JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

人形の家で

Tags: , ,

DSC_0919
DSC_0930a
DSC_0948
DSC_0953
DSC_0942
 隣町、猪名川町で、この時期旧暦のひな祭りにが開催されている。預かりを頼まれていた孫娘を連れて出かけてきた。場所は、明治から昭和にかけてのこの地出身の豪商、冨田家が昭和初期に建て、国登録有形文化財にも指定されている、かやぶき古民家「静思館」である。

 外国人客などを接待するという目的で、3年かけて建てられたという建築面積534㎡(162坪)の大邸宅、10を超える部屋や、おくどさん(台所)、縁側、蔵、庭などいたるところににおびただしい数のお雛様が飾られている。地元の旧家から集めたものや、趣味の創作お雛様やら、その数の見当もつかないくらいの多さ。

 人形たちの作る空間。ある種の妖しいオーラさえ感じ、真夜中にここに一人ではとてもこれそうにない。孫娘は目ざとくはその中から足の指が6本ある人形を見つけた。「きゃああああ~~~!!」

 昭和歌謡から、「人形の家」。「弘田三枝子」のパンチのある歌唱で、昭和44年、私が入社した年にヒットしました。それまでポッチャリしたという印象のあったPOPSのダイナマイト娘。すっかり大人になった彼女の再登場にはびっくりしたものでした。この歌、作曲「川口真」、作詞「なかにし礼」ですが、サルサ・バージョンと英語バージョンがあるようで、YOUTUBEにアップされていた英語バージョンを聴いてみます。(歌詞はNETを参考に)

【 Ballade Of Doll’s House 】

「♪ What is this
  That has made you dislike me
  Have I done anything that will hurt your pride

  Love once burned in our hearts
  We were on the throne
  Now you’ve gone
  And I’m down all alone

  I’m a doll in the pain
  Lying still in the dust
  Waiting for you
  As all dolls do
  In this forgotten so forgotten lonely room

  You were my life
  My everything
  You had me dancing
  On forty strings

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  ♪」

51WQniMM8EL__SS500

    
弘田三枝子・せれくしょん~ジャズ・ヒッツ
弘田三枝子
COLUMBIA


     
     


「人形の家 (英語版) ー 弘田三枝子」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   

    

Tags: , ,

2 Responses to “人形の家で”


  1. photofloyd(風呂井戸)
    on 4月 7th, 2018
    @ 11:47 AM

    弘田三枝子「人形の家」いやはや大変なモノが出てきましたね、
     私も結構聴きましたよ・・・(笑い)。
     「私が死んだら」なんてインパクトのある曲もありました。そうそう「涙のドライブ」も良かったです。
     更に「この大空に捨ててしまおう」もなかなか壮大でした。
     懐かしいです。


  2. 大屋地 爵士
    on 4月 7th, 2018
    @ 4:39 PM

    風呂井戸さん  来年はまた年号が変わると聞くと、昭和~平成~新年号と3代、えらく長生きをした印象があります。正直計算はややこしくなるので西暦の方が使い勝手はいいのですが、「昭和」という言葉が持つレトロ感、空気感は「西暦○○○○」ではでませんね。「人形の家」、戦後の昭和、私の昭和を代表する曲の一つです。

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.