JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

秋の陽がつくる鮮やかなコントラスト

Tags: , ,

シュウメイギク
 秋が深まり、陽が南に傾いてきたため、景色の見え方や色の感じ方が変わってきたのを実感している。「シュウメイギク(秋明菊)」の織り成す「光と影」。夏には感じなかった光と影がつくる秋の光景。

ざくろ

 鮮やかな「ザクロ(柘榴)」。空気の加減か、太陽の光線の加減か、同じ赤でも、「ノウゼンカズラ(凌霄花)」などの「夏の赤」より一層深みのある赤に見える気がする。

EGO_ap_main2016

 「EGO-WRAPPIN’(エゴ・ラッピン)」という奇妙な名前のユニットがある。「森雅樹」、「中納(なかの)良恵」の二人によって構成される大阪出身のJAZZ色の濃いバンドである。その名を全国区で知られるようになったのが、2000年にリリースしたアルバム「色彩のブルース」である。この曲、「ディック・ミネ」や「フランク永井」など、どこか懐かしい昭和のジャズ風歌謡曲にも通ずる雰囲気を持った「今様ジャズ歌謡」。

【 色彩のブルース 】  作詞;中納良恵 作曲;中納良恵/森雅樹

「♪ 昨日の夢 オレンジ色の翳り
   今日の夢 沈黙の気配示す
   アルコールの川をゆっくり渡る
   長ぐつのリズム 心で酔いましょう

   鉛の指から流れるメロディー
   激しく染める光の渦
   あかりの色が奏でるブルース
   やさしく泣いてる吐息に 甘えさせて…

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

色彩のブルース

EGO-WRAPPIN’ / インポート・ミュージック・サービス


   

「EGO-WRAPPIN’ ー 色彩のブルース」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

b0102572_1712020

 同じようなデュオ編成のユニットがこの歌をカバーしている。「Winterplay/ウインタープレイ」。かって韓国JAZZチャート第一位にランキングされたこともある人気ジャージー・ポップ・ユニットで、「ソングス・オブ・カラード・ラヴ/Songs Of Colored Love」(2009)は、日本デビュー・アルバムである。透明感に溢れる美声を持つ歌姫、「ヘウォン/Hye-won」と、「色彩のブルース」の英詩も担当し、プロデュースとソング・ライティングも手掛けるトランぺッター、「ジュハン・リー/Juhan Lee」によるデュオ・ユニット。米国西海岸発を思わせるようなクールなサウンド。

ソングス・オブ・カラード・ラヴ

WINTERPLAY / ユニバーサル ミュージック クラシック



「WINTERPLAY ー SONGS OF COLORED LOVE~色彩のブルース~」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 そして番外編は「中森明菜」。私は歌謡曲のファンではないのですが、彼女のいくつかのアルバムには「う~ん」とうなってしまう。私生活では時折スキャンダラスな話題がつたえられたが、本当に歌はうまい。カバー・シリーズの「歌姫Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ」のなかでは、Ⅱの「ZERO album~歌姫II」が一番Jazzy。スキンヘッドのジャッケトでも大きな話題になったが、中身もなかなかなもの。「色彩のブルース」のスイング感もすごい。

B000060NBP_09_MZZZZZZZ

ZERO album~歌姫II/
中森明菜 千住明 永六輔 康珍化 庄野真代 荒木とよひさ 竹内まりや / ユニバーサル・シグマ


   
   
   
   

「色彩のブルース ー 中森明菜」

      You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

  

Tags: , ,

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.