JAZZYな生活

プレミアムエイジ ジョインブログ

今年は穏やかな雨であって欲しい

Tags: , , ,


 梅雨入りした途端、熱帯低気圧から変わった台風3号が接近、足早に通り過ぎていった。今日から大阪で開催のG20サミットにもあまり影響はなかったようで何よりである。嫌な予感。思い出すのは、去年、7月の西日本豪雨。西日本一帯に広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害をもたらしたが、我々が活動する「兵庫県立一庫公園」も甚大な被害を受けた。7月5日、ちょうど採り頃となっていた「ヤマモモ(山桃)」の実を採集している頃、急に土砂降りとなってきたので、帰路に着いたが、その直後にアクセス道路が土砂崩れで埋まり、以後1ヶ月近く公園は休園、後始末やら復旧に我々の活動も大きな影響を受けた。最近の梅雨は、いわゆる「しとしと雨」、「優しい雨」といった印象ではなく、「集中豪雨」、「暴れ雨」といった猛々しい印象が強い。今年は、本当に穏やかな雨で終わって欲しい。

 本格的に梅雨入りした蒸し暑い一日を終え、今宵は思い切り哀切のスムース・ジャズで ・・・。「エスターテ/Estate(夏)」。定番曲ですね。ボサノバのイメージが強い曲ですが、元々は、1960年、「ブルーノ・マルティーノ/Bruno Martino」作曲、「ブルーノ・ブリゲッティ/Bruno Brighetti」作詞のイタリアの曲。「Estate」はイタリア語で「夏」という意味で、「夏は嫌い、あのひとを思い出させるから」という内容の詩から、このタイトルがつけられたという。ボサノヴァ創始者の一人であるブラジルのレジェンド、「ジョアン・ジルベルト/João Gilberto」が取り上げてからは、すっかりボサノヴァの代名詞のような曲として世界的に知られるようになった。

 ジャズや映画の評論家、レコード・プロデュ―サーの、「ジョエル・シーゲル/Joel Siegel」による「Estate」、伝説のジャズ・シンガー、「ジョン・ヘンドリックス/Jon Hendricks」による「In Summer」という2つの英語版歌詞が作詞されているが、今宵は、「ジョエル・シーゲル」バージョンを ・・。

【 Estate 】  Music:Bruno Martino Words: Bruno Brighetti English Lyrics:Joel Siegel

「♪ Estate                 夏
  You bath me in the glow of your caresses  あなたの熱い抱擁に溺れてしまった夏
  You’ve turned my eager no to tender yeses  優しくイエスと言って欲しかった私の願いも消えた夏 
  You sweep away my sorrow with your sigh   あなたのため息が私の哀しみを消し去った夏

  Estate                   夏
  Oh how the golden sunlight bends the willow  柳が撓んでしまうほど日差しが強かった夏
  Your blossoms send the perfume to my pillow  私の枕元へ貴方の香りを運んできた夏
  Oh who could know you half as well as I    私ほど貴方のことを知っている人はいない

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ♪」

 「ダイアナ・パントン/Diana Panton」の可憐な歌唱から。アルバムは、「Solstice~Equinox/シーズンズ~美しい季節」(2017)から。


     
シーズンズ ~ 美しい季節/Solstice~Equinox
ダイアナ・パントン/Diana Panton
MUZAK/fab.


     
      

「Diana Panton – Estate」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 甘いピアノはどうでしょうか? 「アン・バートン/Ann Burton」の歌伴で有名な「ルイス・ヴァン・ダイク・トリオ/Louis van Dijk Trio」、アルバム、「BALLADS IN BLUE」(2004)から。


      
バラード・イン・ブルー/BALLADS IN BLUE
ルイス・ヴァン・ダイク・トリオ/Louis van Dijk Trio
ポニーキャニオン


     
      

「ESTATE – Louis Van Dijk Trio」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video

 英語詩を作詞した「ジョエル・シーゲル」は、「シャーリー・ホーン/Shirley Horn」のプロデューサだったこともあるという。ちょっと重いかもしれませんが、その「シャーリー・ホーン」の歌唱。名盤、「Here’s To Life: Shirley Horn With Strings」(1992)から。


   
Here’s to Life
シャーリー・ホーン/Shirley Horn
Universal Jazz


     
      

「Shirley Horn – Estate(Summer)」

       You need to a flashplayer enabled browser to view this YouTube video
   
   
    
    

Tags: , , ,

Leave a Reply



© 2009 JAZZYな生活. All Rights Reserved.

This blog is powered by the Wordpress platform and to just Go Beach Rental.