JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

ふるさとエレジー(11) ~霜華~

Tags:

氷華

 

(写真;ブログうきぐも/窓の氷華より無断拝借)

関西地方でもこの冬一番の寒さが続いている。TVの報道番組で、故郷松本、美ヶ原高原の山頂にある「王ヶ頭ホテル」の窓に咲く「霜華(しもばな)」のニュースを観て、懐かしさを覚えた。温暖化した今と違って、子どもの頃の松本地方は平地でも、氷点下10度~15度にまで冷えることは当たり前で、この美しい「霜華」が毎朝のように家の窓ガラスにできていた。

「霜華」(氷華ともいう)は、ガラスの表面が氷点下に冷えた時、室内の水蒸気が窓ガラスの表面に疑結してできる氷結晶の事で、花のように見えることから、この名が付いている。気温やガラスの状態、湿度などの条件によってできる「霜華」の形はいろいろであり、花状、羊歯状、小枝状のものなど千変万化である。しかし近年は、昔に比べ暖冬のせいか、冬に帰省しても、この「霜華」をみることはなかったのである。

geta_52010012313322100000370821

 

松本地方では、1月下旬から2月初旬にかけての寒さが、一番厳しいため、正月の冬休みを少し短くし、それを厳寒の季節にたしか1週間ほどの「寒中休み」として充てていた。何か得したように子どものころは思ったものである。そして、寒さなどはなんのその、校庭に積もった雪の上に前の晩に水を撒いてつくった速成のスケートリンクで毎日毎日飽きずにスケートをしていたものだ。スケート靴? そんなしゃれたものはありません。「下駄スケート」という下駄にスケート刃をつけたものを、真田紐で足に固定して滑ったものである。足が冷たくて、痛かったことをいまだに覚えている。関西に来てから屋内スケート場に初めて行き、また靴スケートというものを初めて履いた。フィギャー・タイプの刃であったため、まったくうまく滑ることができず、ホッケー・タイプの刃に変えたことを覚えている。

スキーは?って。スキーを覚えたのはずっと後の高校時代。当時は、スキー場もあまりなく、松本といえど、日帰りで簡単に行けるスキー場はなかったのだ。また、道具やウェアも高価で、スキーは東京のお金持ちの遊びだと思っていた。一般の人にもスキーが普及するようになったのは、「黒い稲妻」と呼ばれた「トニー・ザイラー/Anton(“Toni”) Sailer」の存在が大きかったのではないだろうか。1956年の「コルティナダンペッツォ冬季オリンピック」にて三冠を達成(このとき「猪谷千春」が日本人初の銀メダル)。その爽やかなイケメンぶりを買われて映画に出演し、アイドル並みの大人気を獲得。しかし、そのことでアマチュア資格を問われ、1960年の「スコーバレーオリンピック」には出られないこととなり、22歳の若さで引退を表明、本格的に俳優に転向し、歌手活動も行った。彼の主演映画「白銀は招くよ!」(1959年)の主題歌で大ヒットした同名の曲を覚えている方も多いのでは ・・・。 日本の映画「銀嶺の王者」(1960)やCMにも出演したことがあり、また彼がスキーコース設計に携わった日本のスキー場も多いという。



白銀は招くよ! [DVD]     アイ・ヴィ・シー

そして、1968年にフランスのグルノーブルで行われた第10回冬季オリンピックの記録映画で、「クロード・ルルーシュ/Claude Lelouch」監督の映画「白い恋人たち/13 Jours en France」と、「フランシス・レイ/Francis Lai」が作曲した同名のメインテーマ曲の大ヒットが続き、1972年の札幌オリンピックと、スキー熱は加速して行ったのである。バブル後、企業のスポーツ支援からの後退もあって、1998年の長野オリンピックを頂点にスケート、スキーともに、日本ではかっての活気は失ったようである。



白い恋人たち      ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

話は「霜華」から大分それてしまったが、今宵のふるさとエレジーは「雪の華/中島美嘉」。ジャンルは違うが、独特の声、歌唱法が醸し出す彼女の世界、雰囲気に注目しているひとり。きっとJAZZも似合うと思うのだがどうだろうか。爺さんにはちょっと照れ臭い歌詞ながら、この歌は、日本の愛の名曲に違いない。



雪の華      中島美嘉 / ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ

 「雪の華/中島美嘉」。

          You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 
 
 

Tags:

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.