JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

我が青春のジャズ・グラフィティ(3)  ~我が愛しの異邦人~

TAGS: None

P1010653.JPG
(写真は1967年大学3年生の時行ったバンドのリサイタルのパンフレット、表紙の稚拙なイラストは私が描いたもの)

1年の浪人を経験したあと1965年に大学に進学し、仙台で生活することになって、始めて本格的に音楽に目覚めたといえる。当時の学生達が異性と出会う場といえば、各学生クラブが資金稼ぎのためにこぞって主宰する「ダンス・パーティ」であった。略して「ダンパー」での人気学生バンドは、JAZZクインテット「ファイヴ・スポッツ」とハワイヤン・バンド「カウラナ・アイランダース」。「ファイヴ・スポッツ」はニューヨークにある有名なJAZZクラブ「5 Spot」をバンド名とし、そのテーマ曲は「Five Spot After Dark」。ダンパーのオープニングでこの曲を聴くともうそれだけでぞくぞくしたものだ。受験などで封印されていたJAZZや音楽への憧れが一気に解き放たれたのである。そして「カウラナ・アイランダース」の十八番に「熱風」と言う和製ハワイアンではあるが、すごくJAZZYな曲があり、いまでもお気に入りの曲となっている。

「カーティス・フラー」のトロンボーンと、「ベニー・ゴルソン」のサックスの出だしのユニゾンが一世を風靡した「5 Spot After Dark」は、ジャズ喫茶で必ずといっていいほどかかっていた人気盤「ブルースエット」に収録。

ブルースエット
カーティス・フラー / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B000AHQF52
スコア選択:

自分の音楽をハワイアンと定義されるのが嫌いだったらしく、「ハワイアン楽器を使ったポピュラー音楽であり、JAZZをやっているんだ」と自分の音楽を語っていた大橋節夫氏。今聞いても軽快でスウイングするJAZZYな曲「熱風」も忘れられない一曲である。

ハワイアン・ルネッサンス
大橋節夫 ハニーアイランダース / コロムビアミュージックエンタテインメント
ISBN : B00005EPHW
スコア選択:

やがて軽音楽部に入部し、「The Strangers」という名のエレキバンドを結成するまでにそう時間はかからなかった。その頃、ギター部に所属していた、Si君(リードギター)、このブログメンバーの神童覇道君(ドラムス)と私(ベース)を核に、O君(サイドG)、A君(SAX)が加わり、5人でスタートした。当時エレキといえば「不良」の代名詞。それはともかくとして、大音量のため、とにかく困ったのは練習場所。練習場所は、迷惑にならない場所にあった学生食堂を、何とか拝み倒して、営業時間後の夜と休日に借りて練習したように思う。指にたこができ、指紋が無くなり、声が出なくなるほど、本当によく練習した。そして、バンドがデビューしたのは1966年、大学2年生のときであった。しばらくたって、サイドGのO君がサイドG/キーボードのH君に代わり、マネージャーとしてSa君も参加してくれたので、メンバー編成だけを見ると、「ブルー・コメッツ」と同じ編成であったし、事実、ブルコメが、「ブルーシャトー」でレコード大賞をとった後の仙台コンサートで前座をつとめたなんて想い出もある。Si君、O君は残念なことに鬼籍に入ってしまった。

やがて、ダンス・パーティなどから出演依頼が来て、だんだん人気が出てくるにつれ、ちょっとJAZZYなエレキバンドといったカラーにまとまっていったかな。バンド活動は、就職活動が始まる4年生前半までの約2年間ちょっと。工学部は私一人だったので、その両立も大変であったが、何とか卒業できた。女子学生の後援会なんてものも出来、また生意気なことに、3年の時には、リサイタルなんてものも開かせてもらい、まさに全速力で駆け抜けた青春だった。

「ジミー・スミス;ザ・キャット」。我々がJAZZらしきものにチャレンジした記念すべきナンバー。ルネ・クレマン監督「危険がいっぱい(1964)」という当時人気絶頂の「アラン・ドロン」、「ジェーン・フォンダ」主演のフランス映画の主題曲である。、「TVスパイ大作戦(ミッション・インポッシブル)」「燃えよドラゴン」のテーマでおなじみの「ラロ・シフリン」のアレンジによるゴージャスなオーケストラをバックに、ジミーのオルガンが冴え渡る曲。JAZZバンドならいざ知らず、これをレパートリーとする学生エレキバンドは、ほかには皆無であったろうが、我がバンドに新しいJAZZYなキャラクターを付け加えるレパートリーだった。

The Cat
Jimmy Smith / Verve
ISBN : B0000069NA
スコア選択:

そして、当時のダンスパーティでは「モンキーダンス」、「ゴーゴー」が主流であったか。そんな時代を反映して、そのころ「ラムゼイ・ルイス・トリオ」のソウルフルな演奏の「ジ・イン・クラウド(1965)」が、フュージョン(当時はジャズロックといった)ブームを巻き起こしていた。
そんなフュージョンのさきがけともいえる「ハービー・マン/カミン・ホーム・ベイビー」をレパートリーに入れたのもこのころ。マンの天衣無縫なフルートが自在に舞う、「カミン・ホーム・ベイビー」は、1961年に大ヒットしたジャズで、アルバム「ハービーマン/ヴィレッジ・ゲイトのハービー・マン」に収録。

ヴィレッジ・ゲイトのハービー・マン(完全生産限定盤)

ハービー・マン / ワーナーミュージック・ジャパン


そして、当時、われわれがコピーした「ベンチャーズ」の演奏のほうが、たぶん有名であった「デューク・エリントン/キャラバン」もJAZZからのナンバー。
’60ごろに人気があったアメリカの私立探偵を主人公にしたTVドラマシリーズのテーマで、SAXのソロが売りのヘンリーマンシーニ作曲「ピ-ター・ガン」。ウエストコースト派のクールジャズ、こんなJAZZYな曲をよく取り込んだものだ。A君のSAXの腕は相当なものだった。

我々のバンドのメンバーは誰一人としてプロへ進もうなどとは思わなかったが、当時の仙台で活動していたアマチュア・ミュージシャンには、やがてプロの道へすすんで行った「青葉城恋唄」の「さとう宗幸(1949年生まれ)」、TVドラマ「時間ですよ」のお涼さん役、「篠ひろ子」などがいた。たしか「篠ひろ子(1948年生まれ、旧姓沼澤博子)」は、現役の東北学院大学の女子大生で、東北放送のテレビ番組「ホリデー・イン・仙台」のアシスタントとして出演していた。170cmちかい長身で、際立ってオーラがあったのを覚えている。
そして、当時、工学部建築学科に、のちに「オフコース」を結成する「小田和正(1947年生まれ)」がいたはずであるが、音楽活動をしていたかは不明である。

青春のJAZZグラフィティ/バンド編は、
7)カーティス・フラー・クインテット;5 Spot After Dark (アルバム「Blues ette」)
8)大橋節夫とハニー・アイランダース;熱風
9)ジミー・スミス;ザ・キャット
10)ハービー・マン;カミン・ホーム・ベイビー (アルバム「ヴィレッジ・ゲイトのハービー・マン」)
11)ラムゼイ・ルイス;ジ・イン・クラウド
12)ヘンリー・マンシーニ;ピーター・ガンのテーマ
13)デューク・エリントン;キャラバン

TAGS: None

8 Responses to “我が青春のジャズ・グラフィティ(3)  ~我が愛しの異邦人~”


  1. carmenc
    on 10月 23rd, 2016
    @ 9:02 AM

    驚きました!
    まさにストレンジャーズ!!!
    日の出会館通いました(笑)
    ちょっと代が違うようですが…
    テナーサックスがK、リードギターがI、サイドがO、
    ベースがS、k−ボードがT、ドラムがMです。
    彼等が有楽町のスタジオでレコーディングしたレコードを持ってますよ。

    先ほど書いたAの友人(元カレ)は大屋地さんと同じ代だと思います。


  2. 大屋地 爵士
    on 10月 24th, 2016
    @ 4:58 PM

    carmenc さん  コメントありがとうございました。不思議なご縁のようですね。昭和40年入学のメンバー5人でバンドを立ち上げました。「ザ・ストレンジャーズ」の初代です。ほどなくサイドGがH君に変わり、マネジャーS君が加わりました。日の出会館はダンスパーティでよくお世話になり、河内記念講堂ではリサイタルまがいのことも ・・・。メンバー中、リードGのS君は若くして他界、その他のメンバーも就職しましたが、アルトSAXのA君とドラムのM君はその後アマチュアながら音楽活動を再開し、A君は何回もリサイタルを開いています。そして当ブログの編集長が、ドラムのM君で、彼のブログ、「勝手にシンドバッド」を読んで頂ければ、現在の活躍ぶりがお分かりいただけると思います。私は、ベース、リードボーカルを担当していました。就職してからは、会社の軽音などに属していましたが、いまは聴くばっかりです。コメントにありました「リードギターがI」、もし one color君、サックスが riverside君 なら間違いなく2代目のストレンジャーズでしょう。いやなつかしいです。卒業以来、元気にしているでしょうか。


  3. carmenc
    on 11月 5th, 2016
    @ 9:06 PM

    お返事に気付いてなくて諦めてまして
    たった今、気付いて遅くなりました。
    初代の方だったんですね!
    私が知ってるのは2代目なんですね。
    でも多分、初代の方達の演奏を一度見ている気がします。
    AというバンドかSか不確かですが
    リードボーカルかサックスの方の映像が記憶から浮かんできます
    細くて背の高い方だったような…
    one colorは母校で教授になっていて、
    サックスはbear valleyで大手建設会社の東京勤務で、
    昔過ぎて曖昧ですが、一度お会いしてると思います。
    ベースのSは大手電気の関西勤務でした。
    実はバンドSは私の青春と言えます。
    熱烈な片思いしちゃったので(笑)

    それからT大工学部の方たちが卒業前に気楽にバンドをということで
    たまたま私がそこに参加することになったのですが
    その方達の中に元Aのベース(22年生まれ)がいました。
    もう一人、違うバンドのOBもいたような…
    もしかしたらSの方かもしれません。

    懐かしいです
    「勝手にシンドバッド」をあとで拝見させていただきますね。


  4. 大屋地 爵士
    on 11月 6th, 2016
    @ 6:02 PM

    carmenc さん  一気に45年前にタイムスリップしたような感じになりました。「リードボーカルかサックスの方の映像が記憶から浮かんできます。細くて背の高い方だったような…多分 ・・・」。おそらくアステロイズのボーカルの高橋君?(名前は定かではありませんが)でしょう。いずれにしろ良き時代でした。


  5. ドラムのM
    on 11月 7th, 2016
    @ 5:32 PM

    横から失礼します。
    今度12月に仙台でライブやります。元シャープ・ファイブという、確か昭和41~44年ごろ、テレビの「素人バンド合戦」のような番組のレギュラーを務めたエレキ・グループのメンバーと一緒に仙台に行きます(東京から)。私以外全員プロなので、かなりのプレッシャーです。
    そこに、アステロイズのバンマスだった山田さん(やはりドラム担当)が来てくれそうな感じです。もし会えたら、それこそ47年振りですよ。


  6. 大屋地 爵士
    on 11月 7th, 2016
    @ 9:00 PM

    ドラムのMこと神童編集長さん  7年も前の私のブログに思い掛けないコメントが寄せられ、それが2代目Strangersとつながり、神童さんが47年ぶりにアステロイズのメンバーとつながっていく。人の縁って面白いですね。益々の活躍、応援しています。


  7. carmenc
    on 11月 15th, 2016
    @ 1:14 AM

    仙台でやるんですね!
    一気にその頃のシーンと音が浮かんできました。
    懐かしいです〜
    ドラムのMさんのブログ拝見させていただきました。
    シャープ・ファイブ、聴いたことがあり画像検索で思い出しました。
    三根さんの顔は覚えてます。
    ディックミネの息子さんという事で目立ってましたね。
    「素人バンド合戦」ってなんとなく記憶があります。
    古いアルバムにその頃のダンパや大学祭のアステロイズのチケットなど何枚か貼ってあり、その中にLet’s Go Young Beat SABA結成記念というチケットがありました。
    ストレンジャーズ、アステロイズ、キャノンブラザーズ、ジャロフィーズ、スティングレイズ、ブルーナイツ、ランチャーズが書かれており、出演25バンドで審査員に沢田俊吾がいますが、沢田俊吾さんとはズ〜ッと後でけっこう近い関係になりましたから不思議です。
    仙台のLIVE楽しみですね。


  8. ドラムのM
    on 11月 15th, 2016
    @ 12:04 PM

    大屋地 爵士さん、carmenc さん、私の横入りにコメント頂きありがとうございます。
    1966年に、ストレンジャーズで初めてドラム叩きながら歌い始めた「アンチェイン・マイ・ハート」。今回も仙台で歌います。ただ、その頃は「レイ・チャールス」「アストロノーツ」版をコピーしていましたが、今はジョー・コッカー版を全く自己流で歌っています。とても真似できないので(笑)。
    あれからもう50年も経つんですねぇ。

    carmenc さん、拙ブログ、文字ばかりでとても読み難いと不評なのですが、ストレンジャーズの立ち上げから、初代の引退までを「青春譜」という題名で、27回の連載で書いています。お時間のある時に、流し読みして頂ければ幸甚です。
    (ブログ「勝手にシンドバッド」トップページの右側、2009年01月~2009年04月をclickしてみて下さい)

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.