JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

秋の気配に包まれる山里をドライブ

Tags: , ,

DSCN1100
DSCN1094
DSCN1102
 雨模様の毎日が続く。その晴れ間、買い物がてらに能勢路をドライブ。刈り入れの始まった黄金色の田んぼを見ながらのドライブ。あぜ道には満開の色鮮やかな「ヒガンバナ(彼岸花)」、別名「マンジュシャゲ(曼珠沙華)」。弾けそうな大粒の能勢栗、色づく柿。山里はもう秋の気配に包まれている。

81kkT3jmIHL__SL1500_
 今宵のピアノ。私の大のご贔屓、長らくトリオから離れていたノルウェーの「トルド・グスタフセン/Tord Gustavsen」が、トリオに帰ってきた。ニュー・アルバムは、ECMレーベルからのリリースで、「The Other Side」(2018)。今年の1月にオスロの「Rainbow Studios」での録音。

 「トルド・グスタフセン/Tord Gustavsen」は、1970年、ノルウェー生まれのピアニスト。2003年のピアノ・トリオ作品「Changing Places」を皮切りに、「The Ground」(2004)、それに続く、「Being There」(2007)とトリオ3部作や、アンサンブルでのアルバムを、このブログでも紹介してきた。しかし、やはり彼の真骨頂はトリオ演奏。早く帰ってきてほしいと願っていたが、その願いがかなったアルバムである。長年の盟友、「ヤーレ・ヴェスペスタ/Jarle Vespestad (ds)」に加え、新しいベーシストは、「スィッガード・ホール/Sigurd Hole」。グスタフセン・カルテットでのベースも務めたことがある。

 はやり、最大の特長である美メロは、エレクトロニクスも効果的に用いて、健在。このアルバムも、優しいメロディアスな響きと静寂に包まれている。

81zjSv8D-3L__SL1200_
    
The Other Side
Tord Gustavsen Trio
ECM


      
     

 上記アルバムから、「Schlafes Bruder/Ingen Vinner Frem Til Den Evige Ro/The Other Side」、4曲のエッセンスをメドレーで。

「Tord Gustavsen – The Other Side (Medley)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 「The Tunnel” (T. Gustavsen)/Duality” (T. Gustavsen)/Ingen vinner frem til den evige ro” (Trad. / Arr.: T. Gustavsen)/Schlafes Bruder” (J.S. Bach / Arr.: T. Gustavsen)」の3曲のエッセンスをメドレーで。

Tord Gustavsen Trio – The Other Side(promo montage)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
     

      

Tags: , ,

3 Responses to “秋の気配に包まれる山里をドライブ”


  1. ShiroYuki_Mot
    on 9月 21st, 2018
    @ 7:20 PM

    いいですね、彼岸花に栗に柿!。
    すっかり、飽き気分にさせて戴きました。


  2. ShiroYuki_Mot
    on 9月 21st, 2018
    @ 9:17 PM

    あ、!、大変失礼致しました。
    飽き気分 は 秋気分 のタイプミスです。


  3. 大屋地 爵士
    on 9月 21st, 2018
    @ 11:11 PM

    ShiroYuki_Mot さん   今年は、急ぎ足で秋が近づいていますね。栗も柿もいつもより熟すのが早いような気がします。

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.