JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

アナ・マリア・ヨペック讃

Tags: , ,

JOPEK-WN-06042017-246_JPG_700
COSMOPOLITAN_NFM_WROCLAW_02042017_18_jpg_700

 ちょうど5年前、2012年今頃のことであった。ある読者さんからのリクエストで、「絶世の東欧美女たちが、ささやくように歌うボサノバを聞きたい。」というリクエストに応えようとたどり着いたのが、ポーランドの歌姫、「アナ・マリア・ヨペック/Anna Maria Jopek」。それ以来すっかりその透明感あふれる歌声にハマっている。

 ヨペックは1970年、ポーランド生まれ。幼少時からクラシック・ピアノを学び、17歳で「エラ・フィッツジェラルド/Ella Fitzgerald」を聴いてジャズに開眼し、1997年にポーランドでアルバム・デビュー。すでに自国ではかなりの支持を得ていたが、2002年、「パット・メセニー/Pat Metheny」の全面的協力を得、彼の楽曲にポーランド語詞を乗せて歌ったアルバム、「ウポイエニェ/Upojenie」は、本国で10万枚のセールスを記録。日本はじめ世界のJAZZファンの間で話題を集めたという。(参照拙ブログ 「東欧の囁き姫を探して ・・・ 」「ポーランドの癒し姫にはまりそう」 などなど)

 その、「アナ・マリア・ヨペック」が、2011年以来、6年ぶりに新譜をリリースした。しかも、キューバ出身の私のご贔屓のピアニスト、「ゴンザロ・ルバルカバ/Gonzalo Rubalcaba」のトリオとの共演である。待ちに待ったそのCDがやっと届いた。タイトルは、「Minione」。辞書で調べたら「原初年代記」とあった。

 第2次世界大戦以前、ポーランドで流行っていたポーランド・タンゴ&ボレロにインスパイアされたアルバムだという。「小曽根真」らとの日本音楽と邂逅を果たした「Haiku(俳句)」(2011)、ポルトガルの伝統音楽、ファドとの出会いを昇華させた「Sobremesa」(2011)。ヨペックの次なる出会いが、ポーランド・タンゴであった。アルバム・タイトルにその心情が込められている。聴く。甘美、切なさ、光と翳。1930年代、世界中で流行ったあのタンゴの響きが、今蘇る。

 パーソネルは、「Anna Maria Jopek (voice)」、プロデュース、アレンジも担当した「Gonzalo Rubalcaba (piano)」、「アルマンド・ゴラ/Armando Gola (bass),」、「アーネスト・シンプソン/Ernesto Simpson (drums)」。録音は、2016年8月、キューバにほど近いマイアミ。

Minione

Anna Maria Jopek / Gonzalo Rubalcaba / Universal

「あなたの唇は嘘をつく」という意味の「Twe usta kłamią(Your Lips Lie)」を。

「Anna Maria Jopek, Gonzalo Rubalcaba – Twe Usta Klamia」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

Tags: , ,

2 Responses to “アナ・マリア・ヨペック讃”


  1. 風呂井戸(photofloyd)
    on 6月 21st, 2017
    @ 12:35 PM

    爵士さんも到着に難渋されたようですね・・・・これほどのアルバム、日本では対応は???
     まず1曲目”Twe usta Kłamia”でノックダウンでした(笑い)。
     タイトル「Minione」ですが・・・・辞書で調べたら「原初年代記」とのこと、それでも今回のアルバムの意味は?どう位置づけられるでしょうかね。
     彼女は、世界のミュージックに興味があるのはよく解りますが・・・。


  2. 大屋地 爵士
    on 6月 21st, 2017
    @ 1:54 PM

    風呂井戸さん 到着まで2転3転でした。「Minione」の訳はNET辞書で調べたので正しいかどうか? 「ポーランド音楽がワールド・ミュージック足りえたのは、ポーランド・タンゴから」。そんな思いが彼女にあったのではと勝手に解釈しています。

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.