JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

路傍の花、樹々の鳥(332) ~ 孤高に咲くこの花が好き ~

Tags: ,

皇帝ダリヤ2
 日課のウォーキング。この季節、団地では、「サザンカ(山茶花)」、「ノギク(野菊)」、「バラ(薔薇)」などを見かけることが多いが、目立つのが「コウテイ・ダリヤ(皇帝ダリヤ)」。年々見かけることが多くなってきている。木ではないのに高さは3mを優に超え、周りの木より抜きん出て高く育つ存在感。大輪。名の由来のように優雅さの中にも清廉さがあり、孤高の気高さが感じられるためか人気がたかいようだ。

 私は外来の園芸種にあまり興味はないのだが、この「皇帝ダリヤ」には目を奪われてしまう。高さも低く、数株で群れて栽培されているのもあるが、私は、すっくと高く一本立ちで、孤高に咲くこの花が好きである。

image
 今宵のピアノ、「スティーブ・ドブロゴス/Steve Dobrogosz」。1956年アメリカ・ペンシルヴァニア州に生まれ、6歳からクラシック・ピアノを始めたが、バークリー音楽院卒業後の1978年、22歳の時、結婚を機に1978年に夫人の故郷スウェーデンに移り住み、ストックホルムの王立アカデミーに入学して、自身のジャズ・カルテットやピアノ・ソロの活動を積極的に展開。その後はずっとスウェーデンでポップス、ジャズ、クラシカルと幅広いジャンルにわたり活動している。

 また女性ヴォーカリストたちとのデュエット作品にも力を入れ、このブログでも紹介した、ノルウェーの生んだ伝説的名歌手、「ラドカ・トネフ/RadkaToneff」のピアノ伴奏を務めた「フェアリー・テイルズ/Fairy Tales (おとぎ話)」(1982年)はジャズ・ピアニストとしての彼の名を高めた。

 ジャズやポピュラー・ミュージックのソング・ライターとして注目を集めていたドブロゴスは1980年代に入ってからは、クラシックの声楽作品にも力を入れ始め、彼の最初の「ミサ曲(Mass 1998)」は高い評価を得て、現在では20ヶ国を超える国々で演奏されているという。

 そんな彼のソロ・アルバム、「エボニー・ムーン/Ebony Moon」(2006)から、「Glade / The Trees」。「glade」とは、「低湿地、林間の空き地、凍らずに残った場所」という意味だが、そんな場所にある木々が、孤高の美メロとともに浮かんでくるような演奏。

 エボニー・ムーン

 スティーブ・ドブロゴス / BLUE GLEAM

「Glade / The Trees – Steve Dobrogosz」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

   

    

Tags: ,

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.