JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

ひそやかなボサノヴァ唄い ~吉田慶子~

Tags: , ,

1260926729
 
(写真はHPより)

ほとんど無名といっていいアーティストかも知れません。秋もすっかり深まった今宵に聴くのにオススメは、ひそやかなボサノヴァ唄い、「吉田慶子」。

5年ほど前だったろうか、偶然CDショップで見つけた1枚のCDが彼女を知るきっかけであった。 その時も、これほどの「ボサノヴァ唄い」が日本にいたのかと舌を巻くほどの強い印象を持ったことを覚えている。そのアルバムは、「COMO A PLANTA ~ひそやかなボサノヴァ」。

ライナーノーツによれば、東京都出身。現在、福島県在住だという。幼少の頃からクラシック・ピアノを始め、ブラジル音楽、特にボサノヴァに魅せられてからは、ピアノをギターに持ちかえ活動を開始。2000年には、なんと単独でブラジルに渡り、半年程の滞在中に現地でレコーディング。それを、2001年にファースト・アルバムの「愛しいひと 〜bem querer」を発表。そして、メジャー・デビューとなった2作目が、私との最初の出会いとなったアルバム「コモ・ア・プランタ~ひそやかなボサノヴァ」(2007年)であった。

このアルバムに収められている曲は、「ジョビン」、「モライス」、「カルロス・リラ」、「エデゥ・ロボ」などボサノバ黎明期の巨匠の曲、いわゆる古典的ボサノバである。ボサノバの本質とよくいわれるのが「サウダージ(郷愁)」。日本語でいえば、「郷愁」、「ふるさと」などという言葉から、我々の心に湧きあがってくる感情とでもいえばあたっているかもしれない。日本人で、「サウダージ」をこれほど心象風景として、表現できている「ボサノバ唄い」は他にいないと思っている。しばらくこのアルバムも聴いていなかったが、秋の深まりとともに、しばらくぶりに聴いてみたくなった。

福島に在住して、ラジオのパーソナリティを続けているというから、去年は大変な思いもしたであろう。しかし、土地に根差し、地元の皆さんを励ますという音楽活動を続けているようだ。そして、久しぶりにスピーカーの向こうから聴こえてくる歌声は、相変わらずのサウダージに溢れたプリミティヴなボサノバ。フェイク・ボッサやJAZZYにソフィスティケイテッドされたボサノヴァもいいが、そんなボサノヴァとは違って、一際新鮮に聴こえる。ひそやかなボサノバをひそやかに唄う、「吉田慶子」。

CDの帯にいわく。「ささやき声で始まって、ただ終わる美しいひととき」。 

コモ・ア・プランタ~ひそやかなボサノヴァ

吉田慶子 / オーマガトキ

「♪  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    あの日々 
     懐かしい思い出
      これも忘れずに伝えて
       私を眠りへといざなったのはあなた
         静かに暮らせるようにと

          決して          ♪」 (訳:国安真奈 ライナーノートより)
  

「Keico Yoshida - Nunca (決して)」   殆どYOUTUBEにアップされていませんが、幸いにもアップされていたこの動画も残念なことに歌が途中で終わってしまいますが ・・・。
 
       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 
私が承知しているその他のアルバムは、自主制作デビューアルバム、「愛しい人/bem querer」(2000年ブラジル録音) 、ピアノとのデュオ「サンバ・カンソン/samba canção」(2007年)。HPのプロフィールによれば、ほかにもまだあるようである

愛しいひと bem querer

吉田慶子 / インポート・ミュージック・サービス

41QKOjLKOnL__SL500_AA300_
 
 
サンバ・カンソン/吉田慶子/インディーズ レーベル
 
 

 
彼女のHPはコチラ    http://pub.ne.jp/bosaco/?navi_id=35823

Tags: , ,

6 Responses to “ひそやかなボサノヴァ唄い ~吉田慶子~”


  1. 名無しのJAZZフアン
    on 11月 8th, 2012
    @ 7:59 AM

    またまた秋の夜長にふさわしい歌手を知りました。
    ボサノバは昔から大好きですが、ほとんど現地の著名アーチストと古のヒット楽曲。日本人では、唯一、小野リサ。
    でも、2013年から2014年は、ボサノバ&サンバブームになるのは必然です。オリンピックとワールドカップ(サッカー)のブラジル連続開催ですから。
    いずれCM曲からメジャーヒットが生まれるかもしれないと、何か仕掛けを考慮中です。
    吉田慶子さん~いいですね?プロフを読み、何度か聞きなおして気に入りました。
    いつもながら、爵士さんからの新しい情報画を楽しんです。


  2. 大屋地 爵士
    on 11月 8th, 2012
    @ 5:28 PM

    名無しのJAZZフアンさん     お洒落なボッサではなく、いわゆる生活臭というのではなく、なんというか彼女の日々の生活が漂ってくるというか、生活に根差したボッサという感じがなんとも心を暖かくします。


  3. nana
    on 11月 14th, 2012
    @ 4:30 PM

    吉田慶子さん、初めて知りました。
    いいですね♪
    雰囲気も素敵です。
    早速、アマゾンに注文してしましました!


  4. 大屋地 爵士
    on 11月 14th, 2012
    @ 5:18 PM

    nanaさん     ありがとうございます。吉田慶子さん!なんか応援したくなる感じですね。


  5. あんちゃん
    on 3月 10th, 2019
    @ 4:34 PM

    吉田さんは、事故後すぐに東京に行かれてしまったと思いますが。福島のことは忘れてしまっtのかな?という印象です。ラジオも(東電がスポンサーでしたから。)全然話題に触れないで入りるようです。私としては残念です。でも音楽は聞いてます


  6. 大屋地 爵士
    on 3月 11th, 2019
    @ 12:39 AM

    あんちゃんさん  コメントありがとうございます。勝手に想像していたのですが、もしおっしゃるようでしたら、事情があったかもしれませんが、大変残念で、ちょっとがっかりですね。

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.