JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

真夏の夜の呪文

Tags: , ,

250px-JoeCocker03
 
「アンナ・マリア・ヨペック/Anna Maria Jopek」の呪文に懸り、その上、「愛国主義者」という俄か病に罹ったため、すこし重苦しい話題やしかめっ面の記事が続きました。そんな中で、懐かしい昔の仲間、Aさんからの一通のメール。

「お元気ですか?今年もライブやることにしました。何歳までできるか?継続することが大事ではないかと。10月12日(金)東中野のライブハウスです。もっと近ければ、昔を懐かしんで集まることもできるでしょうが。陰ながら応援ください。」

Aさんからのライブ・コンサートの知らせであった。たしか、今年で3回目か4回目。リタイアしてからの本格的JAZZサックスへの挑戦である。神童さんの報告では、もう相当な腕前にレベルを上げているとか ・・・。残念ながら今回も、ライブを見に行くことはできないようだ。しかし、きっと同じようにリタイア後もドラムを続けている神童さんが、今年もセッションに参加し、大いに盛り上げてくれるでしょう。また、そんな報告を期待しています。

DSCN4224
 
Aさんとは、かって学生時代のバンド仲間で、神童氏のブログ記事によく登場してくるAさんである。リードG、サイドG&キーボード、ベース(爵士)、ドラムス(神童)、それにアルトサックスのAさんを加えた5人編成のバンドであった。たしか、Aさん以外の全員がなにがしかのボーカルを担当していたが、なぜかAさんだけがボーカルをしなかった。どうしてなのか、今もってわからない。まさか、それはないでしょうが、ひょっとして、××× ・・・?

当時私が、「あんな風に歌いたい」と思っていたのが、「レイ・チャールズ/Ray Charles」。そう、あの嗄れ声、だみ声に憧れていたのです。多分、いまだったら、「トム・ウェイツ/Tom Waits」?、「レナード・コーエン/Leonard Cohen」?、「オーティス・レディング/Otis Redding」?、「マリオ・ビオンディ/Mario Biondi 」? ・・・。いやいや、やはり「ジョー・コッカー/Joe Cocker」でしょう。彼も「レイ・チャールズ」を師と仰いでいましたね。1944年イギリス生まれ。私より2歳年上の爺さん。「ロンドン・オリンピックのセレモニーに出演しないかなあ ・・」などと密かに期待していた一人でもありました。

さて、夏も残り少なくなって来ました。さっ、暑気払いに景気よく彼の歌でも聴きましょうか。2007年、11月14日、スイスのバーゼルでのステージ。この時、御年63歳。この歳にして、この迫力、このグルーヴ感。見習わなければいけませんね。ちょっと前までは、「渋いちょいワルおやじ」という感じだったが、髪も歯も腹もすっかり年相応の好好爺になったようで、いや ご同慶の至り。しかし、いい歳の取り方していますね。なお、この年2007年に功績をたたえられて、女王陛下より、OBE(Order of the British Empire/大英帝国勲章)を受賞している。

こんなライブを聴くと血が騒ぐ ・・・。まさに、そんな感じのライブ。あんなステージがまた仲間と出来たらなあと思わせるようなパフォーマンス。しかし、それは夢のまた夢 ・・・。

「Joe Cocker – Unchain My Heart (LIVE in Basel)」 オイオイ、ベースを弾いている「Black Beauty」、ありゃ一体誰だ??

     You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 
Aさん、もちろん応援していますとも! さて、少し早いですが、ライブの成功を祈って、「I Put A Spell On You」を贈ります。「Spell」とは呪文、魔法のこと。ヨペック譲りのきつい呪文を唱えて、魔法をかけたので、ライブは成功間違いなしですよ!! 
さあ、Unchain your heart,set you free !

Heart & Soul

Joe Cocker / New Door Records

「Joe Cocker – I Put A Spell On You」

     You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

Tags: , ,

4 Responses to “真夏の夜の呪文”


  1. nancy
    on 8月 22nd, 2012
    @ 12:34 PM

    ジョー・コッカー…懐かしいです。
    急に柳ジョージが聴きたくなりました。

    私も春に4年ぶりにステージに立ちました。
    ドラムとベースは50代…私はギリギリ40代…
    控室では血糖値だの血圧だの…病気の話に花が咲きました。
    妹も40代半ばで急に人前で歌いたくなって
    騒いでいたらオヤジバンドのヴォーカルに抜擢されて
    昨年初舞台を踏みました。

    ライブはやるかやらないか…夢ではありません。
    ぜひ挑戦してみてください。


  2. 大屋地 爵士
    on 8月 22nd, 2012
    @ 5:04 PM

    nancyさん    日本を代表する嗄れ声といえば、「柳ジョージ」。おしい歌手を亡くしたものです。ライブ ・・・、う~~ん、人一倍臆病なものですから ・・・。


  3. シンドバッド
    on 8月 22nd, 2012
    @ 5:50 PM

    そうですか、Aからライブの招待状が行きましたか。
    Aは凄いスピードで上達しているけど、師匠の指導が厳しいと結構弱音を吐いたりします。
    でもそれはもう、プロの領域の難しいサックス・リズムの刻み方だから。私がそのリズムをスネアだけで刻もうと思っても難しい。
    彼の師匠から見て、プロもいろいろで、ダメプロが物凄く多いのを知っている。Aには中途半端なプロになって欲しくないと次ぎ次ぎ課題が与えられるよう。でも、こぼしながらも、ちゃんとクリアして付いて行っているのがAの凄いところ。
    師匠はジャズ・ピアニストですが、実は私もたまに彼に指導して貰っています。
    Aライブの模様はまた報告します。本当は、師匠(ピアノ)、A(サックス)、爵士(ベース)、神童(ドラム)でライブやれたら最高なのですが。是非ご検討の程、宜しく。


  4. 大屋地 爵士
    on 8月 22nd, 2012
    @ 10:38 PM

    シンドバッドさん    プロを目指すAとアマ?で楽しむ神童、道は違えども二人の活躍は、私にとってわが事のようにうれしくもあり、また励みにも刺激にもなります。

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.