JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

木の実いっぱいの工作、その後は手作りピザを頬張る

Tags: , , ,

DSCN1580
DSCN1597
DSCN1601
DSCN1600
 今シーズン、朝一番の冷え込みだとか。今日は20人ほどの家族連れと一緒に、木の実をいっぱい使った木工細工と手作りピザを楽しむイベント。ドングリ、松ボックリ、楓(ふう)や杉の実。かなり寒くなってきましたが、子供たちは元気いっぱい木の実などでいろんなものを作り、お昼には、生地を自分で伸ばし、野菜をトッピングしたピザを、美味しい、美味しいと頬張っている。

 焚き火が恋しく懐かしい季節になった。おそらく、一般の住宅地なんかでは、焚き火は御法度。しかしこの山では、この時期の野外イベントには、必ずと言っていほど、焚き火がつきものである。人が集まってくる。「火吹き竹」を珍しがる子も。あるお母さんはキャンプで使うと言って、「火吹き竹」を作っては喜ぶ。

 もうすぐ12月。ネイチャー・センターの薪ストーブにも火が入る。

b0102572_9544343
 「焚き火」。英語で「bonfire」。イタリア出身のご贔屓のピアニスト、「ロベルト・オルサー/Roberto Olzer」のアルバムに、「The Moon And The Bonfires」がある。「兵庫県立芸術文化センター」で行われた「Hyogoクリスマス・ジャズ・フェスティバル2016」のコンサートを聴きに行ったこともある今まさに絶頂期、旬を迎えているといっても過言ではないジャズ・ピアニストである。

「ロベルト・オルサー/Roberto Olzer」。1971年、イタリアは「ドモドッソラ」生まれ。幼少の頃から、クラシックのピアノとオルガンを習い、名門「ベルディ音楽院」ではオルガンを専攻。その後、ミラノのカソリック大学では哲学を学ぶ傍ら、「エンリコ・ピエラヌンツィ/Enrico Pieranunzi」らからジャズ・ピアノを学んだという。その後、「ユーリ・ゴロウベフ/Yuri Goloubev (doublebass)」、「マウロ・ベッジオ/Mauro Beggio (drums)」とピアノトリオを結成、2012年に、「ジャズ・ディスク大賞金賞」を受賞した「Steppin’Out」で日本デビュー、そして2015年「澤野工房」からの初リリース、「The Moon And The Bonfires」(2015)、その後も「Dreamsville」(2016)、「Torre del Lago」(2017)、「Celeste」(2018)とコンスタントにリリースされている。

 このアルバム、「The Moon And The Bonfires」、なんとなくタイトルに気にかかるものがあったが、最初はその理由に全く気がつかなかった。最近聴き返しながらジャケットを見たら、オルサー自身の言葉で、こんなことが記されていた。『La luna e i falo、’The Moon And The Bonfires’は、イタリアの作家、「チェーザレ・パヴェーゼ(Cesare Pavese)」の小説のタイトルです。その小説の主人公は ・・・』。ここで気がついた。このアルバムは、「チェーザレ・パヴェーゼ」の著名な小説、「月と篝火」の、その英語訳のタイトルをとり、パヴェーゼに捧げたアルバムであると。そして、オルサー自身の作曲になる収録曲、「La luna e i falo」は、絶筆「The Moon And The Bonfires(月と篝火)」(1950)の原題であると。

 そして、『この小説は時折私自身の人生、一人の人間としても音楽家としても、それを写した鏡のように思える時がある。・・・』とオルサーは続けて書いている。

 私はこの本の存在は知っていたが、残念なことに、一度も読んだことがないし、パヴェーゼが、1950年に42歳の若さでで自ら命を絶ったことも知らなかった。この繊細で優雅、美メロに満ちたアルバムを聴くと、「月と篝火」を一度読んでみたいと興味が湧く。

51EVQP2gxLL__SX350_BO1,204,203,200_
     
月と篝火 (岩波文庫)
パヴェーゼ (著)、 河島 英昭 (翻訳)
岩波書店


      
       
       
        
       

     
 そして、アルバム、「The Moon And The Bonfires」は、YOUTUBEへのアップがありません。「澤野工房」のHPでさわりが聴けます。

 THE MOON AND THE BONFIRES

 ロベルト・オルサー・トリオ / 澤野工房


 
 代わりに、日本デビュー・アルバム、「Steppin’Out」(2012)から、トリオによるライブ映像をアップしておきます。曲はオルサー自身の曲で、「Die Irren」。「惑い、迷い」という意味でしょうか。

 Steppin’ Out

 Roberto Olzer Trio / Abeat Records

「Roberto Olzer Trio – Die Irren」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   

    

Tags: , , ,

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.