JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

雨の日は ・・・

Tags: , ,


 朝から久しぶりの雨。前日の猛々しい暑さと変わってなんとなく落ち着きを感じる。ガラス戸を開けると、今が盛りの庭の「ニオイバンマツリ(匂蕃茉莉)」。紫から白へと花の色が変化する姿が美しく、その名のとおりさわやかな香りが漂ってくる。出かける予定もないので、すこしたまっているCDを聴いて過ごす。しとしとと降る雨の日もいいもんだ。


 これぞ大人の女性ボーカル。「カルメ・カネラ/Carme Canela」とピアニストの「ジョアン・モネ/Joan Monne」のデュオ・アルバム、「バラッド/Ballads」。なんとスペイン出身の歌姫。ブログ友に紹介されるまで、いや知りませんでした。いまやスペイン・ジャズの枠を超えて、ヨーロッパ・ジャズを代表する歌姫に数えられているという。

 1962年、バルセロナ生まれ。円熟味を増した57歳。16歳の時、ジャズ・オーケストラのボーカルとしてキャリアをスタート、1996年にアルバム・デビュー。カタルーニャ出身のアーティストらしく、民族的メッセージが込められたアルバムをリリースしてきたが、最新作、「Ballads」では、スタンダード・ナンバーを中心に、「マル・ウォルドロン/Mal Waldron」の「レフト・アローン/Left Alone」や「ガーシュイン/Ira & George Gershwin」の「エンブレイサブル・ユー/Embraceable You」などを取り上げており、モネの美しいピアノをバックに、繊細で円熟した歌唱が心に響く。もっとほかのアルバムも聴いてみたくなった。このアルバムは、「ジャズオーディオ・ディスク大賞2018 ヴォーカル部門金賞」を受賞している。「Ballads」、昼ではなくて、夜に聴くのがオススメの一枚。

 ちょっと前に、1995年生まれ、同じスペイン・バルセロナ出身のジャズ・シンガーで、トランペッター/アルト・サックスも手がける、23歳の若い女性ボーカル、「アンドレア・モティス/Andrea Motis」を紹介したが、こんどは57歳の熟女シンガーの紹介。北欧、東欧のジャズ・ボーカル・シーンから目を離せないと思っていたが、いやいや、バルセロナも侮れません。(参照拙ブログ 「桜は第2ステージへ」

Ballads
Carme Canela / Joan Monne
Fresh Sound


     
     

 リズム、コード進行 ・・・、ちょっとこんな表現の「レフト・アローン」は聴いたことがありません。しかし、しっかり伝わってきます。

【 Left Alone 】   lyrics by Billy Holiday

「♪ Where’s the love that’s made to fill my heart  心を満たしてくれる愛はどこにあるの
   where’s the one from whom I’ll never part   決して別れないと思ったあの人は何処
   first they hurt me, then desert me       皆んな私を傷つけては去っていく
   I’m left alone, all alone             私は残され たったひとり

   There’s no house that I can call my home    ホームと呼べる家もなく
   there’s no place from where I’ll never roam もう彷徨わなくてもいいと思った場所もなく
   town or city, it’s a pity              街でも都会でも 惨めなだけ
   I’m left alone, all alone             私は残され いつもひとり

   Seek and find they always say         求めれば得られると人は言う
   but up to now, it’s not that way      しかし今になっても それはないものねだり

   Maybe fate has let him pass me by   彼が去っていったのは運命だったかも知れない
   or perhaps we’ll meet before I die    でも私が死ぬ前にもう一度会えるだろうか
   hearts will open but until then       彼に会えればきっとお互の心は開く    
   I’m left alone, all alone          それまではたったひとり ひとりぼっち ♪」

「Canela Monné Duet – Left alone」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 そして、お馴染みのスタンダードから、「Embraceable you」、「I loves you Porgy」。

「Canela Monné Duet – Embraceable you」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

「Canela Monné Duet – I loves you Porgy」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   

     

Tags: , ,

2 Responses to “雨の日は ・・・”


  1. ShiroYuki_Mot
    on 6月 1st, 2019
    @ 9:03 PM

    この Left alone を聞いていると、無性に、
    Lester を想って歌っていた Billie の姿が浮かんで来ます。
    聴いてみたかったですね Billie の歌唱。


  2. 大屋地 爵士
    on 6月 2nd, 2019
    @ 9:59 AM

    ShiroYuki_Mot さん  作詞したビリーホリディの録音は残っていないんですよね。歌詞だけを読んでいるだけで彼女の歌唱が想像できます。

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.