JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

建物のない博物館

Tags: , ,

2017-06-03_160203
ひと
 「北摂里山博物館」。都会近くに残された北摂の里山地域一帯の保全、活性化を、専門家や森林ボランティア、環境活動団体など限られた方々だけで行うのではなく、「北摂里山博物館(地域まるごとミュージアム)」として整備し、環境学習、野外活動など、訪れる人々それぞれのニーズにあわせて活用されることを目的として、兵庫県の音頭により運営されているもので、地域にある約30の里山がネットワークされている。だからこの博物館は、「建物のない博物館」である。キャッチコピーは、「ひと、さと ずっと」。(参照 「北摂里山博物館ホームページ」

 そんな里山の保全を支えているのは、ボランティア・グループ。そんな事を知った運営協議会が、数年前から「北摂里山魅力づくり応援事業」に助成金を交付している。この日、助成金を受けているグループ、我々のグループもそうであるが、16グループの活動事例報告会があった。この制度は高齢者が多いボランティア・グループの活動に極めて強い味方である。この報告会、いわば、「里山夢中じいさんばあさん、集合!!」といったところか。各グループの地域差や活動内容の違いを超えて、高齢化や人集め等の共通する課題や他のグループも参考になる事業内容を聞いて、参考になるところが多々あった。

 さて、私が夢中になっているアメリカのTVドラマ、「Mad Men」で流れるなつかしい’60年代のPOPSを取り上げる。「君に夢中/Goin’ Out of My Head」。わたしがよく聴いたのは、なんといっても「セルジオ・メンデス&ブラジル’66/Sérgio Mendes & Brasil ’66」のカバー。「ディオンヌ・ワーウィック/Dionne Warwick」のカバーもヒットしたと記憶している。 

 この曲、オリジナルは、私にはまったく聞き覚えがありませんが、「リトル・アンソニー&ジ・インペリアルズ/Little Anthony & the Imperials」というグループによって1964年に録音されたという。

mendes-srgio--brasil-66-53ed091e8cbc2

 最初に聞いたこの曲が収録されているのは、「セルジオ・メンデス&ブラジル’66」のデビュー・アルバム、「マシュ・ケ・ナーダ/Mas Que Nada」(1966)。いや、衝撃的でした。「ティファナ・ブラス/The Tijuana Brass」のリーダーで、また、「A&Mレコード」の創始者の一人である「ハーブ・アルパート/Herb Alpert」に見出され、ボサ・ノヴァ、ポップスの垣根を越えて世界に旅立った1966年の作品。

 「セルジオ・メンデス」はもともとジャズ・ピアニストであり、「ブラジル’66」結成以前は、「ワンダ・ジ・サー/Wanda Maria Ferreira de Sá」をリード・ボーカルにした「ブラジル’65」というグループを率いて、従来からの素朴なボサノバを演奏していた。こんな経歴の持ち主であるセルジオが1966年、「ブラジル’66」と言うグループを結成、大変身をし、デビュー・アルバムに収められた「マシュ・ケ・ナダ/Mas Que Nada」が世界的に大ヒットした。このアルバムに収められた10曲のうち、「ビートルズ」の「デイ・トリッパー/DAYTRIPPER」など4曲が ボサノバ・テイストのポップスであり、原曲よりビートを利かせ歯切れよく、二人の女性ボーカルがクールに歌うという「セルジオ・メンデス」独特の「フェイク・ボッサ・スタイル」がここから始まったのだと思っている。

【 Goin’ Out of My Head 】  by Teddy Randazzo , Bobby Weinstein

「♪ Well, I think I’m goin’ out of my head   私の頭の中はいっぱいなの
  Yes, I think I’m goin’ out of my head    そう、私の頭の中はいっぱいなの
  Over you, Over you             あなたのことで あなたのことでね
  I want you to want me,            あなたに愛されたい
  I need you so badly             本当にあなたが必要なの
  I can’t think of anything but you       あなたのほかになにも考えられない

  And I think I’m goin’ out of my head    私の頭の中はいっぱいなの
  Yes, I think I’m goin’ out of my head    そう、私の頭の中はいっぱいなの
  Over you, Over you             あなたのことで あなたのことでね

  I see you each morning           毎朝、あなたと出会っても
  But you just walk past me           ただ通りすぎるだけ
  You don’t even know that I exist       まるで私なんか気にしてないかのように

  Goin’ out of my head over you       私の頭の中はあなたのことでいっぱいなの
  Out of my head over you           あなたのことでいっぱいなの
  Out of my head day and night        夜も昼もあなたのことでいっぱいなの
  Night and day and night, Wrong or right   夜も昼も、間違っていようが正しかろうが

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・      ・・・・・・・・・・・・・・・・   ♪」

マシュ・ケ・ナーダ

セルジオ・メンデス&ブラジル’66 / ユニバーサル ミュージック クラシック

 

「Sérgio Mendes & Brasil ’66 – Going Out Of My Head」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 「ディオンヌ・ワーウィック」のバージョンでも ・・・。「Very Dionne」(1971)。「バート・バカラック&ハル・デイヴィッド/Burt Bacharach & Hal David」作品に加え、「ビートルズ/The Beatles」の「イエスタデイ/Yesterday」、「カーペンターズ/Carpenters」で大ヒットした「愛のプレリュード/We’ve Only Just Begun」、「リトル・アンソニー&ジ・インペリアルズ」の「ゴーイング・アウト・オブ・マイ・ヘッド(君に夢中)」他を収録。

41VCDvLPK1L

     
ヴェリー・ディオンヌ(紙ジャケット)/Very Dionne
ディオンヌ・ワーウィック/Dionne Warwick
ワーナーミュージック・ジャパン


     
      

「Dionne Warwick – Going out of my head」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   

  

Tags: , ,

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.