JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

路傍の花、樹々の鳥(223) ~ 秋を感じさせる空と雑草 ~

Tags: , , ,

DSC_0976
DSCN0988
 山では秋を感じさせるシーンが多くなってきたが、里でもその気配が。いわし雲のような秋空ではないが、台風一過、月、雲、空の色に、なんとなく秋の気配を感じる。今年は、もう少し暗くなると赤く輝く火星が、月の脇にはっきり見える。十五夜も近くなってきた。

 道端や空き地では、この大雨を受けてか、個性的な名前が多い雑草が繁茂。葉や茎に悪臭があることから名付けられたという「ヘクソカズラ(屁糞葛)」もそのひとつ。蔓性の多年草なので、至る所に生え、刈っても刈っても次の年にはまた茂ってくる。実家に庭にも生えていので、今頃は、草茫茫で近所に迷惑をかけていないか気になるところ。しかし、花は意外と可愛らしい。

 「図書館戦争」や「阪急電車」でも知られている「有川浩」の恋愛小説で、2年ほど前に映画化もされた「植物図鑑 (幻冬舎文庫)」の第1章にこの花が出てくる。ひょんなことから、家事万能のスーパー家政夫のうえ、重度の植物オタクで、イケメンの「樹(イツキ)」と奇妙な同棲生活を始めた女の子の話。そこには、「花の姿の愛らしさは雑草の中でもかなり上位に入る」と弁護するように書かれている。

植物図鑑 (幻冬舎文庫)

有川 浩 / 幻冬舎



DSCN0949
 そして、ブラシのように長い穂の形が独特な雑草、「エノコログサ(狗尾草)」。この花穂が、犬の尾に似ていることから、「犬っころ草(いぬっころくさ)」が転じて「エノコログサ」という呼称になったという。また、花穂を振ると、猫がじゃれつくことから、「ネコジャラシ(猫じゃらし)」とも呼ばれる。こちらの名前の方が、馴染みが深い。子供の頃、よく遊んだものだ。

 「ヘクソカズラ(屁糞葛)」とひどい名前をつけられたのでは、余りにも可愛そう。そこで今宵の歌、「花はどんな花でも愛らしい」という意味を込めて、「A Flower Is A Lovesome Thing」。「A列車で行こう/Take The ”A” Train」の作者として知られ、アメリカのジャズピアノ奏者、作曲家、アレンジャーであった、「ビリー・ストレイホーン/Billy Strayhorn」の有名な曲。「lovesome;美しい、チャーミングな」、「luscious;薫りがいい」、そんな言葉でヨイショしておきましょう。

【 A Flower Is A Lovesome Thing 】  by Billy Strayhorn, Duke Ellington

「♪ A flower is a lovesome thing
   A luscious living lovesome thing
   A daffodil, a rose, no matter where it grows
   Is such a lovely lovesome thing ・・・  ♪」

 YOUTUBEにアップされていた、「デューク・エリントン楽団/The Duke Ellington Orchestra」との共演が多いことで知られている男性シンガー、「オジー・ベイリー/Ozzie Bailey」と「ビリー・ストレイホーン」のピアノのデュオで。コンピ・アルバムだと思われますが、1965年録音のものが、「Lush Life」に収録されているようです。

419Z130N79L

      
Lush Life
Billy Strayhorn
Sony


       
        

「Ozzie Bailey & Billy Strayhorn – A Flower Is A Lovesome Thing」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 おなじくYOUTUBEから、「エラ・フィッツジェラルド/Ella Fitzgerald」と「デューク・エリントン/Duke Ellington」のコラボで。「Ella at Duke’s Place」(録音1965年)から。

51uZvX2wfCL
     
Ella at Duke’s Place
デューク・エリントン & エラ・フィッツジェラルド
Polygram Records


      
      

「A Flower is a Lovesome Thing -Ella Fitzgerald」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
    

      

Tags: , , ,

4 Responses to “路傍の花、樹々の鳥(223) ~ 秋を感じさせる空と雑草 ~”


  1. ShiroYuki_Mot
    on 8月 29th, 2018
    @ 9:25 PM

    A Flower Is A Lovesome Thing !。 ビリー・ストレイホーンの曲は大好きです。
    しかし、数曲を除いて、楽団で演奏される事は少ないものが多いので … 。
    オケでカラフルに演奏すると、味を損なうと考えていたのかも知れません、御大が


  2. 大屋地 爵士
    on 8月 30th, 2018
    @ 2:24 PM

    先達のShiroYuki_Mot さん  最近、ビリー・ストレイホーンの良さが少しですが、わかってきました。


  3. ShiroYuki_Mot
    on 8月 30th, 2018
    @ 9:25 PM

    大屋地爵士 さま 先達 はご勘弁下さいませ。

    彼 は素晴らしい方ですので、是非、其の世界にお遊び下さいます様。


  4. 大屋地 爵士
    on 8月 31st, 2018
    @ 11:08 PM

    失礼しました。少しづつ聴いてみます。

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.