JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

Patriotic Song、愛国歌 ・・・ 哀哭歌

Tags: , ,

800px-Flag_of_Poland_svg
 
左はポーランドの国旗である。赤白の2色、極めてシンプルなデザイン。この国旗を見た時、「日本とポーランドとはどこかでつながっているのではないか?」と、極めて単純にそう思った。「アンナ・マリア・ヨペック/Anna Maria Jopek」について調べているときのことである。しかし、結果的にポーランドの国旗は「赤い夕日を背景に飛ぶ白い鷲」という建国伝説を紋章にしたということで、「日の丸」とは何の関係もなかったのであるが ・・・。

しかし、調べていて分かったのは、「ポーランドという国は、非常に親日国である」ということ。親日国で知られるトルコよりも、親日度は高いともいう。日露戦争にて小国、日本がロシアを打ち負かしたことを、当時ロシアの支配下にあったポーランドは非常に喜び、現在もポーランドの教科書には、日露戦争について日本の教科書よりも詳しく記述されているという。第2次世界大戦では、ポーランドは連合国側に属しながらも枢軸国である日本にドイツやロシアの情報を情報をもたらしてくれたというし、昨今、ポーランドには日本ブームが到来しており、日本語を学ぶ方も多く、テレビで日本文化を紹介する番組が流れることも少なくないという。日本から見たポーランドは極めて遠い国だが、その距離感は逆で、ヨーロッパにおける日本研究のリーダー的役割を担っているのがポーランドらしい。(Wikipediaより)

yopek01
 
そんなことを知ると、「アンナ・マリア・ヨペック」の2011年のアルバム最新3部作が、ポーランド、ポルトガル、日本と、アルバム「HAIKU(俳句)」で日本をテーマにとりあげたのも、無関係ではなさそうである。その最新3部作の一枚が「POLANNA/ポランナ」。テーマは「音楽におけるポーランド魂の追究」とある。ポーランドの音楽をルネッサンスから現代まで俯瞰した試みで、音楽の中でポーランド遺伝子を取り出すことを目指したという。

さすれば、「大国の狭間と抑圧の中で数々の悲劇に彩られた国、その悲劇を悼む曲が含まれているのではないか」とアルバムを聴いていたら、「多分これでは!」と引っかかってきた曲があった。6曲目、「Dziś Do Ciebie Przyjść Nie Mogę/Czerwone Maki Na Monte Cassino」。極めて甘美で哀切の思いに溢れているスラブ風の二つの曲が、ショパンのノクターンでつながっている。

まったくポーランド語は分からないが、後半の曲のタイトル「Monte Cassino/モンテ・カッシーノ」という言葉にかすかに聴き覚えがあった。たしか、第2次世界大戦の末期、イタリアの「モンテ・カッシーノ」で4ケ月に及ぶ大激戦があったところだ。そこを手掛かりに調べてみたら、果たしてこの曲がその地に因んだ曲であった。

前半の曲「Dziś Do Ciebie Przyjść Nie Mogę(今夜は帰れない)」が、「ワルシャワ蜂起」を、後半の曲「Czerwone Maki Na Monte Cassino(モンテ・カッシーノの赤いケシの花)」が、「モンテ・カッシーノの戦い」を悼む曲であった。前半の曲は国民的愛国歌らしく、YOUTUBEにいくつもアップされている。その動画のバックの映像は、大戦末期、1944年の「ワルシャワ蜂起」に関する映像がほとんどであったことからそれと知れた。森でのゲリラ活動に参加するため、もう恋人に会えないと死を覚悟した反ドイツのポーランド・パルチザンの心情を歌った歌。このワルシャワ蜂起の時、市民の間で歌われたという。驚くことに、この歌を「加藤登紀子」さんが訳し、何人かの日本人歌手が歌っているのです。(参照;「渡辺歌子/今夜は帰れない」「今日は帰れない」など) 本当にびっくりしました。

polish20the20warsaw20uprising201944
 
「ワルシャワ蜂起」は、第二次世界大戦中、ナチス・ドイツ占領下のワルシャワで、ロンドンに亡命していたポーランド亡命政権を支持するレジスタンスや市民が、1944年8月にソ連軍の呼びかけにより、ドイツ占領軍に対して起した武装蜂起である。この武装蜂起に結局、ソ連軍が救援せず、約20万人の兵士、市民が死亡して、蜂起は失敗に終わった。そして、その後、反撃に転じたドイツ軍に、ヒットラーはワルシャワの徹底的破壊を命じ、ワルシャワは瓦礫の街と化した。1945年、ナチス・ドイツ敗戦とともに、今度はポーランドはソ連の占領下に置かれたのである。(Wikipedia参照)

「♪ 今夜は帰れない 森へ行くんだ
    窓辺で僕を 見送らないで
      君の眼差しが 闇を追いかけ
        涙に濡れるのを 見たくないから
          涙に濡れるのを 見たくないから
         ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   もしも春まで 帰らなければ
     麦の畑に 種を蒔くとき
       僕の骨だと 思っておくれ
         麦の穂になって 戻った僕を
           胸に抱きしめて 迎えておくれ
             胸に抱きしめて 迎えておくれ  ♪」 (加藤登紀子 訳詩)

800px-Monte_Cassino_-_the_Polish_War_Cemetery_-_closer
 
そして、「Czerwone Maki Na Monte Cassino(モンテ・カッシーノの赤いケシの花)」。6世紀に起源をもち、古代から中世を通じてヨーロッパの学芸の中心という重責を担っていたというキリスト教の修道院があることで知られた「モンテ・カッシーノ」で、1944年1月17日から5月19日に第2次世界大戦の命運を決める最後の決戦が行われた。双方で10万人を優に超える死者を出したが、ここでの連合国側の勝利によりローマ進軍への道が開けたという。そして、「モンテ・カッシーノの赤いケシの花」は、この戦いにより、もっともよく知られるようになったポーランド軍の歌で、1944年5月、「モンテ・カッシーノの戦い」の最中に、「アルフレッド・シュルツ/Alfred Schütz」によって作られたという。この戦いでもっとも勇敢に戦い、勝利への道を開いたのはポーランド軍であった。いまでも、この戦いにおけるポーランド兵の働きは、ポーランド国民の大きな誇りの源となっている。(写真;モンテ・カッシーノのポーランド人戦争墓地) (Wikipedia参照)

ヨペックはハミングで歌っているが、「モンテ·カッシーノの赤いケシの花」にはこんな一節がある。Googleで適当に翻訳してみた。

「♪ ・・・・・・・・・・・・・・・・ 
   モンテ·カッシーノの赤いケシの花 
      朝露の代わりにポーランド兵士の血を飲んだのだ
        倒れた兵士たちの怒りは 死してもなお永遠に残る
          何年経とうが、このモンテ・カッシーノのケシの花
            年を経てその赤い色は  ますます濃くなる
                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・    ♪」 
                    (作詞;F.コナルスキ 作曲;アルフレッド·シュッツ)

stykowskia2
 
振り返って見れば、「ワルシャワ蜂起」は、「アンジェイ・ワイダ」監督の「地下水道」(1956年)で、ドイツ占領下のポーランドの苦しみは、「ギュンター・グラス」原作、「フォルカー・シュレンドルフ」監督の「ブリキの太鼓」(1979年)で、蜂起失敗後のワルシャワの爆撃については、「ロマン・ポランスキー」監督の「戦場のピアニスト」(2002年)で、そしてロシア軍によるポーランド軍将校の虐殺に関しては、「アンジェイ・ワイダ」監督の 「カティンの森」(2007年)で知った。この歌を歌うヨペックの思いに少しでも近づくため、もう一度しっかりと観てみようかと思う。

「愛国歌」は、「哀哭歌」となり、歴史の悲劇は名画や名曲を生む。古くは「原爆許すまじ」、最近では「さとうきび畑」か ・・・。「東北大地震」、「福島原発事故」からは、明日につながるどんな歌が生まれるというのだ。こんな思いを抱いて、ヨペックの「今夜は帰れない~モンテ・カッシーノの赤いケシの花」を聴く。

Polanna

Anna Maria Jopek / Universal Poland

この時期、ヨペクのこの歌に強く心を動かされたのも、ロンドン・オリンピック、終戦記念日、竹島や尖閣諸島での領土問題、それにとりわけ私が歳を取ったことと無縁ではなさそうだ。

「Anna Maria Jopek – Dziś Do Ciebie Przyjść Nie Mogę/Czerwone Maki Na Monte Cassino」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

Tags: , ,

4 Responses to “Patriotic Song、愛国歌 ・・・ 哀哭歌”


  1. 風呂井戸
    on 8月 20th, 2012
    @ 4:21 PM

     爵士さん、いやはや、やっぱり至るところに到達しているようね。アンナの”POLANNA”は、そこを探らざるを得ないところに私も至っていましたので、非常に参考になりました。
     ポーランドの歴史、それは亡国時代、人民蜂起、独立回復、の繰り返される厳しき中央~東方ヨーロッパの国としての極限からの生き様が刻まれている。そこに生まれる音楽はもちろん多くの芸術の根源には、表現すら出来ない時代を経験しつつ作られてきたもの奥深さが脈々と流れていると・・・・・私は思うのです。
     お恥ずかしいところですが、私のブログ”灰とダイアモンド”は、そこを通らずにはいられないことを知って頂ければ嬉しいと思います。
     ちなみにポーランドの国歌「ドンブロフスキのマズルカ」は、1700年代末期の亡国時代から独立回復への人民蜂起を唄っています。”ポーランドは未だ滅びず、我が生きている限り よそものが奪ったものを 剣で取り戻そう・・・・”からスタートしています。これが国歌ですから、・・・・・ポーランド芸術は思うところが表現できるようになって、まだまだわずかな時を経たところです。奥深さを探ってゆきましょう。


  2. 大屋地 爵士
    on 8月 20th, 2012
    @ 5:53 PM

    風呂井戸さん  こうなってくると、アルバム全体の選曲や構成、順序立てなどが気になってくるところ。ポーランド語がまったく分からず、この国に対してほとんど生半可な知識しか持っていない私としては、ここまでが限界かなとも感じています。これ以上は、すこし勉強が必要なようです。風呂井戸さんの御見解などまたご教示ください。


  3. 名無しのJAZZフアン
    on 8月 21st, 2012
    @ 8:03 AM

    爵士サンと風呂井戸さんの深い深い会話にはもう付いていけなくなりました。特に、今回の紹介曲「哀哭歌」は、もうジャズ鑑賞を離れ、宗教歌か追悼歌として聞いてしまいます。
    でも、打ちひしがれた亡国の悲哀は良く伝わってきました。
    当初紹介されたヨペックを聞いての満足。で、いろいろありがとうございました。


  4. 大屋地 爵士
    on 8月 21st, 2012
    @ 2:56 PM

    名無しのJAZZフアンさん    私は元来、音楽というのはその字の通り、「聴いて楽しければいい、聴いて心地よければ、それでいい」と考えている一人です。しかしこのヨペックのアルバム「POLANNA」については、多分アルバムタイトルは、「ポーランド的なるもの」というような意味だと思いますが、数あるヨペクのアルバムの中でも、とりわけ祖国への思いが強く込められたアルバムのような気がします。そんなヨペックの思いをちょっとでも受け止めてみようと、おぼつかない知識で、背景にまで踏み込んでみた次第です。もし、しかめっ面で小難しい紹介となってしまったとすればすみません。私は、いつものとおり、東欧の絶世の美女が囁くように歌うボサノバを楽しんでいますよ。最初のきっかけを作って頂いた「名無しのJAZZフアン」さんには大感謝です。

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.