JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

もちもちな子供たち

Tags: , ,

DSCN9313
DSCN9321
DSCN9335
DSCN9337
 「成人の日」のこの日は恒例の「新年餅つき大会」。一庫公園で活動する6団体が合同で主催をする年1回のイベントである。日頃は活動する日がかぶらないようにしているので、お互いの交流が図れるのも、この日だけである。朝9時半受付開始、小雨が降ったり止んだりのあいにくの天気であったが、一般参加者約60人、スタッフ約30人が集まり、受付開始後、すぐに予定数をオーバーし、受付を締切るほどの大盛況となった。初めて餅をつく親子も多く、子供たちも真剣な顔。お餅がどうやってできるのかを初めて体験し、明日から始まる新学期を前に、少し寒いが美味しい一日となった。メニューは、関西風丸餅のあんこ餅、野菜いっぱいのお雑煮、きなこ餅、おろし餅。お昼近くには、お馴染み公園アイドル、鹿親子も顔を出してのご愛嬌。今年も餅つきから始まるイベントは上々のすべり出し。

 さて、新しい年に変わったが、あるいは、新学期は始まったが、なかなか上手くスタートを切れない。こんな方もいらっしゃるかもしれません。新成人うち、約1/3の人たちが、「日本の未来に明るい希望を持てない」と思っているアンケート結果もある。新春です。そんな憂いを吹っ飛ばすために、気宇壮大な「大ボラ吹き」の歌でも聴きましょうか。よく知られたスタンダードの曲で、「I Can’t Get Started」。「言い出しかねて」なんていう洒落た邦題がついています。「アイラ・ガーシュウィン/Ira Gershwin」作詞、「ヴァーノン・デューク/Vernon Duke」作曲で、1936年のミュージカル映画「ジーグフェルド・フォリーズ/Ziegfeld Follies」で「ボブ・ホープ/Bob Hope」が歌い、その後「バニー・ベリガン/Bunny Berigan」のトランペット演奏によって有名になったという。

【 I Can’t Get Started 】   by Ira Gershwin , Vernon Duke

「♪  Verse                   ヴァース(省略)

  I’ve flown around the world in a plane  世界中を飛行機で回ってきた
  I’ve settled revolutions in Spain      スペインでは内戦を鎮圧し
  The North Pole I have charted       北極の地図も作った
  Still I can’t get started with you      でも君とは何も始まらない

  On the golf course, I’m under par     ゴルフをすれば、アンダーパー
  and Metro-Goldwyn’s asked me to star   MGM映画からは出演のお誘い
  I’ve got a house, a show place       名所となるようなすごい家も持った
  Still I can’t get no place with you      でも君とは何も始まらない

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  I’ve been consulted by Franklin D   フランクリン・ルーズベルト大統領から相談を受け
  and Greta Garbo had me to tea    グレタ・ガルボはお茶に招待してくれた
  Still I’m broken hearted        でもまだ僕の心は破れたまま
  Cause I can’t get started with you   君とは何も始まらないから  ♪」

 ちょっと哀しい大ホラ吹きの歌、それなら女性歌手より、男性歌手の方がいいでしょう。まずは、この曲をヒットさせたという「バニー・ベリガン」のトランペットにオーバー・ダビングして華やかに歌うのは、「バリー・マニロウ/Barry Manilow」。アルバムの出典はわかりませんが、YOUTUBEにアップされていました。


「Barry Manilow – I Can’t Get Started」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 雰囲気をがらっと変えて、ちょっと退廃的なムードで ・・・。「チェット・ベイカー/Chet Baker」。アルバムは、演奏だけでなく歌入りの「Sings Again」 (1985)から。

Sings Again

Chet Baker / Timeless

「Chet Baker – I Can’t Get Started」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 最後は「ウォーレン・ヴァッチェ/Warren Vaché」のちょっと気だるいトランペットの演奏で ・・・。アルバムは、コンピ・アルバム「Jazz for a Rainy Afternoon」から。

Jazz for a Rainy Afternoon

Various Artists / 32. Jazz Records

「I Can’t Get Started – Warren Vaché/Jazz For A Rainy Afternoon」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

  

  

Tags: , ,

4 Responses to “もちもちな子供たち”


  1. ShiroYuki_Mot
    on 1月 9th, 2018
    @ 11:43 PM

    確かに、ものが作られて行く過程は徐々に身近から遠退いていますから、
    こうした体験は凄く貴重なのでしょうね。


  2. 大屋地 爵士
    on 1月 10th, 2018
    @ 10:27 AM

    ShiroYuki_Mot さん   ものづくりは利益率が悪いということから、自動化し、さらに製造拠点を海外へシフトするのが当たり前になってきています。しかし、その仕組みや過程を知らなければ、例えば、学校でも教えていると思いますが、二酸化炭素排出の問題ひとつとっても、原材料はなんなのか、どこから来ているのか、どういうものを組み合わせて、どういう処理をして、どう廃棄され ・・・がわからないと、理解は深まらないと思います。電気自動車はゼロ・エミッションといいますが、電気を作るために、あるいはバッテリーを作るために ・・・ということです。ものづくりの移転は、二酸化炭素排出責任の移転ということでもあります。やはり体験して学ぶということが大事ではないでしょうか。


  3. kozchan
    on 1月 25th, 2018
    @ 11:08 PM

    I Can’t Get Started
    この曲は何度も聴くのにこんな歌詞だったんですね。あまりにも楽しくて少しネットで調べると”言い出しかねて”というタイトルは大橋巨線がつけたとか。

    そうですね この歌詞では男性の声で聞きたいですね、そんなロマンな選曲もこのブログを拝聴する楽しみの一つです。
    私的には邦題の”言い出しかねて”より 何も始まらない がせつなくていいかなあ。


  4. 大屋地 爵士
    on 1月 26th, 2018
    @ 10:20 AM

    kozchan さん  「言い出しかねて」。おっしゃるように、このタイトルは大橋巨泉氏がつけたと言われています。タイトルだけみれば、いきなタイトルですが、歌詞の内容と
    まったくあっていないと思います。ほかの男性歌手でしたら、シナトラ、ロッド・スチュアートなどの歌唱も味わい深いとおもいます。

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.