JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

被災ピアノ シンディの贈り物

Tags: , ,

DSC_0048

8月28日朝日新聞朝刊の記事。

『9月に診療を再開する石巻市立病院で、津波で壊れたピアノが音色を取り戻す。被災ピアノの修復に取り組む楽器店経営者の姿に打たれた米国の歌手シンディ・ローパーさん(63)らがお金を出し、寄贈した。再生の象徴として親しまれてゆく。

ピアノは病院の2階ホールに置かれている。新品と見間違うほどの輝きだが、側面や脚にいくつもの傷が残る。市中心街の楽器店「サルコヤ」の経営者、井上晃雄(てるお)さん(87)が3カ月余りかけて修復した。

サルコヤは津波で1・7メートル浸水し、売り物のピアノ約30台が使えなくなった。廃業も考えたが、店が津波に耐えてくれたと考え、思い直した。「これは闘いだ。負けていられない」

震災の年の8月に店を再開した。翌年3月、被災地支援に来ていたシンディさんが、井上さんが被災ピアノを修復していると聞き、店に立ち寄った。その場で、修復した1台を市へ寄贈したいと申し出た。
(中略)
9月16日には、被災地で演奏活動を続けるピアニストの小山実稚恵さんによる院内コンサートで、患者にお披露目される。

井上さんは「廃墟からはい上がったピアノから再びきれいな音が出てうれしい。末永く患者さんを癒してほしい」。(朝日新聞より)

新病棟の真新しいフロアにグランドピアノの音色が響き渡る。そのピアノの側面には、「シンディ・ローパー/Cyndi Lauper」の名を刻んだプレートが貼り付けてあるという。「音楽のチカラ」。

cr

「シンディ・ローパー」。1953年、ニューヨーク市ブルックリン出身。12歳の時に、ギターの弾き方を学び、作詞を始める。学校では周りになじめず、授業を受けるかわりに、絵を描いたり、歌を歌ったりして過ごす。17歳の時、自分のおかれている環境に嫌気がさし、高校を退学しついに愛犬スパークルと共に家をで、生活のためウェイトレス、絵のモデル、競馬調教師の助手、空手教室の呼びこみ等様々な職につきながら、アートスクールに通ったり、トロント北部にある森でテントを張り、スケッチをしながら過ごしたという。やがて音楽活動を開始し、1980年、アルバム「Blue Angel」でデビューするも、商業的成功を収められず、バンドはその後すぐに解散。彼女は自己破産を申請し、小売店で働き始め、生活のためにまた歌い始める。やがて、1983年に「シーズ・ソー・アンユージュアル/She’s So Unusual」でソロ・デビュー。シングルカットされた「タイム・アフター・タイム/Time After Time」が大ヒット、「マイルス・デイヴィス/Miles Davis」らにもカヴァーされるスタンダードとなった。(Wikipediaによる)

シーズ・ソー・アンユージュアル30周年記念盤(DVD付)

シンディ・ローパー / SMJ

「Cyndi Lauper – Time After Time」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

Cyndi-Lauper-SF

ところで、彼女は大の親日家として知られるが、こんなエピソードもある。定職もなくブラブラしていた時に、ニューヨークの「ミホ」というジャパニーズレストランで働いていたことがあり、そこのオーナーの「鈴木サクエ」という日本人女性と出会い、「それじゃ駄目だから自分の店で働きなさい」と誘ってもらったという。鈴木は常にシンディに「いつか売れる日が来るから頑張りなさい」と激励をしていたという。この鈴木との出会いがシンディを日本贔屓にさせる切っ掛けとなった。ある番組では内緒で鈴木を探し出し、鈴木とシンディはスタジオで再会を果たした。シンディは感激のあまり歌う前に涙ぐんでしまったという。(Wikipediaによる) ・・ もうひとつの「音楽のチカラ」。

1986年、2枚目のオリジナル・アルバム「トゥルー・カラーズ/TRUE COLORS」を発表、大ヒットした。
 

トゥルー・カラーズ

シンディ・ローパー / エピックレコードジャパン

「Cyndi Lauper – True Colors」

        You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

そして私の好きなアルバムは、「アット・ラスト/At Last」(2003年)。スタンダード集。ロック系で賑やかな彼女がジャズ・スタンダードをじっくりと歌う。

アット・ラスト

シンディ・ローパーソニーミュージックエンタテインメント


 
「エタ・ジェイムス/Etta James」の歌唱によって有名になったスタンダード。オバマ大統領就任祝賀パーティーでオバマ夫妻のダンス曲に選ばれたで、その時歌ったのが、映画「キャデラック・レコード/Cadillac Records」 (2008 )で「エタ・ジョーンズ」を演じた「ビヨンセ/Beyoncé」でしたね。

【 At Last 】   by Harry Warren / Mack Gordon

「♪ my love has come along  私の恋がやっとかなう
   my lonely days over    一人ぼっちの日々にさようなら
   and life is like a song    まるで人生は歌のよう

  Ooh At last          やっとかなうのね
  the skies above are blue   空は青く澄み渡り
  well my heart was wrapped up in clover  私のハートは幸せな思いに包まれる
  the night I looked at you   あなたを見つめる夜はとくに

  I found a dream      夢をみつけたの
  that I could speak to    口に出して言える夢を
  a dream that I could call my own  これが私の夢と言える夢を
  I found a thrill        興奮しているわ
  to press my cheek to     私の頬をあなたに押し付けるなんて
  a thrill that I have never known  初めて知る興奮よ
  ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・   ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ♪」 

「Cyndi Lauper – At Last」

         You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

Tags: , ,

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.