンで活躍した。たしか、ボサノバを最初にフランスに紹介した男としても有名だったとも記憶している。

1957年に彼が発表したヒット曲「Dans mon ile (私の島で)」は、アントニオ・カルロス・ジョビンに影響を受けて、ボサノバ風につくった曲であり、2004年に「カエターノ・ヴェローゾ」はこの曲をカバーし、オマージュとして彼に捧げたという。

さて、アルバム「サルバドールからの手紙」。このアルバムが日本で発売された2001年で、彼は当時84歳だというからおどろきである。すべて未発表曲13曲で構成されているが、「ボクは昨日生まれ、今日生き、明日死ぬ」というポリネシアのことわざを大事に守って84年間生きてきた一つの到達点を示している。そのことは、「こもれびの庭に」、「眺めのいい部屋」、「人生という名の旅」、「毎日が日曜日」、「生きてるだけじゃ駄目なんだ」・・・・などの収録された曲のタイトルをみても強く感じることが出来る。

とても「84」という歳を感じさせない、艶のある渋い声が、どの曲も心地よく響かせるが、イージーリスニングなどという言葉はまったく当てはまらない、「深み」や「ウィット」を感じる。私はフランス語は分からないので、訳詩に頼るしかその意味は理解できないのだが、一度聴いたら忘れがたい、彼の声によって、まさに歌うがごとく語られる「人生の物語」、「永遠の物語」である。

そして、アルバム・ジャケットのすがたも粋で伊達なフランス洒落男。

サルヴァドールからの手紙
アンリ・サルヴァドール / / EMIミュージック・ジャパン
スコア選択:

2008年2月13日、動脈瘤破裂のためパリの自宅で死去。90歳没。

そのことを知らずに、アルバム・ジャケットの「粋さ」と「忘れがたい声」に惚れて、ついCDを買ってしまったが、直後に彼の死を知り、この「手紙」がまさに彼の遺書となってしまった。

合掌 ・・・・・・・・・・。

60歳過ぎたら聴きたい歌(14)~What A Difference A Day Made~

TAGS: None

山本冬彦氏のブログで読んだと思うが、人生約81歳として、日数で数えると(日齢というらしいが)、「30,000日」になるそうだ。そうすると、60歳で定年を迎えると、残りの日齢は、「8,000日」ということなる。
この「8,000日」をどう過ごすのかが、我々シニアには大きな課題である。この「8,000日」を「長い」と見るか、「短い」と見るか、さらに経験や見識を積み上げていく「積み重ねの日々」を送るのか、今まで積み上げてきた価値観を、糧や源泉として、生きていく「日めくりの日々」を送るのか、その選択も、人それぞれの生き方であろう。

今回の「60歳過ぎたら聴きたい歌」は、「What A Difference A Day Made」。スタンダードの超有名曲で、ボーカルは勿論、本当に、たくさんのプレイヤーが歌ったり演奏している曲。タイトルの日本語訳は、「縁は異なもの」と訳されているが、その歌詞の内容は、「たった一日でこんなに変わってしまうなんて」と、恋に落ちた女性の心境を歌った歌である。

定年後の残りの日齢「8,000日」をかんがえると、「積み重ねの日々」型にしろ、「日めくりの日々」型にしろ、一日一日の重みを大事にして、「What A Difference A Day Made!」といえる日々を過ごしたいし、「縁は異なもの」いえるような、いろいろの人との出会いを大事にしたいものである。

この歌も、「名曲に名唱あり」で、選ぶのに本当に困ってしまうが、「Marlena Shaw」、「Lady Kim」の二人を選んでみた。

個性派、「Marlena Shaw」。1942年生まれというから私よりも年上。デビュー当時の、あの超イケイケのアフロ・ヘアからは、もう30年も経ってしまったんですねえ。そんなもうベテラン・ジャズ・シンガーのアルバム「ライブ・イン・TOKYO」に収録された、「What A Difference A Day Made」。円熟したJAZZシンガーとしての魅力と、30年の年輪とともに落ち着きと、深みを増したこのシンガーの歌唱力が、なんとも言えない味を醸し出す。円熟のシニア・JAZZファンにおすすめする傑作。

B00006IIGT.09.MZZZZZZZ.jpg
ライヴ・イン・トーキョー
マリーナ・ショウ / Village Records
ISBN : B00006IIGT
スコア選択:

「レディ・キム Lady Kim」。このひとの歌は、本当にいい雰囲気を持っている。最初聞いたときは、ロリータ系と思った。特に、デビュー作にはその傾向が強く感じられる。しかし、この、「What A Difference A Day Made」が収録されている、第3作「枯葉」では、ロリータ調の甘え声は薄れ、ピアノトリオをバックに、彼女本来の特長であるとおもわれる、スモーキー・ボイスが魅力をかきたてている。ビリー・ホリディを主人公にしたミュージカル「レディ・ディ・アット・エマーソンズ・バー&グリル」で脚光を浴びたので「ビリー・ホリディの再来」とも称されたが、そんな冠を与えずとも、女性JAZZボーカル・ファンは、決して彼女を見逃しはしないだろう。
彼女の歳は把握していないが、ジャケットを見る限り、30後半あたりか。「人生酸いも甘いも分かる」年齢とは思えないが、その歌唱はしっとりと落ち着いて、人生の深みを感じさせる。「What A Difference A Day Made」は、ドラムの「グラディ・テイト」(こちらは人生を積み重ねた古参のドラマー)とのデュエット。

B000EGD0C0.09.MZZZZZZZ.jpg
枯葉(紙ジャケット仕様)
レディ・キム / Village Records
スコア選択:

「♪  たった一日でこんなに変わってしまうなんて
     たったの24時間がいつも雨が降っていた私の心に
      太陽の輝きと花を運んできてくれた
       昨日までの私は、ブルーだったが
        今日からは私はあなたの一部のよう
          さびしい夜はもうさようなら
             あなたが「君は僕のもの」と言ってくれたから    ♪」

作詞・作曲;Maria Grever(メキシコ) ;Stanley Adams(英語詩)



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.