JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

雪の中、二回目の炭焼き準備に取り掛かる

Tags: , ,

DSCN9537d
DSCN9541
 明け方に雪が降り出した。今季一番の冷え込みの朝。うっすらと雪が積もった山の公園へと登る道を車を走らす。スタッドレス・タイヤに替えているので、なんの心配もなく登っていく。

 19日(金)に一回目の「くどさし」をし、この土曜日の午前中に窯を明け、続いて午後、第二回目の炭焼きの「窯入れ」をする予定になっている。その準備作業を行う。降りしきる雪の中、かじかむ手をこすりながらの作業。去年は大雪のため、「窯焚き」を二日延期せざるを得なかったという経験もある。なんとか土・日は積もらないで欲しいと願うのみ。

 今宵の曲は、「ビートルズ/The Beatles」の曲。よくご存知でしょう、「イン・マイ・ライフ/In My Life」のカバー。ビートルズの世界とは全く別な世界を、3様の演奏で聴いてみましょうか。

【 In My Life 】   By JOHN LENNON, PAUL MCCARTNEY

「♪ There are places I remember      人生の中で、思い出に残る場所がいくつかある
  All my life, though some have changed  いくつかは変わってしまっているが
  Some forever not for better        永遠に変わらない場所もいくつかある
  Some have gone and some remain   失くなってしまった場所も失くならない場所も
  All these places have their moments   どの場所にも、その時々の思い出がある
  With lovers and friends I still can recall  愛した人や友達の忘れられない思い出が 
  Some are dead and some are living  何人かは亡くなってしまったけど元気な人もいる
  In my life I’ve loved them all       その人たちすべてを人生で愛してきたんだ

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・     ・・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

article16_1473

 まず、「ルディ・ロッタ」。1950年イタリア、ヴェローナ近郊の生まれ。なんともう67歳のオヤジ・ロッカー。幼少の頃、家族がスイスへ移住、14歳でギターを始め、18歳からプロとしてのキャリアを積んできたという。1987年に自身のバンドを結成。1993年には「モントルー·ジャズ·フェスティバル」で賞賛を勝ち取った。最近は故郷ヴェローナを活動の拠点としているという。

 そんなイタリア男、「ルディ・ロッタ」が率いるブルース・バンド、「ルディ・ロッタ・バンド/Rudy Rotta Band」のアルバムが、「The Beatles in Blues」(2001)。全曲ビートルズのブルース・カバーである。決して「キワモノ」でなく、ブルースにアレンジされたビートルズ・ナンバーはどれも渋めで、ビートルズへの情熱がそのサウンドには感じられる。

Beatles in Blues

Rudy Rotta / Pepper Cake

「Rudy Rotta – In my Life – The Beatles」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

rita-lee-maconha

 そして、「フェイク・ボッサ」は、つい最近もビートルズ・カバーで取り上げた、「Rita Lee/リタ・リー」。ブラジル・ロック界の女王といわれていた、「ムタンチス/Os Mutantes」のリード・ヴォーカル。ビートルズ・ナンバーをボッサ・アレンジしたアルバム、「ボッサン・ビートルズ/Bossa ‘n Beatles」(2005)は、ビートルズ・カバーのPOPな楽しさに溢れている一枚。

ボッサン・ビートルズ

リタ・リー/ワードレコーズ

「Rita Lee – In My Life」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  

b0102572_17492185

 最後は、これも「フェイク・ボッサ」ですが、ボーカル・デュオ。ポーランド出身の歌姫、「グラジーナ・アウグスチク/Grazyna Auguscik」とブラジリアン・ギタリスト、「パウリーニョ・ガルシア/Paulinho Garcia」のデュエットによるビートルズ・カヴァー集から。「ふたりのボサノヴァ〜ビートルズ・ノヴァ/The Beatles Nova」は、リラックスして聴けるボッサ・アルバム。ガット・ギターで紡がれるナチュラルで柔らかなボッサのリズムと、アンニュイな雰囲気をもち、そっとつぶやくような美しい歌声。ビートルズが築いた世界とは全く別のノスタルジックで哀愁漂う世界が現われる。二人共、現在は、シカゴに在住し、親交を続けてながら、音楽活動を続け、3枚ほどのデュオ・アルバムをリリースしているようだ。

ふたりのボサノヴァ~ビートルズ・ノヴァ

グラジーナ・アウグスチク&パウリーニョ・ガルシア / MUZAK

「Grazyna Auguscik and Paulinho Garcia – The Beatles Nova/In My Life」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
  
  

Tags: , ,

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.