JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

通信会社を変える

Tags: , ,

DSC_0340

通信会社を「eo ・・」に変えた。本日、2時間ほどで工事が完了。変えた決め手はやはり料金が安くなること。まず固定電話については我が家は市外通話が多いので、市内市外が同一料金という光通信のメリットが生かされるという。さらに、いままでは、分配器までは光だが、そこから先、PCまではケーブルという構成だったのでインターネット通信環境も改善できそうだという期待もあった。さらに、ブースターやチューナーなしで、地上波デジタル、BSが標準で見ることが出来るという。今まで月額13,000円ほどの利用料金であったが、見積もりでは1年間のキャンペーン期間中は4,000円/月弱、1年後でも6,400円/月ほどで、全体的に料金が5割ほど安くなるという。年金生活者にとってはありがたい話、乗らない手はない。家計において通信関連の費用がかなりの部分を占める現在、企業は消費者の争奪に、消費者はより安いサービスを求めて懸命である。もっとも、山の仲間には、電話は黒電話のみ、携帯もPCも持っていないという強者もいるが ・・・。

思えば、20年ほど前に引っ越してきた時は、山の影にあたり、ゴーストのためTVの画像品質が悪く、当時サービスが始まったばかりのケーブルTVに加入したのがきっかけであった。やがて息子3人がいずれもパソコンを操るようになり、私を含め4台のPCが稼働するようになった。宅内NETと高速インターネット通信が必要となり、ブロード・バンドから光へと、有線から無線、wifiへと宅内の通信環境も変えてきた。定年退職した今は、デジタル配信もスマートフォンもタブレット端末も、ましてウェアラブル端末など必要はなく、ガラ携とデスクトップPCとCD、i-Podで乗り切っていこうと思っている。このブログを書いていて、通信スピードもアップしていることを実感。

136067464469213130109_201212_kei3

さて、CD整理の手を止めたお久しぶり女性シンガーは、「金子晴美」。20数年ほど前、大ファンであったが、「最近は名前もアルバムも見ないがどうしたんだろう?」と書いたこともある。その後、わが町の小さなジャズ・フェスに出演し、その熟年になってからの魅力も再確認できた歌手でもある。(参照拙ブログ「いとしのエリー ~再会の金子晴美~」

「金子晴美」は、1950年東京都生まれのジャズ・シンガーである。獨協大学ドイツ語科在学中に歌手活動を始め、1980年、「ボブ・ドロー/Bob Dorough(vo)」、「ハンク・ジョーンズ/Hank Jones(p)」と共演した「アイ・ラヴ・ニューヨーク/I Love New York」でデビュー。それまでの日本の女性JAZZシンガーといえば、巻き舌風で、わざとらしいしゃがれ声で歌うお姉さんたちが多かったが、きちっとボイス・トレーニングと英語の発音訓練をうけている彼女の初々しいデビューには当時ビックリもした。 

当時注目したアルバムは、サザン「桑田佳祐」の曲の優れてJAZZ的な要素を見つけて、英語でジャズ・カバーした「スペシャル・メニュー/SPECIAL MENU」(1983年)。全編「サザン・オールスターズ」のカバー・アルバムであるが、あの「いとしのエリー」をJAZZアレンジでカバーした、おそらく最初のシンガー。

そして、ボサ・ノヴァ、サンバの名曲を集めたCDで、ギター&共同プロデュースに「アントニオ・カルロス・ジョビン/Antônio Carlos Jobim」らとともに、ボサノバの創始者でもある「ロベルト・メネスカル/Roberto Menescal」が参加しているので話題になったアルバム、「TRISTEZA」も注目した一枚だった。

60812979raw













いずれもタイトルが変わっているが、再発されている。

0f9ecb0b

いとしのエリー

金子晴美ユニバーサルクラシック




「ミュージックマン(我らパープー仲間)」、「メモリーズ・オブ・ラブ(YaYaあの時代を忘れない) 」、「ストーリーズ・エンド(別れ話は最後に)」、「ホエン・ユーア・オーヴァー32(恋する女のストーリー)」、「Just A Little Bit」など、桑田の曲がこれほどJAZZに馴染むとはと驚いた。その編曲は、故「八木正生」。「いとしのエリー」を含む4曲の英語詩は、無類のJAZZファンでイラストレータの「和田誠」氏によるもの。

「Kaneko harumi- my love so sweet」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

51AMjrmSxaL

金子晴美/TRISTEZA

金子晴美ユニバーサルミュージック



桑田の名曲で、「中村雅俊」が歌い、映画「蒲田行進曲」で、松坂慶子が一人身重な体で雪降るなかを産院に向かう印象的なシーンに流れていた、「恋人も濡れる街角」のボサノバ・バージョンが聴ける。

「Memories of You - TRISTEZA Harumi Kaneko 1986」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
 

 

Tags: , ,

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.