JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

春を告げる魚、今年も不漁だとか ・・・

Tags: , ,

DSCN2307
ikanago
 これから「イカナゴのくぎ煮」が店頭に並ぶ季節。大阪湾、播磨灘の春の風物詩とも言われる春告魚、「イカナゴ(玉筋魚)」漁。今年の「イカナゴ解禁日」は3月5日。朝早く、漁に出て網を揚げ、「新子」とよばれる稚魚は、午後にはスーパーや魚屋の店先に並ぶ。それを買って、醤油・砂糖(ざらめ)・生姜で煮詰め、自家製の「イカナゴのくぎ煮」をつくる家庭も、この地域では多い。信州の漬物のように、各家庭の味があり、それが守られていると聞く。

 しかし、この「イカナゴ漁」、近年は漁獲量が著しく減少しおり、2019年の「いかなご親魚」の数は、1986年の調査開始以来最少で、推定総産卵量は平年の1割弱との発表もあった。店頭価格も高騰が続いており、親類・縁者・知人の分まで大量に作って贈っていた家庭では、頭を痛めているという。

 鰻、黒マグロ、鰊、ホタルイカ、数の子などなど ・・・。昔から慣れ親しんできた水産物の漁獲量が、需要のグローバル化、乱獲、海水の温度上昇など様々な原因によって、減少している。私なんかは、「なければ、値段が手が届かなければ、食べなければいい」と割り切っているので、まったく苦にもならないが、世間的にはそうもいかないらしい。まっ、昔から「食い物の恨み」は恐ろしいと言うから ・・・。

 3月11日は私の誕生日であるが、鎮魂の日なってから8年目を迎える。今宵の曲、「ミシェル・ルグラン/Michel Legrand」の名曲、震災の鎮魂歌のようにも聞こえる、「You Must Believe In Spring」。「ビル・エヴァンス/Bill Evans」の演奏が有名であるが、スタンダードとして色々な人に歌われている。原曲は、「カトリーヌ・ドヌーヴ/Catherine Deneuve」が出演し、1967年に公開された「ジャック・ドゥミ/Jacques Demy」監督のフランスのミュージカル映画、「ロシュフォールの恋人たち/原題:Les Demoiselles de Rochefort、英題:The Young Girls of Rochefort」で使われた名曲。

 「誰もが辛い時はあるけれど、雪の下にはバラの花が隠されてい。季節は知っていて、必ず春になると咲く」という歌詞。英語詞は「アラン&マリリン・バーグマン/Alan & Marilyn Bergman」。 

【 You Must Believe In Spring (やがては春が・・・)】 
                  by Alan & Marilyn Bergman / Michel Legrand

「♪ When lonely feelings chill     孤独だと感じる想いが 
   The meadows of your mind,   あなたの心を凍らすとき
   Just think if Winter comes,    冬の後には春がやってくるということを
   Can Spring be far behind?    思い浮かべてみませんか?

   Beneath the deepest snows,   深い雪の下にも
   The secret of a rose       バラのつぼみが隠されていることを
   Is merely that it knows      知っていますよね
   You must believe in Spring!   だから、やがては春がくることを信じましょうよ!

   Just as a tree is sure       木々は、その葉が落ちても
   Its leaves will reappear;     再び芽吹いてくることをわかっています
   It knows its emptiness     すっかり葉が落ちてしまった時期も、
   Is just the time of year     過ぎ行く季節に過ぎないと知っているのです

   The frozen mountain dreams  氷に閉ざされた山は、
   Of April’s melting streams,    やがて来る4月の雪融けを夢見ています
   How crystal clear it seems,   今はかたい水晶のように見えても、やがて溶けると
   You must believe in Spring!   やがては春がくることを信じましょうよ!

   You must believe in love    あなたは愛を信じ、
   And trust it’s on its way,    その愛はこれから花開くのだと信じてください
   Just as the sleeping rose    眠っているバラの蕾みが
   Awaits the kiss of May     5月のキスを待ち続けているように・・・

   So in a world of snow,       雪に覆われた世界の中でも、
   Of things that come and go,    万物は変化しているのです
   Where what you think you know,  あなたが考えたり、知っている世界は、
   You can’t be certain of,       決して定まった世界なんかではありません
   You must believe in Spring and love 春を、愛が生まれることを信じましょうよ!
   You must believe in Spring and love  もうそこに春が、もうそこに愛が・・・ ♪」

 最近、注目している女性ボーカル、「サラ・マッケンジー/Sarah McKenzie」のソロの弾き語り映像から。「NDR(北ドイツ放送協会/Norddeutcher Rundfunkの略称)」の番組の一コマでしょうか。

「Sarah McKenzie - You Must Believe In Spring」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   

     

Tags: , ,

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.