JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

「一目千両、絶景のタムシバふたたび」と毎年追いかけているが ・・・

Tags: , ,

タムシバ
 画質が悪いが、5年ほど前、買い物の後、ちょっと春の里山あたりを寄り道してと車を走らせた時の光景の写真。宝塚市とわが町の境付近にあるトンネルを抜けると、そこには驚くべき景色が広がっていた。白い花が、まるでモザイクのように山一面を覆っている。そして、そんな絶景が数kmにわたって続いているのである。「タムシバ(田虫葉)」という花を知った時であった。

 「一目千両」。吉野山の桜の絶景を表する言葉である。「ヤマザクラ(山桜)」、「エドヒガン(江戸彼岸)」など桜の絶景ポイントは、ご近所にいくつもあるが、桜以外にも、その言葉に当たるような絶景ポイントがこの「タムシバ」の景色。ただ残念なことに、毎年お目にかかれるわけではなく、何年かに一度だけこのような絶景にお目にかかれるのである。

タムシバ3
DSC_0893a
タムシバ4

 私は「タムシバ街道」とよんでいるが、あの絶景が忘れられずに、毎年「そろそろかな」という時期になると、買い物の帰りなどに、この街道の「タムシバ」をチェックしている。しかし、桜よりずっと前に開花したり、遅れたり、開花の時期を予想することがなかなか難しく、絶景を見逃してしまうこともままある。今年のように桜の開花とシンクロしたりすると、「ヤマザクラ(山桜)」と混在して、印象が薄れたり、咲き加減、天候、光などによって、かなり見え方が左右されるようで、あれ以降あれほどの景色にはお目にかかっていない。ことしも満開は確認したが、絶景というには程遠く、残念な結果に終わっている。来年こそは ・・・。

 「タムシバ」。モクレン科モクレン属の落葉小高木。花の香りが群を抜いていいところから、別名を「ニオイコブシ(匂辛夷)」といい、早春に白い六弁花を葉に先立って咲かせる。 他に「カムシバ」の別名をもつが、こちらは「噛む柴」で、葉を噛むとキシリトールのような甘味がするためにこの名前がつき、転じて「タムシバ」となったといわれる。 花は「コブシ」に似るが、やや小ぶりで、「コブシ」が花の下に葉が一枚ついているのに対し、「タムシバ」は花の下に葉がないので、見分けは容易であるともいう。山に春を告げる白い花が、「タムシバ」で、里に春を告げる白い花が、「コブシ」である。(下の写真は「コブシ」)

b0102572_10222919

 今宵の曲、その絶景を形容して、「ブリリアント・コーナーズ/Brilliant Corners」。「大西順子トリオ」の演奏で。今曲は、ジャズ・ピアニストの「セロニアス・モンク/Thelonious Monk」が1957年に発表したアルバムのタイトル曲。不協和音を多用したイントロ、7小節単位の展開など、モンクの代表作に挙げられることが多い。

HP大西順子-thumb-400x300-6210
 「大西順子」。1967年、京都府生まれのジャズ・ピアニスト。4歳からピアノを始め、高校時代に兄が持っていた「セロニアス・モンク/Thelonious Monk」のレコードを聴いて衝撃を受け、ジャズに開眼したという。卒業後渡米し、1989年にバークリーを首席で卒業、しばらくアメリカで活動したが、1992年帰国。デビュー作となるピアノ・トリオ・アルバム、「ワウ/WOW」を1993年リリース、大反響を巻き起こし、ジャズ・レコードとしては異例の5万枚のセールスを記録し、「スイング・ジャーナル誌ジャズ・ディスク大賞日本ジャズ賞」を受賞した。

 その後、国内外で演奏やレコーディング活動を行うも、1998年秋に突然活動を休止。2005年、演奏活動を再開したが、2012年秋には「やりたいことは全てやった」と引退宣言、今度は本当に演奏を辞めることになった。しかし、最後のライブ会場に居合わせた「小澤征爾」と大西の大ファンである「村上春樹」が、その場で「引退反対」と叫んだことから、「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」において、「小澤征爾」の指揮する「サイトウ・キネン・オーケストラ」とガーシュインの「ラプソディ・イン・ブルー」の共演が実現したという。

 私の中では長い間ポジションが定まっていなかったピアニストである。はっきり言えば、分かりやすいピアノではないのだ。私のようなジャズを「人生のBGM」と言ってはばからないような軟弱なジャズ・ファンにとっては、なおさらである。話題になった1994年5月の「ヴィレッジ・ヴァンガード/the Village Vanguard」出演。その時のライヴ第2弾、「ビレッジ・バンガードII」から。

ビレッジ・バンガードII

大西順子トリオ / EMIミュージック・ジャパン


「Brilliant Corners – Junko Onishi Trio」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 なんといっても、このアルバムのハイライトは、「美空ひばり」のヒット歌謡「りんご追分」を延々20分以上にわたって演奏している。そういえば、ふるさと松本の実家の周辺は、桜が終わると、次は林檎の花だった。
  

「Junko Onishi Trio ー Ringo Oiwake(りんご追分)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   

    

Tags: , ,

2 Responses to “「一目千両、絶景のタムシバふたたび」と毎年追いかけているが ・・・”


  1. ShiroYuki_Mot
    on 4月 6th, 2018
    @ 11:17 PM

    不定期?の絶景は、一度拝んでしまうと、その虜になってしまいますね。
    写真で見るより、肉眼を通して脳裏に刻まれた光景は、忘れ得ぬ記憶になります。
    でも、また、見たいと思うのが人情で、その事がより一層記憶を深く刻みますね。
    その記憶を呼び覚ます道具としての写真も「あり」ですね。


  2. 大屋地 爵士
    on 4月 7th, 2018
    @ 10:11 AM

    ShiroYuki_Motさん  このタムシバの風景、見た時の印象が強烈で、吉野山の桜などと同じく脳裏に刻まれています。もう一度見たいと思って、毎年チェックしてますが、なかなかお目にかかれなくて ・・・。

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.