JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

木枯らし1号襲来 慌てて冬服を出す

Tags: , ,

DSC_0847
 台風の後は、木枯らし1号。今朝は本当に寒かった。ボランティア活動に出かけるために、慌てて冬用の作業着を引っ張り出す始末。だんだんと朝布団から離れるのが辛くなってくる季節。

 寒くなるにしたがって、その紫色が深みを増してくるのが、「ムラサキシキブ(紫式部)」。花も楽しいが、実もしばらくは目を楽しませてくれる。

aaron_neville_sq-188d3a1595224d6eab4f3ef69f3695afb74184c6

 今宵は、ブラック・コンテンポラリーの異才、そのとろけるような深みのあるファルセット・ヴォイスで、人気がある「アーロン・ネヴィル/Aaron Neville」。

 1941年生まれ、ルイジアナ州ニューオーリンズ出身のR&Bシンガー。「ドリフターズ/The Drifters」、「プラターズ/The Platters」などに影響を受けたアーロンは、いくつかのヴォーカル・グループで活動した後、1960年、ニューオーリンズのレコード・レーベル、「ミニット・レコード/Minit Records」よりソロ・デビュー。1989年には、「リンダ・ロンシュタット/Linda Ronstadt」のアルバム、「Cry Like a Rainstorm」、「Howl Like the Wind」に参加。このアルバムに収録された「Don’t Know Much」、「All My Life」の2曲がそれぞれ1990年、1991年のグラミー賞ベスト・デュオ賞を受賞したという。

 ヨーデルを彷彿させる甘い独特な美声は、その後も根強い人気を保っている。ジャズ・スタンダードに取り組んだアルバム、「ネイチャー・ボーイ~ザ・スタンダード・アルバム/Nature Boy: The Standards Album」(2003)からいくつかを。
   

ネイチャー・ボーイ~ザ・スタンダード・アルバム

Aaron Neville / ユニバーサル ミュージック クラシック

「Nature boy ー Aaron Neville」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Aaron Neville – Blame It On My Youth」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「In The Still of the Night – Aaron Neville」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   

  

ほの暗い中で咲く

Tags: , ,

DSC_0843
 黄昏時、ほのかな闇の中で妙に艶かしく見えるのは、「ホトトギス(杜鵑草)」。季節の花である。若葉や花にある斑点模様が、鳥の「ホトトギス(杜鵑)」の胸にある模様と似ていることから、この名がついたという。

 今宵のピアノは、イタリア人ピアニスト、「フランチェスコ・マッチアンティ/Francesco Maccianti」。トリオに加え、サックスを加えたカルテットのアルバム、「Passo a due」から。イタリア語はわかりませんが、「二歩進む」というような意味でしょうか。

francesco_maccianti-1024x576

 「フランチェスコ・マッチアンティ/Francesco Maccianti」。1956年イタリア生まれということくらいしか、バイオグラフィもキャリアもわかっていません。このピアニスト、イタリア人ということもあって、かなり抒情性に富んでいるのだが、同じヨーロッパでも、ウェットでぬくもりがあって、北欧のそれとはちょっと違う感じがする。そこにサックスを加えると、さらに官能的な音世界の深みが増す。光と影、やはりイタリアの生み出す風土のためか。

 パーソネルは、「Francesco Maccianti(p)」、「アレス・タヴォラッジ/Ares Tavolazzi(b)」、「エリオット・ジグムンド/Eliot Zigmund(ds)」、「ピエトロ・トノーロ/Pietro Tonolo (ts,ss)」。

b0102572_12274173

 
Passo A Due
Maccianti Francesco
Almar Records

   

「Francesco Maccianti Quartet ー Passo a due」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Francesco Maccianti ー Moon Waltz」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video


「The Unknowing Face · Francesco Maccianti Quartet」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 2004年録音盤のトリオ演奏、「Crystals」からも。

Crystals

Francesco Maccianti / Imports

「Francesco Maccianti - Distant Call」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

10月が過ぎると ・・・

Tags: , ,

DSCN8835
 台風22号の接近で、今日予定されていた、地域の活性化イベント、「黒川里山まつり」が中止となってしまった。わがグループも参加を予定していたのであるが ・・。私の住む町の北部にあり、かっては、「菊炭」が特産品。その原木である台場クヌギ林の輪伐の景観が残り、「日本一の里山」とも呼ばれているが、やはり住民減少、高齢化、過疎に喘いでいる。この地域の活性化のために始めたこのイベント、地域住民はもとより、市やその地域をフィールドとして活動しているボランティア・グループなどの協力によって、なんとか今年12回目を迎えるはずだったが、残念である。

 2週続けての台風の襲来とともに去っていく10月。ハロウィンの盛り上がりもいまひとつのように感じる今宵の曲は、「When October Goes」。「10月が過ぎると ・・・」とでも訳しましょうか。「バリー・マニロウ/Barry Manilow」の自身の作曲になるヒット曲。「ミスター・アメリカ」と呼ばれ、「Moon River」、「The Days Of Wine And Roses」などでオスカーをとった有名な作詞家、「ジョニー・マーサー/Johnny Mercer」(1976年没)の作詞である。彼の妻が彼の死後、遺品を整理していた時に偶然見つけたそうである。彼女は、そのとき直ちに「マニロウに曲をつけて歌ってもらおう」というインスピレーションが閃いたそうで、また詩を渡されたマニロウも、この詩の奥に流れている「スピリチュアルなもの」に動かされ、曲を完成させるのに15分もかからなかったそうである。

o-BARRY-MANILOW-facebook

 「バリー・マニロウ」。1943年生まれ。私と同世代で、「コパカバーナ/Copacabana」という大ヒット曲をもつアメリカのポピュラー音楽の歌手、ピアニスト・作曲家・アレンジャー・プロデューサー。この歌は、ポピュラー畑の彼にしてはJAZZ・ブルース色の濃厚な、全曲オリジナルで構成されたアルバム、「2:00 AM Paradise Cafe」(1984年)に収録されている。これからの秋の夜長、グラスを傾けながらゆったり聴くにはぴったりの一枚であろう。まるでNYあたりの小さなジャズ・クラブの片隅に居るような気分に浸れる極上のジャズ・バラード・アルバム。

【 When October Goes 】  by Johnny Mercer,Barry Manilow

「♪ And when October goes    そして、十月が過ぎ去ると
   The snow begins to fly     雪が降り始める
   Above the smokey roofs    煙たなびく煙突の上に
   I watch the planes go by    飛行機が飛んでゆく
   The children running home  子どもたちは家路を急ぐ 
   Beneath a twilight sky      暮れなずむ空の下
   Oh, for the fun of them     なんと楽しかったか
   When I was one of them    私もそんな子供達の一人だった

   And when October goes      そして、十月が過ぎ去ると
   The same old dream appears   かってのあの夢がよみがえってくる
   And you are in my arms      今あなたは私の腕の中で
   To share the happy years     幸せな時を共に味わっているが
   I turn my head away         私は頭を逸らせ         
   To hide the helpless tears      流れる涙を隠す
   Oh how I hate to see October go   ああ、十月よ、行かないで
   ・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

2:00 Am Paradise Cafe

Barry Manilow / Sbme Special Mkts.

「Barry Manilow ー When October Goes」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 「ローズマリー・クルーニー/Rosemary Clooney」でも聴いてみましょう。アルバムは、「Sings Johnny Mercer」(1987)。

Sings Johnny Mercer

Rosemary Clooney / Concord Records

「Rosemary Clooney – When October Goes」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

秋深まる森で

Tags: , ,

産卵直前のカマキリ
弾けたコブシの実2
ヒヨドリバナあ
 大きなお腹をかかえた雌カマキリが、よたよたと這っている。先週はピンク色だった「コブシ(辛夷)」の実が弾け、鮮やかなオレンジ色の種が散らばっている。絶滅の危機に瀕しながらも、「秋の七草」としてその名が知られている「フジバカマ(藤袴)」とは対照的に、鹿の食害にあって数を減らしてはいるが、花だけ見れば、「フジバカマ」とそっくりな「ヒヨドリバナ(鵯花)」がひっそりと咲いている。遊びの山のいろいろの秋。

3769554-nielslandokyjpg1

 今宵のピアノ、デンマークはコペンハーゲン出身で、パリで活躍する「ニルス・ラン・ドーキー・トリオ・モンマルトル/Niels Lan Doky Trio Montmartre」。「ニルス・ラン・ドーキー・トリオ・モンマルトル」は、2001年のアルバム、シャンソンのカヴァーを中心に収録した「カフェ・モンマルトルの眺め/Cafe en Plein Air」を第1弾に、「ローマの想い出/Casa Dolce Casa」(2002)、「スペイン/Spain」(2002)と自らの音楽活動の中で欧州紀行を続けてきた。この上なく美しいピアノ・タッチ。ヨーロピアン・ジャズ・ピアノの最高峰に数えられるひとりである。

 トリオ・モンマルトルの日本デビュー盤、「カフェ・モンマルトルからの眺め/Cafe en Plein Air」から、タイトル曲と「シラキュース/Syracues」を。

61MD1YDEE6L

      
カフェ・モンマルトルからの眺め
トリオ・モンマルトル
ビデオアーツ・ミュージック

   
   

「Trio Montmartre – Syracues」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 「ローマの想い出/Casa Dolce Casa」から、「La Vita E Bella (Life Is Beautuful)」。

ローマの想い出
トリオ・モンマルトル / / ビデオアーツ・ミュージック

   

「Niels Lan Doky – La Vita è Bella」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 三部作最後の旅はスペイン。アルバム「スペイン/Spain」から。このあとも彼はロシアへの旅を再開した。

スペイン
ニルス・ラン・ドーキー/トリオ・モンマルトル / / ビデオアーツ・ミュージック
ISBN : B00007B90J
    

「Spain ー Niels Lan Doky Trio Montmartre」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

今日は森が幼稚園

TAGS: None

DSCN8794
DSCN8801
DSCN8826
DSCN8827
 久々の快晴。今日は市教育委員会と公園が主催する「森の幼稚園」。公園の森を使って、学んだり遊んだりする一日。やってきたのは地元の幼稚園年長組の約50人の園児たち。この山の森に住んでいる動物、といってもボードであるが、を探したり、活動の痕跡を見つけたり、いろいろな形の葉っぱやどんぐりを集めるラリーから。やはり子供はどんぐり好き。クヌギ、アベマキ、コナラ、シラカシなどのどんぐりを袋いっぱいに集める。昼食は我々ボランティアが炊いたご飯と野菜いっぱいの豚汁。何杯もおかわりをする子もいる。午後は工作の時間。どんぐりコマとやじろべえを作って遊ぶ。暖かい日差しの下、笑い声と歓声が響く公園の一日。

 ということで、今宵のピアノは、私をヨーロッパ・ジャズ・ピアノへと誘ったひとり、「ジャック・ルーシェ/Jacques Loussier」のアルバム、「シューマン・子供の情景/Schumann Kinderzenen(Scenes From Childhood)」から。フル・アルバムがアップされていました。「シューマン/Robert Schumann」の「子供の情景」は、全13曲からなるピアノ曲集で、特に第7曲「トロイメライ/Träumerei(夢)」がよく知られていますね。

61PhbA040xL__SL1085_ 
   
   
Schumann: Kinderszenen
Jacques Loussier Trio
Telarc


   
   


「Jacques Loussier Trio ー Schumann Kinderzenen(Scenes From Childhood)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

色づき始めた山

Tags: , ,

イタヤカエデ2a
 色づきだした遊びの山。真っ先に色づくのは、「イタヤカエデ(板屋楓)」、「クヌギ(椚、櫟)」あたり。これからもっともっとカラフルになる。

b0102572_21293951

 この時期の定番アルバムは、「ウィンダム・ヒル・レコード/Windham Hill Records」よりリリースされた、アメリカのピアニスト、「ジョージ・ウィンストン/George Winston」のピアノ・ソロ・アルバム、「オータム/Autumn」(1980年)。「環境音楽」、「ヒーリング・ミュージック」、「イージーリスニング」と言ってしまえばそれまでだが、エバーグリーンな魅力をもつ良質のBGM。

 「ウィンダム・ヒル・レコードは、1976年にギタリストの「ウィリアム・アッカーマン/William Ackerman」と彼の前妻、「アン・ロビンソン/Ann Robinson」により創設されたレコード・レーベルで、その聴きやすさと音楽性は、「ヒーリング・ミュージック」として一時期世界を席巻した。「ジョージ・ウィンストン」の「オータム」は、ピアノ・ソロアルバムとしては異例のヒットを遂げ、世界的に「ウィンダム・ヒル・サウンド」を流行させた。

Autumn

George Winston / Windham Hill Records

 「Colors/Dance (カラーズ/ダンス)」は、モンタナ州の、秋の「カエデ(楓)」や「ハコヤナギ(箱柳)」にインスピレーションを受けた曲とされる。

「George Winston ー Colors/Dance」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

君のおかげで僕はとても幸せさ

Tags: , ,

DSC_0892
 台風が近づく雨の中であったが、孫娘の七五三参り。お宮参り、三歳の七五三参り、今回も次男家族と双方の親、三家族が集まっての清和源氏の祖を祀る「多田神社」への御礼参りである。「よくぞ育ってくれた」というのが双方の爺婆の本音である。

 さて、今宵の曲、「You’ve Made Me So Very Happy」。「君のおかげで僕はとても幸せさ」という意味。かって、ロック・サウンドに、Jazzyなホーン・セクションを配し、新風を吹き込んだブラス・ロックの雄、「ブラッド、スウェット&ティアーズ/Blood, Sweat & Tears (BS&T)」。1969年に発表されたセカンド・アルバム、「Blood, Sweat & Tears」から。

 創立者「アル・クーパー/Al Kooper」が抜けたものの、本アルバム収録の「スピニング・ホイール/Spinning wheel」の大ヒットで、BS&Tはロック・グループとしての知名度を得た。

 この曲、オリジナルは、「モータウン/Motown」レーベルの「ブレンダ・ホロウェイ/Brenda Holloway」が1967年に発表した曲だという。

【 You’ve Made Me So Very Happy 】
          by Berry Gordy Jr / Brenda Holloway / Frank Wilson / Patrice Holloway

「♪ I lost at love before,       恋を失ったこともある
  Got mad and closed the door   怒り狂って心を閉ざしたことも
  But you said try just once more  しかし君は言ってくれた もう一度トライしたらと
  I chose you for the one,      だから、君をたった一人の人と決めたんだ
  Now I’m having so much fun    いまとても楽しい
  You treated me so kind,      君は僕に優しい
  I’m about to lose my mind      心がとろけそうだ
  You made me so very happy,    君のおかげで僕はとても幸せさ
  I’m so glad you came into my life  君と出会うことができてとてもうれしい

  The others were untrue,       他の女性たちはみんな不誠実だった
  But when it came to lovin’ you,    しかし君を愛してから
  I’d spend my whole life with you    残りの人生を君と過ごしたいと思うようになった
  ’Cause you came and you took control, 君と出会って、君に影響されたんだ
  You touched my very soul        君は僕の魂に触れ
  You always showed me that       君は分からせてくれた
  Loving you was where it’s at       君を愛することが全てだと
  You made me so very happy,      君のおかげで僕はとても幸せさ
  I’m so glad you came into my life    君と出会うことができてとてもうれしい

  Thank you baby, yeah yeah        ありがとう ベイビー
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

Blood, Sweat & Tears

Blood,Sweat & Tears / Sony


  
「Blood, Sweat & Tears – You Made Me So Very Happy」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 オリジナルの「ブレンダ・ホロウェイ」、それとカバーの「グロリア・エステファン/Gloria Estefan」の歌唱も聴いてみましょうか。

「Brenda Holloway – You’ve Made Me So Very Happy」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Gloria Estefan – You’ve Made Me So Very Happy」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

母は強し そして母は楽し

Tags: , ,

DSCN8701
 公園の芝生地に毎日のように現れるひと組の母娘鹿。鹿は母系社会で、公園にはほかにも多くのファミリーが住み着いているが、人を恐れて日中は現れず、現れるのは、まったく人を恐れる気配のないいつも同じ母娘鹿である。まず、母鹿が偵察して小鹿を呼び寄せ、芝生地からクヌギやクリのある斜面で一通り食べ漁ってから森の中へ消えていく。母は強し。この日も爺と孫がその様子をじっと見ていた。

DSCN8684
 こちらは月に一回、間伐材を使って、子供のために開催している木工教室。最近は、子供そっちのけで夢中になるお母さんも多く、ノコギリから電動ドリルまで器用に操って、お母さんが大活躍。母、童心に帰って楽しむ。

 今宵の曲は、「ファンキー・ママ/Funky Mama」。「ルー・ドナルドソン/Lou Donaldson」です。「アリゲーター・ブーガルー/Alligator Bogaloo」(1967)で知られたジャズ・サクソフォン奏者で、’60年~70年代を中心に、ビバップやハード・バップ、ソウル・ジャズのジャンルで活躍した。アルバムは、「The Natural Soul」(1962)から。

71Uqk-0ZsXL__SL1400_
   
Natural Soul
Lou Donaldson
Blue Note Records

   
   
   

「Lou Donaldson ー Funky Mama」

      You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

何の実でしょうか? 探して答えを書きなさい

Tags: , ,

コブシの実3
クヌギのドングリ2
DSCN8769
 「何の実でしょうか?探して答えを書きなさい」。連日、公園でサポートをしている地元の小学校4年生を対象にした「里山体験教室」。上の二つは、そのウォークラリーの問題の一部。この山の秋の代表的な実、赤ちゃんの握りこぶしのような形をしているからその名がついたという、「コブシ(辛夷)」、そして「クヌギ(櫟、椚)」である。そんな特徴的な花や実の名前を覚えたり、昔の人が残し、我々が保全をしている「炭焼き」、そのための「台場クヌギ」林などの里山を見て学ぶラリーとなっている。

DSCN8773

 そのウォークラリーで採取してきたクヌギのどんぐりで「どんぐり笛」を作って遊ぶのもプログラムの一つ。おもちゃなどがなかった我々の子供の頃は、遊びの道具はすべて自分たちで作ったものだ。コツをつかむまでは、なかなか上手に鳴らせない。その真剣な表情。

Juan Carlos Quintero (2)

 さて、今宵はちょっと陽気で哀愁のラテン。「ファン・カルロス・クィンテーロ/Juan Carlos Quintero」。「ファン・カルロス」は、コロンビア出身のラテン・ジャズ・ギタリスト。1964年、コロンビアのボゴタに生まれ、仕事の傍らミュージシャンだった父親と叔父の影響を受けて育ったという。その後一家はアメリカのワシントンD.C.へ移ったが父親と叔父はバンド活動を継続したため、本人もギターを抱えてステージに上がったという。「バークレー音楽院」を卒業、「サンタナ/Carlos Santana」や「アントニオ・カルロス・ジョビン/Antonio Carlos Jobim」などにはラテン音楽の真髄を、「チック・コリア/Chick Corea」には、ジャズとラテンの架橋を学んだという。

 1990年にリリースされた自身の名前をアルバム・タイトルとしたデビュー・アルバムを、2003年にタイトルを変えて再リリースされ、その評価もあがったという「Medellin」から。

Medellin

Juan Carlos Quintero / Moondo Records

「Juan Carlos Quintero ー Medellín」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video


「Juan Carlos Quintero, Anoche (acoustic) 」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 その後立て続けにリリースが続いた、「Los Musicos」(2001)、「Los Primos」(2003)から。ジャケットのイラストが粋ですね。

Los Musicos

Juan Carlos Quintero / Moondo Records

「Juan Carlos Quintero - El Camino」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

Los Primos

Juan Carlos Quintero / Moondo Records

「Juan Carlos Quintero – Los Primos」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

開通前の新名神高速道路を歩く

Tags: , ,

DSC_0872
DSC_0876
DSC_0859a
 我が団地の北を走ることになっているが、橋脚脱落などの事故で開通が1年ほど遅れている新名神高速道路で、「開通前の新名神高速道路を歩こう」というイベントに参加した。川西インターから六石山トンネルを抜けたとこまでの往復5kmの距離。我が家から川西インターまでは歩いて約1時間ほど。従って約2時間半ほどの結構なウォーキングとなった。

 あいにく途中から小雨が降ってきたが、驚く程の人が参加している。中には車椅子の人も。まだまだ完成までには時間がかかりそうだが、普段は歩くことのない高速道路、トンネル、いろいろな道路工事用の特殊車両などを見ることができた。この辺は鹿や猪などの野生動物が多く住んでいる地域。一般道を走っていて、鹿の飛び出しにびっくりしたことも何回かある。高いフェンスが張り巡らされ、そんな対策もされているようだ。いまある名神高速や中国道の慢性的な渋滞。少しは解消できるのかな。

b0102572_23234820

 さて、高速道に因んで、今宵の歌は、「Do You Know The Way To San Jose(サン・ホセへの道)」。歌姫は、オランダの歌姫「トレインチャ/Traincha(本名;Trijntje Oosterhuis)」。

 1973年生まれの44歳。脂の乗り切ったベテランといっていいでしょう。教会音楽作詞家の父親と、ヴァイオリニストの母親に持つ音楽一家に育ち、10歳の頃から音楽を始めたという。ジャズ・サックス奏者の「キャンディ・ダルファー/Candy Dulfer」のバンドのボーカルも務めたが、やがて、ポップ・グループ、「トータル・タッチ/Total Touch」を結成、1996年にデビュー、ミリオン・セールスも記録し、着実にキャリアを重ね、4年間程活動したという。しかし彼女は、そのキャリアをあっさりと捨て、元来興味を持っていたソウル、ジャズの世界に進んでいった。

 ソロになってからは、数々のジャズやポップスのスターと共演を果たし、オランダでは大きな評価と人気を獲得した。その彼女の日本デビュー盤となったのが、大御所、「バートバカラック/Burt Bacharach」のソング・ブック、「The Look of Love ~Burt Bacharach Songbook」(2007)である。オーケストラをバックに時代を超えて輝き続けるバカラックの名曲の素晴らしい歌唱。

The Look of Love..

Trijintje Oosterhuis / Blue Note

「Trijntje Oosterhuis ー Do You Know The Way To San Jose」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 そして、「Walk on By」。

「Walk on By – Trijntje Oosterhuis(Traincha)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 「平賀マリカ/Marica Hiraga」の歌唱も聴いてみましょうか。「マンハッタン・ジャズ・クインテット/Manhattan Jazz Quintet(MJQ)」とのコラボ。バカラック・ソングブック、「Close To Bacharach」から。

51N-HqejzsL

  

Close to Bacharach Special Edition
平賀マリカ
SPACE SHOWER MUSIC

  
  
  

「DO YOU KNOW THE WAY TO SAN JOSE ー Marica Hiraga with Manhattan Jazz Quintet」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.